日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

巡礼1番 日光 / Pilgrimage #1 Nikko
アメリカにいる間から、日光の中禅寺湖へ行くように呼ばれていました。
自宅にいる間に、二人で地図を見て、だいたいの方向性はわかっていました。

While we were in the United States, Spirit called us
 to Cyuzenji Lake in Nikko. At home, we looked at the map and got a rough idea of the direction.

実際に現地へ向かうと、たいてい初めに、違う場所へ連れて行かれます。
中禅寺湖で、道が行き当たりの場所まで来てしまいました。

In reality, it was very likely that we might be guided to a wrong location.
In this case, we came to a dead end road. But there was still something to see...

目の前には、足尾銅山が広がっていました。
私が尊敬する田中正造先生が、天皇に直訴してまで足尾の自然破壊と公害の被害を訴えた、あの足尾銅山でした。

In front of our eyes, there was the Ashio Copper Mine. It has been known by Mr. Shozo Tanaka who I respect because he was the first man who appealed directly to the Meiji Emperor about the mine's destruction and its pollution.

ジェームズが「ここではない。」とはっきり言うので、
少し戻る形で、
先ほど通り過ぎた場所へ行くと、
中禅寺湖が見下ろせる駐車場があり、
そこが目的地でした。


そこから遊歩道にアクセスして、
山道へ入り、
ジェームズがここと言う場所で祈りを捧げ、
クリスタルを置きます。

James clearly said, "This is not the place." We went back to where we passed, there was a parking lot where we can look down the lake. That was the site.
We entered to the trail from there, he found the spot. He gave his prayer and a crystal.

その夜、宿泊先でジェームズが呼ばれました。
さっそく、その方向を地図で調べます。
この先は、ジェームズの記事に続きます。

That night, James was called by Spirit at the hotel. We immediately looked for the direction on the map.
I let James talk next...

Reiko 禮子

 

Nature Spirits of Nikko 日光の「自然のスピリット」

Nature Spirits, or “Spirit of Place” usually live in stream canyons and remote places, where people seldom go.
自然のスピリット、あるいは土地のスピリットは、
通常、めったに人が訪れないような渓流が流れている渓谷や人里離れた場所に住んでいます。

Their work in this world is very similar to the work Crystal People do.
この世界での彼らの仕事とは、クリスタルのスピリットがする仕事に、大変よく似ています。

To help human beings awaken from their unconsciousness and self-destructiveness.
それは、人間たちが無意識であったり、自己破壊するような状態から、目覚めるのを助けることです。

But since very few people ever see or talk with them, most Nature Spirits have no connection to the world of mankind.
しかしほとんどの人が、スピリットを見ることも、話しかけることもないため、
大抵の自然のスピリットたちは、人間界とのつながりを失っています。

Life was very different even a hundred years ago, when Spirit and Man lived happily together, helping and loving each other…
たった百年ほど前、スピリットと人が共に助け合い、愛し合って、幸せに暮らしていた時の生活は、全くちがうものでした。

______________________________________________________

When Reiko and I arrived in Nikko last November, it was cold, late at night, and we were tired.

去年の11月、禮子と私が日光に到着した時、気候は寒く、夜も遅かったので、私たちは疲れていました。

We got a room at a nice little hotel run by a family, and slept well... 
私たちは、家族が経営している小さくて心地よいホテルに部屋を取り、よく眠りました。

The next morning we set out for Chuzenji Lake, where we set the first crystal, and blessed the Lake and its Dragon with the world-changing crystal called the Light of Healing Wisdom.
翌朝、私たちが最初のクリスタルを置くことになった中禅寺湖へ向かい、
湖とそこのドラゴンを、
「癒しの智慧の光」と呼ばれる、世界を変えるクリスタルとともに祝福しました。

That evening, as we planned our next day, Reiko and I looked at a map of Nikko.
その日の晩、翌日の予定を組もうと、禮子と私は日光の地図を見ました。


I suddenly felt a strong spiritual “pull” to an area not far from the hotel.

私は突然、このホテルからそう遠くないところから、
強い霊的な引力を感じました。

We checked the map, and found a small shrine whose name was so old, its meaning is lost to time…
地図をチェックしてみると、小さな神社を見つけました。
その神社はあまりに古く、その名前の意味すらも、永劫の時の中に失われていたほどでした・・・

Still, Reiko researched the place, and discovered its unusual history.
禮子がその場所に関するさらなる調査をして、並ならぬ歴史を発見しました。

It is the residence of two Nature Spirits, Stone and Root, who have been known for hundreds of years…
そこには二つの自然のスピリット(「石」と「木の根」)が息づいていて、
何百年もの間に渡り、土着の神として知られているのです。

When we arrived at the shrine, I was immediately aware of the same strong energy I felt in the hotel.
私たちが神社に着くと、私は瞬間的に、ホテルで感じたのと同じ、強いエネルギーを感じました。


Clearly we had been called, but the spirits were not appearing, yet.

明らかに私たちは呼ばれたのです。
しかし、二つのスピリットはすぐには現れませんでした。

I followed my intuition into the woods, where among the trees, I came to a stop, and silently waited.
私は自分の直感に従って、森の中へ入って行き、
ある地点の木々の間で止まり、
静かに待ちました。

 

Finally, I asked Reiko, “ What is the word of ’stone’?”
しばらく待ち続けた後、ついに禮子に「ストーンは、日本語でなんと言うの?」と尋ねました。

“Ishi” she replied, so I called out, “Ishi!” and immediately Raven appeared very close to us and spoke the sacred number 3.
彼女は「石。」と答えたので、私は「いし!」と呼びました。
するとすぐさま、カラスが間近に現れ、聖なる番号(3)を知らせました。


Several Ravens joined us, and staying close, followed us around the grounds.

数羽のカラスが私たちに加わり、近くにとどまり、
私たちが移動するのに合わせ、その辺りでついてきました。


Reiko found Root nearby, and later I found an ancient paving stone with such incredible power, I was awe-struck for several minutes.

禮子が近くで木の根を見つけました。

私がその後に、古い時代からの敷石を見つけました。

その敷石は、驚くような力を持っていたので、
私はしばらくの間、畏敬の念に打たれたままの状態でした。


The moment I touched the stone, I heard a voice say, “It’s me!” Indeed, it was powerful proof of Spirit’s presence in Nature there…

私がその石に触れた途端、
「私だよ!」という声を聞いたのです。

実際それは、
自然の中のスピリットの存在がそこにあるという、
パワフルな証拠だったのです。


Finally we prayed to and for Spirit, and made our promise to bring friends to introduce people to the Spirits living there.

最終的に、
私たちはスピリットに向かって、
スピリットのために祈りました。
そして、そこに住むスピリットを人々に紹介するため、友人たちが訪れるようにすると約束しました。


But each time we tried to leave, something powerful kept us there, over and over. I’ve never felt so strongly guided.

そうして私たちが去ろうとする度に、
何かの力が私たちを何度も引き止めました。
私は今まで、こんなに強い導きを感じたことは、一度もありませんでした。

 

When we got to the car, I turned for a quick photo of the shrine with my cell phone.
私たちの車の置いてあるところまで戻ってきた時、
私はパッと振り返って、携帯電話でこの神社の全体写真を撮りました。

 

I glanced at the image just as i got into the car, and saw a very interesting trace across the picture.
そして車内で、たった今撮ったばかりの写真を見ると、写真の中に奇妙な線が写っているのを見ました。

Looking back at the shrine, there was nothing visible where the trace was...
振り返って、もう一回神社を見ましたが、写真に写っているような線や物体は、そこにありません・・・

If you look closely at the image below, you’ll see how the “line” weaves between the trees, behind and in front of the stair railings, and among the trees again.
下の写真をよく見ていただければ、神社の階段を上りきった台地に、
うっすらとした線が水平に走っているのが見えると思います。
その線は、手すりの後ろと前に走っていて、再び木々の間にも走っています。

Here was Spirit’s gift to us, that we could not deny.
これは否定することのできない、スピリットからの贈り物です。

It was the perfect start to our pilgrimage, and I hope that you too can one day visit Nikko with its lovely Spirit-Friends, Stone and Root!
私たちの巡礼の旅は、完璧なスタートを切りました。
願わくば、あなたもぜひ時間を見つけて、
日光と、この愛する友なる「石と木の根」のスピリットを訪ねていただきたいです。

 

James ジェームズ

 
***神社のご紹介***

磐裂神社(イワサク ジンジャ)
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027786

住所:栃木県日光市所野814(所野小学校の裏山がそれです。)
・日光駅から約2km。徒歩25分/車10分。
*For Your Information

Iwasaku Shrine (It's behind of Tokorono Elementary School.)

Address: 814 Tokorono, Nikko, Tochigi Prefecture, Japan
About 2km from Nikko Station. 25 min. by walk, 10 min. by car.

JUGEMテーマ:私にとっての聖地巡礼
| 旅/Traveling | 01:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
On Winter Solstice in 2014 / 2015年に向けて


カレンダーが新しくなり、すでに2月に入りました。
ブログの更新が遅れがちで、大変申し訳ありません。

ジェームズと禮子は、日本での巡礼(第一弾)を無事に終えた後、
今もまだ、家族が亡くなった後の片付けや、
二人で始める新しい生活へのシフトの中にいます。

ペースがゆっくりですが、
巡礼の旅についての記事も書いていきたいと思っております。
よろしくお願いします。



What is a ‘pilgrimage’? Does there have to be an intention, a goal to accomplish?
「巡礼」とは何でしょう?
そこに意図や達成されるべきゴールがあるべきでしょうか?

What or who ‘changes’ on a pilgrimage, or is the one who changes, already perfect?
何か、あるいは誰かが、巡礼の旅の中で変わるのでしょうか?

それとも、何かが変わった誰かは、
前からすでに完璧なのでしょうか?

Does there have to always be a certain sacred place to travel to?
旅するべき特定の聖なる場所が、なければならないのでしょうか?

What if the pilgrimage itself, the daily life of it, was the goal?
もし巡礼そのもの、その毎日がゴールだとしたら?


The ’sacred’ includes the invisible, like spirits we can’t see until they want us to see them.

神聖さとは、まるで自分たちが人に見つけてもらいたい時まで姿を見せないスピリットたちのように、
不可視なるものを含みます。

On Winter Solstice in 2014, James and Reiko Heartland traveled to a secret canyon, hidden in the heart of Los Angeles, that very few people have ever truly seen with spiritual eyes.

去年の冬至、ロサンジェルスの中心部に隠れている(ごく少数のスピリチュアルな目で見る人には見える)
神聖な渓谷へ、ジェームズと禮子は向かいました。

It was here, 27 years ago, that James was touched by the Nature Spirits, and he recalled he’s always been in their care, like you...
それは27年前のことで、ここで起こりました。

ジェームズが自然のスピリットにタッチされて、
自分がつねにスピリットたちの守護の中にいることを思い出したのです。

あなたも同じようにスピリットたちの守護の中にいます・・・

Secrets were revealed, and will be shared with the world.
秘密は明らかになりました。いずれ世界とともにシェアされるでしょう。

Many great adventures, loving grace, and ego-destroying moments have happened since December 2nd, 1988.
1988年12月2日以来、多くの偉大なる冒険や愛溢れる恩恵、エゴが破壊される瞬間が起こっています。

All of them appeared in James’ and Reiko’s life, because of a few profound words...
それらすべては、ある言葉が発せられたことによって、ジェームズと禮子の人生に現れるようになりました。

“I promise to serve the world and all people from my spiritual heart, as my spiritual heart.”
「私は心の底から、私の霊的な心そのものとして、世界とすべての人々に奉仕することを約束します。」

Now, you are invited to join James and Reiko on the greatest spiritual adventure...
今、私たちはあなたに、最も偉大なるスピリチュアルな冒険に加わるようお誘いいたします。

To truly save the world, and yourself, from the insanity of egoism and fear.
エゴと恐れの狂気から、世界、そしてあなた自身を真に救うために。

On March 21st, 2015, wherever you are, make the sacred vow…
2015年3月21日、あなたがどこにいようと、神聖な誓いを立てて下さい。

I promise to serve the world and all people from my spiritual heart, as my spiritual heart.
私は心の底から、私の霊的な心そのものとして、世界とすべての人々に奉仕することを約束します。

Watch here for more astonishing blessings and guidance from the realm of Spirit.
スピリットの領域から届く、驚くような祝福とガイダンスを、このブログでお伝えたいと思います。

Earth is Heaven, now and forever. 
今も、そして永遠に地球は天国です。

James & Reiko
ジェームズ & 禮子

| 旅/Traveling | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
祈り合わせの呼びかけ
現在、日本各地を 巡礼していますが、
その中で沖縄を訪ねる機会がありました。

We've been on pilgrimage many places in Japan, and were given the opportunity of visiting Okinawa.

沖縄には、神人(カミンチュ)さんと呼ばれ、
「大国ミロク大社」を守っていらっしゃる、比嘉良丸、里佳さんがいます。

In Okinawa, we know Yoshimaru and Rika Higa, spiritual people called "Kamin-chu" which means, "God-human," who protect "Taikoku Miroku Taisha," their shrine.

彼らの大祭へ参加させていただき、
ともに祈り合う約束をしました。
毎月二回の祈り合わせに、どうぞご参加下さい。

We attended their big ceremony and promised that we pray together twice every month, please pray together with us...



祈り合わせの呼びかけ
A Call To Pray Together:

私達の星・地球は、豊かな自然に恵まれた美しい星です。
多くの命が生まれ、この地球の上で暮らしています。
しかし現在、この地球は多くの問題を抱えています。
自然環境の破壊、悪化、戦争、貧困、感染症 etc.


Earth is a beautiful planet filled with abundant nature. We are all born from and live on this planet.
But now, for example, Earth has many problems, like worsening environmental destruction, wars, poverty, disease...and so on.

これらの問題が解決し、素晴らしい地球を創るために、
毎月第一日曜日の10時に、祈り合わせを行っています。


To help solve those problems and creating the Earth as a better place to be, we pray together at 10 am, every first Sunday of the month.
 
12月7日午前10時、この時間に、いる場所、住んでいる国からで構いません。

December 7th 10 am, you can pray from wherever you are at that time.

人種、性別、宗教、そして国の枠を超えて同じ地球に住む地球人として、
共に祈り合わせに参加していただければ幸いです。
素晴らしい地球のために、未来の子供達のために、そして全ての命を繋いでいきましょう。


We would be happy if you join the prayer as one of Earth's people who live on this planet. Beyond race, sex, religion, and nationality... For a wonderful Earth and for future children, let's connect the lives of all beings in prayer.

JUGEMテーマ:私にとっての聖地巡礼
| お知らせ/Announcement | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
<緊急速報!> ジャンピング・マウスの著者とお話し会
現在ジェームズと禮子は、日本全国をクリスタルとともに巡礼中!
その中で、また一つ奇跡が起こりました。

世界にネイティブ・アメリカンの世界観を知らせた第一人者、
「ジャンピング・マウス」の原作者である、ヘェメヨースツ・ストーム氏が来日します!


おかげさまで満員御礼となりました!ありがとうございます。

 

ヘェメヨースツ・ストーム & ジェームズ・ハートランド 
「スピリットとメディスン・シールド」お話し会    
 (12月6日 横浜)
 


ヘェメヨースツ・ストーム氏は、
欧米に初めて、ネイティブ・アメリカンの世界観を広めた偉大なるシャーマンです。

30年ほど前に、ジェームズの隣りに住んでいたご縁で、
氏はジェームズに多大な影響を与えました。

長年敵対してきた部族、シャイアン族とクロウ族のハーフ、
また、ヨーロッパドイツ系の血縁を持っているということで、
自分の存在について、若い時から激しい葛藤があったというヘェメヨースツ氏。

それゆえに、伝統的なネイティブアメリカンの掟を破るような形で、
ジャンピング・マウスを出版し、それによって、
現在世界中からネイティブ・アメリカンへの尊敬と注目が集まるきっかけとなりました。

氏は日頃から、自分の部族の言語と日本語がとても似ていることに触れ、
日本へ来ることを、長年夢に描いていました。
今回来日が実現するのは奇跡のようです。

クリスタルとともに巡礼の旅をするジェームズと、
スピリットやメディスン・シールドについて語ります。

是非ご参加下さい!

■日時:12月6日(土曜日)午後1〜3時

■場所:かながわ県民センター(JR「横浜」駅西口・きた西口徒歩5分 )
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/

■参加費:ドネーション
(お志は有り難く受け取らせていただきますが、必須ではありません。)

■主催:アウェイク・ネイチャー

○ゲスト・スピーカー:ヘェメヨースツ・ストーム氏


世界で初めてネイティブアメリカンの世界観を知らせた第一人者。
「ジャンピング・マウス」北山耕平/解題と再話 太田出版
「心の目をひらく旅(セブン・アローズ)」阿部珠理/翻訳 地湧社 などがある。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%98%E3%82%A7%E3%83%A1%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%84

○メイン・スピーカー:ジェームズ・ハートランド

ソマティック心理学と独自のスピリチュアリティーをブレンドしたカウンセリング、ワークショップを、
アメリカで25年にわたり展開。
チベット、ネイティブアメリカンのシャーマニズムを学ぶ。


○通訳:菅野禮子

京都芸術短期大学卒業。介護福祉士、鍼灸マッサージ師を経て、
ジェームズのパートナーとして通訳を担当。





JUGEMテーマ:世界の先住民族、その文化、智恵
| イベント/Event | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本巡礼 with クリスタル(第一弾)
長らく活動を休止しており、皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
アウェイク・ネイチャーのジェームズと禮子が、活動再開のお知らせです!
 

★ 日本巡礼 with クリスタル お話し会とセッション (11〜12月)東京・横浜



「人生を癒すゆるしのワーク」(太陽出版)の監修・翻訳を手がけた、
アウェイク・ネイチャーのジェームズ・ハートランドと菅野禮子が、

アメリカから神聖なるクリスタルを111個持参し、
この11月から12月にかけて日本各地を巡礼します。

今回はその第一弾として、まず始めに成田空港から始まり、(そうメッセージが来たそうです!)

東京、日光、鎌倉、逗子、南伊豆、京都、奈良、和歌山、四国、沖縄を訪れます。

クリスタルに呼ばれていると言うジェームズが、旅先でどんな風に導かれるのか、
それは誰にもわかりません。

約一ヶ月の巡礼の間に東京と横浜で、この旅についてのお話し会と、

必要としている方に、クリスタルを用いて直観リーディングやヒーリングを行います。
是非ご参加下さい。

*どのように、そしてなぜ、クリスタルはあなたを呼ぶのか*

*クリスタルをプログラムする方法*

*クリスタルの使い方*

*どのようにクリスタルに導かれるのか*


●お話し会「日本巡礼 with クリスタル」

1、東京会場:千代田区富士見出張所(JR、東京メトロ各線「飯田橋」駅から徒歩5分)

*場所が変更になりました。ご注意下さい。

12月7日(日)13:00〜15:00(定員14名)

2、横浜会場:かながわ県民センター(JR「横浜」駅西口・きた西口徒歩5分 )

11月11日(火)18:00〜20:00(定員25名)

12月  6日(土)13:00〜15:00(定員25名)

●個人セッション「直観リーディング/ヒーリング with クリスタル」

注意事項

1、1セッションの目安は30〜45分間です。

2、個人でもグループでも、1セッション中の質問事項は一つにしぼっていただきますようお願い申し上げます。

3、ジェームズの体調によっては、スケジュールが変更となる可能性がありますことを、あらかじめご了承下さい。
4、X印がついている枠は、すでに埋まっています。


 ‥豕会場:KKRホテル東京(東京メトロ東西線「竹橋」駅3B出口直結 )
 

11 8日(土) 9日(日) 18日(火)
枠1:11:0511:50 X X X
枠2:12:0012:45 X X X
枠3:13:0013:45 X X X
枠4:14:0014:45 X X X
枠5:15:0015:45 X X X


◆“單超恐饐譟飯田橋駅東口小会議室(東京メトロ東西線「飯田橋」駅徒歩1分)
 

12 4日(木) 5日(金) 8日(月) 9日(火)
枠1:  9:05  9:50 X X X X
枠2:10:0510:50 X X X X
枠3:15:0515:50 X X X X
枠4:16:0516:50 X X X X
枠5:19:0519:50 X X X X
枠6:20:0520:50 X X X X


 横浜会場:ホテル横浜キャメロットジャパン(横浜駅ダイヤモンド地下街南12番出口直結 )
 

11 12日(水)
枠1:19:00~19:45 X
枠2:20:00~20:45 X


■参加費:お話し会とセッション、どちらもドネーションとし、
     お志は有り難くいただきますが、必須ではありません。

主催/アウェイク・ネイチャー

お話し・リーディングとヒーリング:ジェームズ・ハートランド

ソマティック心理学と独自のスピリチュアリティーをブレンドしたカウンセリング、ワークショップを、アメリカで25年にわたり展開。今に生きることの重要性を説く、ノン・デュアリティーNon-duality(非二元性)実践者。

通訳:菅野禮子

京都芸術短期大学卒業。介護福祉士、鍼灸マッサージ師を経て、ジェームズのパートナーとして通訳を担当。


■申し込み方法:以下の項目をメールに明記し、申込先メールアドレス宛てにご送信下さい。
 

 <お話し会> *横浜会場ご予約の確定は、フィトアロマ研究所より、
         *東京会場ご予約の確定は、アウェイク・ネイチャーより、追ってご連絡いたします。

・メールの件名に「お話し会希望」と記入

・ご希望日、お名前、ご職業、ご住所、ご連絡先(携帯電話番号/当日連絡できる電話番号)
・どこでこのイベントを知りましたか?


<セッション> *ご予約の確定は、アウェイク・ネイチャーより追ってご連絡いたします。
 

・メールの件名に「セッション希望」と記入

・お名前(1グループでお申し込みの場合は最大3名まで、申込者様のお名前だけで結構です。)
・人数

・申込者様のご職業、年齢、ご住所、ご連絡先(携帯電話番号/当日連絡できる電話番号)
・ご希望の場所、日にち、枠番号

・ご希望のセッション内容(直観リーディングかヒーリング、どちらか一つお選び下さい。)

・どこでこのイベントを知りましたか?

■申し込み先:phytoaroma☆smile.odn.ne.jp ←☆を@に替えて下さい。

海外直輸入アロマショップ・フィトアロマ研究所(ウエブサイトhttp://phytoaroma.ocnk.net)


*お話し会の席とセッションの予約は、先着順とさせていただきます。


*巡礼の旅は、アウェイク・ネイチャーの活動の記録として撮影される予定です。

お話し会もその一部を撮影する場合がありますが、
参加者の肖像権を侵害しない(撮影対象の人物が特定できない)形で行いますので、
ご理解とご協力をお願いいたします。

*旅の準備期間とその道中にて、
諸々の理由で、返信が遅れる可能性がございます。

頂いた申し込み一つ一つに対して、
必ずこちらからご連絡を入れますので、

数日お待ちいただけますようお願い申し上げます。



JUGEMテーマ:スピリチュアル心理学

| イベント/Event | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
お知らせ
A Happy New Year 2014 to all of our readers and visitors!
新年明けましておめでとうございます。

Awake Nature is taking a break for a moment, while we remake the website!
現在アウェイクネイチャーは、次のレベルへ移行する準備期間として、
活動再開に向けて充電中です。

その際には、ウエブサイトを一新する予定です。

Thank you for your patience!
ご迷惑をおかけいたしますが、
もうしばらくお待ち下さい。

May your happiness and health be strong through the year! 
皆様が今年も健康で幸せでありますように。

See you soon,
James & Reiko
ジェームズ&禮子より

| お知らせ/Announcement | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Are you history, or presence?/「時間の蓄積」か「現在に在る」のか

Are you history, or presence?

あなたは「時間の蓄積」でしょうか?

それとも「現在に在る」のでしょうか?


If history, then "you" react, judge, project, deny, feel good or bad, etc.

もしも「時間の積み重ね」であるなら、

あなたは目の前で起こることに、条件反射的に反応し、

ジャッジし、

拒絶し、

あるいは良く感じたり、悪く感じたりします。


If presence, then just as it is, this moment is perfect, and spontaneously felt in heart:

もし「現在に在る」のであるなら、

あなたは、ただ「あるがまま」であり、この瞬間は完璧であり、

そして、自然に心の中で感じます。


the unconditional goodness you know yourSelf to be.

あなたは、自身の魂が無条件の善性であることを知っています。


Absolute, unconditional goodness; everything, everywhere, always oneSelf.

絶対なる無条件の善性

それはあらゆるもの、あらゆるところにあり、それはつねに「あなた自身」です。


The eternal presence that knows joy and compassion for all that appears…

永遠なる「存在(在ること)」は、顕現するものすべてに対しての喜びと慈悲を知っています。


The love and certainty clarity offers, is nothing less than absolute freedom and equality. 

愛と確かな明晰さは、まさに絶対なる自由と平等を差し出します。


When you genuinely, authentically see other's perfection, you don't have to look for yours.

あなたが心から、ありのままに他人の完璧さを見る時、

あなたは自分自身の完璧さを探す必要はありません。


When you behold the moment in its original, unique nature, what you are now is clear.

あなたが、この一瞬の比類のない元来の本質を注視する時、

あなたが何であるかは、明確です。


Timeless presence, formless presence; empty of identity, empty of other, empty of self.

時間のない「存在(在ること)」、形態のない「存在(在ること)」、

それはアイデンティティーの不在、「他人」というものの不在、

そして、自身(エゴ)の不在を意味します。


If so, it's easy to see the confusion and suffering caused by self. 

もしそうであるなら、

自身(エゴ)によって生み出された混乱や苦しみを見ることは、簡単です。


It's like a mental-emotional misunderstanding of the moment, not bad or evil.

自身のアイデンティティーが生み出す混乱や苦しみとは、

この瞬間に対する”精神的+感情的”な誤解であり、

それが悪いことであるとか、邪悪なことであるということではありません。


Still, one remains enslaved to illusion.

しかし、その人は幻想に囚われ続けます。


The illusion of self (ego-identification, personality, identity, self-image), is likewise blameless,

自身の幻想(エゴ・アイデンティフィケーション「自己同一視」、

パーソナリティー、アイデンティティー、自身のイメージ)は、

非難されるものではありません。


because it's impossible in reality to contrive a false self. 

なぜなら、リアリティーの中では、偽りの自身を創り出すことは不可能だからです。


Only a false self tries to!  

偽りの自身だけが、それを試みるんです!


For example, only self wants to "become" what it believes it is not!

例えば、偽りの自身のみが、

それ自身がそうでないと信じているものに「なりたがり」ます。


You cannot become what you've always been!

あなたは、あなたが常にそうであるものになることはできないのです!


Only the thought (history) of self believes that thoughts and beliefs are the best way to live!

自身に対する思惑や考察(時間の蓄積)だけが、

「考えること」や「信念を持つこと」が、生きる上で最も大事なことであると信じています!


Can you be your Heart's Original Presence?

あなたは、あなたの心の「本来の在り方そのもの」でいられますか?


Indeed, when you see Original Goodness in everything as it is!

実際に、あなたはいつ、あるがままとして、

すべてのものの中に、本来の善性を見ますか?


How can you see such goodness?

あなたは一体どうやって、そのような善性を見ることができますか?


Tell me, how do you see beauty or goodness in another?

あなたがどうやって他人の中の美や善性を見るか、私に話してみて下さい。


You just do, right?

ただ、見ますよね?


So, are you history, or presence, or a combination of both?

では、あなたは「時間の蓄積」であるか、あるいは「今、ここに在る」のか、

またはそのどちらも持ち合わせているのでしょうか?


Depends, doesn't it?

それは、時と場合によりますね?


If you are history, then thought rules you, obscuring both inner and outer truth. 

もしあなたが「時間の蓄積」であるなら、考えがあなたを支配し、

内と外の真実をぼやかします。


Doesn't this result in suffering for you and others? 

これが、あなたと他の人たちに苦しみをもたらすのではありませんか?


What if presence depends on nothing to be?

もしも「在ること」が、何の原因にも依っていなかったとしたら?



I see you, Goodness, not "your" goodness.

私にはあなた<善性>が見えます。「あなたの」善性ではありません。


I see you Soul, not "your soul."

私にはあなた<魂>が見えます。「あなたの」魂ではありません。


I see you Love, not "your" love.

私にはあなた<愛>が見えます。「あなたの」愛ではありません。


I see you Presence, not "your" presence.

私にはあなた<存在(在ること)>が見えます。「あなたの」存在ではありません。


And so it is with the world, life, cosmos and beyond.

世界、生命、宇宙、そして、それを超えて、私はあなたを見ます。


Eternal life, clear presence and absolute certainty are never accomplishments!

永遠の命、まっさらな存在、そして絶対なる確信は、

決して「達成されたもの」ではありません!


Give all your love for all the love you need, and infinitely more!

あなたが求めているすべての愛のために、

あなたのすべての愛を与え、

そして、無限に与え続けるのです!


James ジェームズ



| スピリチュアル/Spiritual | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode