日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< Day 2; Going to the sacred mountain, Mt.Shasta | main | Day 4; On the mountain 2 >>
Day 3; On the mountain
We arrived at the campground called "Panther Medow".
We came here in 2003, 2004 and in 2005, only Dolphin Cat was here.

My memories of this mountain's temperature from evening to morning, was that it's really cold.
But this year, we are so suprised that it's actually warm !!

画像

The most surprising thing is that, the beautiful small flowers are all fully blooming !!
I've never seen such lovely, strange and funny mountain flowers on the mountain, ever.

And we also saw countless, countless butterflys. It was awesome.







画像




On the mountain, we made a fire.
This is the most interesting, and important job when we were camping.
I really love making it, taking care of it, and watching it.
We can taste the sacred moment while the fire is going.
And my mind goes to emptiness........
Happiness is here.......




画像







-----
| 英語/English | 03:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
kosumosuさん、お返事、どうもありがとうございました! kosumosuさんのお話しを聞くのも、とても楽しみにしています。いろいろ体験していることを、また、ブログで読ませてください。いつも楽しく読ませてもらってま〜〜す! -----
| fur | 2008/10/11 11:12 PM |
>何かワークをする材料がありましたら、どうぞ、メールを下さい。もっといろいろお話しできると思います。 ありがとうございます。 ただ、今のところ問題として明確に意識できていることがないので、もっと意識出来てからじゃないと難しいと思っています。 それに、とても深く体験したい瞑想があって、自分の興味がほとんどそっちへ行ってしまってるのです^^ 寄り道がひと段落したら問題が見えてくるような気もします(笑)
| kosumosu | 2008/10/11 10:03 PM |
そうなんです。私たちは、『それが何かということを知った』時、それから解放されるのです。アウェイク・ネイチャーでは、これを”ヒーリング”と呼んでいます。 それが起こると、人生が変容されて、より幸せになっていくのです。そして、一つたどり着くと、また、次の挑戦が待っていて、それに取り組むと、ある時点で次の変容が起き、さらに幸せになっていく・・・といった感じです。 厳しい話しではありますが、たとえ、ある問題が、自分の人生以外のところに原因あって、そこから来ていたとしても、それが自分の人生の中で問題として現れているなら、それを解決するのは、その人の責任になるのです。 なぜなら、他のどんな人も、その人のためにこのワークをしてあげることが出来ないからです。 そして、このワークを単独で完遂させるのは、ほとんど不可能に近く、大概の人は、これを行うプロセスで、私たちの健康的な全体性を映せるガイドが必要となります。 もし、何かワークをする材料がありましたら、どうぞ、メールを下さい。もっといろいろお話しできると思います。
| fur | 2008/10/11 9:17 PM |
理由を知るだけで、問題から開放されるんですね。 と言うよりも、理由がわからなかったのが問題だったんでしょうね。 今度の話のように、思い出せない記憶の中の問題ってやっかいですね。 自分の場合だと、あまりにも明らかな問題から目をそむけてしまい本当に忘れてしまった時もありました;; 母親の体験と言うのも根が深い所の問題ですね。 確か、画家のダリは、お母さんのお腹の中にいた時の記憶を覚えていて、その頃の体験をモチーフにした絵を書いていたと何かで読んだ記憶があります。 もしかしたら、自伝を読んだのかな?  自分の体験でも親父の子供時代の記憶としか思えないような記憶があるんですよ^^;;
| kosumosu | 2008/10/10 11:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/57
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode