日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< James' Book Published on Amazon! ジェームズの新刊のご紹介 | main | At the Moment of the Fall Equinox 2017 (秋分の日の瞬間、第二の目覚め) >>
楽茶碗の作陶体験 結果報告 Making Japanese Raku Teacup!

今年の夏、ジェームズが楽茶碗を作ってみたいということで、

親しくさせていただいている先生の工房を訪れました。

This last summer, James wanted to create a Japanese Raku teacup, so we visited our two master's studio.

 

京都市内から車で1時間ほど、亀岡の静かな山間の中に二人の先生が窯を持っています。

隣には素晴らしい庭園のある伝統的な日本家屋もあります。

They live an hour from central Kyoto, in an area called Kameoka, where they have their studio among beautiful mountains. Next to the studio, they have a beautiful traditional house with Japanese garden.

 

写真右、

左手が三代目佐々木虚室先生

In this picture on the left, is the Third Sasaki Kyoshitsu. His studio is called 帰来窯 (Kirai-gama).

http://www.kiraigama.com/

 

右手はインターンのネシムさん

フランスで日本のお茶の文化を広めたいそうです。

On the right is an intern, Mr. Nessim Cohen who wants to spread Japanese tea culture in France.

 

四代目佐々木昭楽先生は不在でした。

The Fourth Sasaki Shoraku was not there. It was his cup James found in Kibune, that drew us to him.

昭楽窯 (Shoraku-gama)

http://shouraku.jp/

 

去年の秋にお会いして以来、しばらくぶりでしたので、ご挨拶と雑談をし、午後1時半からの手順を説明していただき、工房に向かいます。

Since last fall, we had not seen them a while. We greeted and chatted at the gallery. Then our master described the proceedure at 1:30 pm and took us into the studio.

 

 

そこでは、窓際に何人かお弟子さんがズラッと並ばれて、仕事されています!

同じ空間に机がセットされていて、私たち二人が座り、

目の前で、三代目佐々木虚室先生が直接指導してくださいます!!!

There, several disciples were working by the windows! In the same space, there was a table for us to sit down. The Third Sasaki Kyoshitsu sensei taught us in person!!!

 

ポンと土をいただいて、非常に気軽に教えてくださるのですが、言われるのとやるのは大違い。

瞬く間に自分たちの決断を後悔。冷や汗

(あー、これにこれだけのお金かけちゃうなら、先生の器を買った方がよっぽど良かったのでは…!)

He gave us a chunk of clay and very casually told us what to do. It's not easy as he says, of course! I immediately regreted our decision. Hmm, if we spend this much money on our cups, wouldn't it be better buy our mater's cups!?

 

しかし、時すでに遅し。ここまで来てしまったので、やるしかない!

1回目はひどい出来で、2回目に多少マシに作れました。

However, it's too late. All we can do is our best!

Our first trial cups were bad, and the second ones were a little better.

 

形を作った後に削る作業があるのですが、土を乾かすため、1時間ほど隣の日本家屋でお茶をいただきます。

フランスからインターンとしてお茶を学びに来られているというネシムさんが和装して、とても真剣にお茶を入れてくださいました。

First we formed the cup, then chiseled and scraped it, but we needed to dry it for an hour before sharpning. We moved to the Japanese house and were served matcha. Mr. Nessim wore a Japanese kimono-type clothing, and talked to us about tea culture, then he served matcha in a very serious way.

 

 

その後工房へ戻り、削りの作業に入ります。

削るのは、形を作る時より神経を使います。

ジェームズは削り過ぎてしまい、危うく形が崩れそうになり、先生に救っていただきました!

私は作業が進むにつれ、この器がとても気に入って、どんどん楽しくなりました。

Then we moved back to the studio and started sharpning our cups. Sharpning requires more attention than forming. James accidently oversharpened, so our sensei halped him re-form the cup. I enjoyed the process more and more as I proceeded and started loving my cup.

 

先生に何度かチェックしていただき、最終的なオーケーをいただいて、作業終了です。

再びギャラリーの方に戻り、お茶をいただいた時には、自分がどんなに緊張していたか実感しました。(笑)

Our sensei checked our cups several times and finally gave us the final okay. We were done! We went back to the gallery and had a cup of tea. I realized then how tense I was during the process!

 

作品は後ほど釉薬をかけていただき、焼かれ、アメリカの自宅まで送っていただきました。

Our cups were glazed, fired, and sent to our home in the United Sates.

 

早速荷を解くと、二つの黒茶碗が出てきて、あら〜〜素敵!

もちろん、先生のようなプロの方が作ったようにはいきませんが、

なぜかとても愛おしく感じます。

When we opened the package from Japan, two rich, black cups appeared! Wow, wonderful!

Of cource, these are not like our master's cup, but still, they are very lovely!

 

これでお茶を点てるのが、ものすごく楽しみになりました。

黒色の深さ、つや、実際に手に取ってみるとものすごく素敵で、

かけがえのない体験、かけがえのない一品となりました。

Now I'm very much looking forward to having matcha with this cup. The color and shininess of the black glaze is actually very attractive. It was a once in a lifetime experience, the only cups like these in the world.

 

京都で楽茶碗を作る窯が6つあるそうですが、楽茶碗を作らせていただけるのは、ここだけです。

私たちはそうとは知らずにここを訪れ、作陶できると知り、申し込んだのですが、

なんてラッキーなんだと思いました。

There are six Raku studio in Kyoto, but this one is the only studio which lets us come make our own Raku teacups.

We didn't know anything, but we found our master's studio and visited. Later, we knew that we can make cups with their guidence, and we did. How lucky we are!

 

ご興味のある方は、ぜひ体験されるといいと思います。素晴らしい時間を過ごせます。

If you are interested in this whole experience, please contact through the Shoraku-gama website. You will have a great time there.

 

 

左がジェームズ作、右が禮子作です。

On the left by James, on the right by Reiko

 

和文、英文ともに/禮子 筆

Written by Reiko

JUGEMテーマ:作陶

 

| 贈り物/Blessings | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/351
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode