日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< 子宮摘出手術1:Hysterectomy1 | main | Prophecy Rock Dragon Dance: 予言の岩で踊るドラゴン >>
子宮摘出手術2: Hysterectomy 2
おかげさまで、手術は無事に終わりました。今、快復に向けて、治癒に集中しています。
なんとか起きることもできるようになりましたので、手術の記憶が新しいうちに、記録しておこうと思います。
With your prayers, the surgery has been finished safely. I'm focusing on my healing. Now, I'm able to get up, so I would like to record the process of the surgery while memory is still fresh. 


・手術前日
A Day Before Surgery

手術当日、病院に4時45分にチェック・インしなければならないということで、
ジェームズと私は、前日からLAに入り、病院のすぐそばのモーテルに宿泊していました。
On the day of the surgery, we needed to check in at the hospital at 4:45am. So James & I went to LA a day before the surgery and stayed at a motel close to the hospital.

この宿は「レビューの評価がすごく良かったから。」ということで、
ジェームズが選んだのですが、
中に入って、ビックリ!!
This motel was chosen by James because the review in the internet was really great. When we entered the room, I was surprised!!

外見からも、
ここは元々は、普通のアパートメント(日本でいうマンション?)
だったということがわかる造りなのですが、
宿泊用の部屋も、
ベッドルーム以外に、広〜いリビングルーム、バスルーム、さらに小さな専用バルコニーまで付いています!
By the outward appearance, we can see that this was a ordinary apartment (we call it "Mansion" in Japanese). But as a motel, we have a bedroom, a wide living room, a bathroom and a tiny private balcony!! 

台所スペースに冷蔵庫、電子レンジ、コーヒーメーカー、シンクがあり、滞在にとても便利そうでした。
この部屋は、Deluxe Suite と呼ばれるもので、ウェブ予約だと割引になります。
ジェームズによると、ウエストウッドでこのクオリティーはやはりお得だということで、
UCLA近くで宿をお探しの方にお薦めです。
At the kitchen area, there was a microwave, a fridge, a coffee maker and a sink. It looked very comfortable for a stay. This room is called "Deluxe Suite". Through the internet reservation, you can get a discount.  James says, in Westwood area, this quality is still a good deal. If you need a place to stay near UCLA, I recommend this motel!

Royal Palace Westwood Hotel

友人の亮子さんから、次の言葉をいただいていました。
『明日手術ですね。気を落ち着けて、リラックスして臨んでください。今夜と明朝は潜在意識に「手術は絶対にうまく行き、私の体は健康になる」と語りかけてください。』
寝る前に、このフレーズを唱えました。
My friend, Ryoko gave me an instruction. "You will have the surgery tomorrow. Please feel safe and relax. Tonight and tomorrow morning, tell your sub-consciouness "The surgery will be done perfectly, and my body will get healthy." I repeated this phrase before I went to sleep.  



・病院へ
Going to the hospital

さて翌朝、まだ夜が明ける前に、
UCLAメディカル・センターまで歩いて行きました。
Next morning, before dawn, we walked to UCLA Medical Center.

こんなに朝早くに病院に行くのは、
私たちぐらいなんじゃないかしら・・
と思っていたら、とんでもない!!
病院の入口にはぞくぞくと、
今日手術を受ける人とその家族たちが、到着していました。
I thought only we were going to be at the hospital so early....but No!!! There were many patients having surgery today, with their families all entering the hospital. 

UCLAメディカルセンターには、多くの寄付があるようで、施設内のいろんな場所に個人名が付いています。
マディーズ・ルーム(マディーの部屋)と呼ばれる、手術患者とその家族専用の待合室に入り、チェック・インで呼ばれるのを待ちます。
ここには、モニターに今日のすべての手術の予定が出ていて、患者番号によって、
今、その患者がどの段階にいるのかが、追跡できるようになっています。
In UCLA Medical Center, there are many places and rooms which have individual names on them, because those donors gave a big donation. One of them called "Maddy's Room" was for the surgery patients and their families. We waited to be called for checking in. In this room, there was a monitor that we can see all the surgeries for today at what time, and we can track the process of our patient in detail by the patient number. 

ジェームズは、私が手術室に入ってからは、ここで時間を過ごしていたそうなのですが、
多くの家族が、自分の愛する人の手術結果を聞こうと、日中ここで待っており、
ドクターがやってきて、彼らに結果を告げるのを見ているのは、すごくストレスフルだったと言っていました。
James spent a long time in this room after I went to surgery. It was very stressful that he had to watch many families waiting for the results of their loved one's surgery. The doctor would come to them with the result.

私のチェック・インの時が来ました。
個室に入り、名前や生年月日、今日受ける手術の種類など、基本事項の確認、
それから、手術中に万が一緊急の医療判断が必要になった時について、「私はジェームズに判断を任せます。」という意思書にサインします。
My name was called for checking in. We enter the small space, and the woman made certain about my name, my birthdate and the kind of the surgery I'm going to have. And then, I signed the paper document which says "if any emergency, I give the permission to James to make a medical decision for me."


・手術の前に入る部屋にて
In the room before the surgery

それから、手術前に入る病室へ向かいました。(写真右)
朝5時半頃でしたが、現場は完全に始動モードでした!(笑)
Then I went to the room which I stayed in before my surgery. (Right picture) It was 5:30am, but the place is already full-working mode!

ナースがやって来て、自己紹介します。
最初のナースは、私の腕に点滴用の針を入れるのに、「これが今日の中で一番痛むくらいで、今日あなたはこれ以後は、全く痛みを感じないわよ。」と言って、私を安心させてくれました。
A nurse came and introduced herself to me. She made me relaxed by saying "This is the most painful thing of today, after this, you no longer feel any pain," while she put a needle into the back of my hand.

私の腕に名前と番号の入った腕輪が付きました。
手術着は、後ろが開いていて、首の後ろと腰の後ろの2カ所にヒモがあり、結べるようになっています。
And the nurse tied a ring-tag which has my name and the number, around my wrist. I wore the surgical gown which is completely open at the back and there are 2 places we can tie, one is behind the neck and the other one is at the lower back.

体温や血圧を測りましたが、
体温計は紙のようなものでできていて、舌禍にポイッと入れられて、すぐに測れ、毎回使い捨てます。
血圧計の腕に巻くカフすら、私専用でディスポーザルでした!
Nurses measured my body temperature and the blood pressure, the thermometer was made by a paper-like material, so they put it in my mouth for a few second and it was disposable. Even the blood-pressure cuff is only for me, it is also disposable!

たまたまスタッフが私に声をかけた時に、
なにげなく掛け物が足りないと言ったら、ホカホカの掛け物を持って来てくれました。
すると、ジェームズが「それは$5するんだ。」と言うので、さらにビックリ!!
日本の感覚では、掛け物を余分に持って来てもらったからといって、それに値段はついていませんが、
「アメリカでは医療はビジネスだから。」と言われ、本当に気をつけないと・・・と思いました。
By chance, the staff asked me "Are you OK?", I said "I feel a little cold." Then she brought one more warm blanket. James immediately said "It cost $5." I was very surprised!! In Japan, the blanket in the hospital never be charged, but he says "American Medical care is a business." I thought I needed to be careful from next time.... 


・アメリカの高い医療費、そして医療保険事情
Expensive Medical Cost and Expensive Medical Insurance in America

・・・というのも、私は今、すでに病気を持っているために、医療保険に入れないのです。
入れないというのは、正確には正しくないのですが、
自営業の人がすでに病気を持っている状態で、医療保険に入ろうとすると、毎月とんでもない金額の保険料がかかります。
そういうわけで、今、私は無保険です。
...Because, at the moment, I can't have medical insurance by pre-existing condition. To put it accurately, I can, but the self-employed who already have a pre-existing condition has to pay a lot every month. So I don't have medical insurance now. .

オバマ・ケア(オバマ大統領が提案している医療保険法案)が通った暁には、
そのような条件でも、まかなえる範囲の金額の医療保険を手にすることができるようになると聞いて、
私たちは、2014年の法案実施を待ち望んでいます。
After Obama's new medical insurance law will be passed, those people also get the affordable medical insurance. We are waiting for 2014 that the law will be enforced.

最初ジェームズの話しでは、全額負担になっても、まかなえる額だろうから、手術をした方がいいという判断だったのです。
その上、私の体調がいよいよ悪くなったので、それでは・・・ということで、ドクターに会う予約を入れました。
At the beginning, James told me that the cost of the surgery would be affordable even the all fee would be ours. And then, my condition got worse, so we made an appointment to see the doctor.

手術の見積もりを出してもらうようお願いしていたのですが、UCLAの医療事務が異常に時間を取っていて、
実際に金額が出されたのが、手術の直前でした。それも、すごい額です。
We asked the estimate to UCLA, but their office had took a loooong time. So when they sent the estimate to us, it was just 3 days before the surgery. And it was a huge amount.

特に病院の宿泊が恐ろしく高くて、一泊$20,000でした。(約160万円)
義母もジェームズも、私が苦しんでいるのを知っているので、「この金額では、手術をあきらめなさい。」
とは言えなかったんだと思います。
Especially, one night stay at the hospital was the most expensive, and it was $20,000. My mother-in-law and James knew that I was suffering, so they couldn't say "Please give up the surgery, because of this price."

私自身も、「日本に帰って病院を探し、手術の日程を入れてもらい、それまでどこかに滞在して、手術後のリハビリを一人で済ませ、飛行機で帰ってくることができるだろうか・・・」
と考えると、それは非現実的でした。
ですから、義母とジェームズには本当に頭の下がる思いです。今回は二人にお世話になることにしました。
I tried to think about having the surgery in Japan, but going back to Japan alone, finding a doctor and schedule the surgery, waiting for that day at somewhere and recovering from the surgery alone at somewhere and coming back to the U.S. is almost impossible. I feel really grateful to my mother-in-law and James at this time and I decided to accept this opportunity as a great gift from them.

そういうわけで、少しでも費用がかからないようにしなければなりません。
さきほどの掛け物一つではありませんが、気を抜いていると、ちょっとした会話の中に、追加のオーダーが入ってしまいます。
So, I should be careful about saving the cost as much as I can. If I'm unconscious, they bring the things for my comfort and it'll cost.  

麻酔医が来て、自己紹介しました。彼は、ロシアから3才の時にアメリカに渡ってきた、と言っていました。
若くて、私に友達のように接してくれました。
The anesthesiologist came to me and introduced himself. He said that he was 3 years old when he came to the U.S.. He was young, and treated me like a friend.

そして、会話している間に「手術前にリラックスする薬を使いますか?」と優しく言ってくれました。
手術の緊張があまりに高い人には、点滴にちょっとそういう薬を入れてくれるという話しでした。
私は「それは別の費用として、お金がかかりますか?」というと、彼は「Yes」というので、
「では大丈夫です。私は普段薬を飲まない方針ですので、そういう薬を飲む方がナーバスになります。」と言うと、
彼は笑いながら、「では、薬を飲んで緊張することのないよう、この薬は止めておきます。」と言ってくれました。
During our conversation, he gently said, "Would you like to take a tranquilizer before the surgery?" When the patient has strong fear, they put it into the IV. I asked "It'll add to the cost?", he said "Yes." So I said, "I'm OK, I usually try not to take medicine in my daily life. So if I take that medicine, I'll get nervous." He was smiling and said, "OK, I don't wanna make you nervous, so I won't use it!"


・いよいよ手術室へ
Heading towards the surgery room

それからも、いろんなスタッフ、看護婦、医師が次々やってきますが、皆、最初に自己紹介をします。
何かをする前に、すべて説明してくれますし、何でも聞けて、答えてくれます。
とにかくその姿勢が「あなたの身体状況の向上のために、私たちは全力を尽くします。どうぞ何でもおっしゃって下さい。」という空気に満ちていました。
However, there were more staff, nurses, the doctors coming to me, everyone introduced themselves. They all tell me what they are going to do to me, during the explanation, I can ask my question anytime. Their attitude was filled with the feeling of "We try to do the best for the improvement of your body. Please tell us anything."

麻酔医は、ロシア出身の人でしたし、執刀医は、レバノン出身です。
その他、アフリカ系、アジア系、あらゆる人たちが働いていて、皆とてもプロフェッショナルに徹していて、すごく良かったです。
My anesthesiologist was Russian, my surgeon was Lebanese. There were Africans, Asians, many nationalities were there. And they were all very professional. I felt really good!!

私は執刀医に、「手術後の調子が良ければ、今日家に帰れますか?」と聞きました。
執刀医は、頭から否定したりせずに、「様子を見てね。」と言ってくれていました。
I asked my surgeon "If I feel good after the surgery, can I go home today?" He answered "Let's see." He didn't flatly reject my question.

私の手術チームの看護婦さんは2名いて、二人ともアジア系の顔つきをしていました。
もしかしたら、私の国籍を考慮して、そういうメンバーにしてくれたのかしら・・などと考えました。
The two nurses in my surgery team had Asian looks on their faces. I thought the hospital considered my nationality and selected them...???

手術室に行く直前まで、ジェームズが傍にいてくれました。「あなたが経験することすべては、それ自身を生み出したのではない。あなたの身体ですら、それは他のものに依存することによって、存在しているんだ。だから、それを真の存在の空と呼んでいる。あなたの気づきですら、空であり、あなたの経験することはすべて空だ。だが、あなたの現在の意識は永遠なんだよ。」
Until just before I went to the surgery room, James stayed with me. "Everything you experience did not create itself. It is dependent on other things to exist, even your body, so we say it is empty of true existence. Even your awareness is empty, everything you experience is empty, but your presence is forever."

時間が来て、麻酔医と研修医が、私が横たわっている簡易ベッドごと押して、私を手術室へ移動していきます。
麻酔医は、私が緊張しないように、移動中もたわいない会話をしてくれていました。
Time had come. The anesthesiologist and the intern took me to the surgery room with the bed. The anesthesiologist spoke to me with daily conversation for making me relaxed.

手術室に入ると、大きなロボットがありました。5本の手のようなものが伸びていて、
これが、私の腹部で今日、仕事をします。モニターやいろんな機械が置いてあります。
In the surgery room, there was a big robot which has 5 arms. This machine will work in my stomach today. There were many monitors and machines.

私は横たわっていた簡易ベッドから、手術台の上に身体を移動させました。
その後、麻酔医が私の鼻と口をおおうように、マスクをかぶせ、テープで顔面に固定しました。
「今は酸素を送るだけですからね。」と言っていて、自分の意識もはっきりしていたし、手術台の上で待つのは、さすがに緊張します。
I moved from the bed to the operating table. Then the anesthesiologist put a mask on my face covering my nose and mouth, and attached it to my face with tape. He said, "Now, I'm sending oxygen." My conscious was clear, I started to get tense on the table.

心がけて、大きな呼吸をするようにしました。でも全身が緊張していたのは、明らかだったと思います。
マスクが息苦しいような気持ちになりそうでしたが、自分でパニクってはいけないと、ジェームズが言っていたこと(すべては空である、しかし意識は永遠である。)を意識しました。
傍にいてくれたナースが、2度ほど私の腕をぎゅっと握って、私のドキドキを体現するように、気持ちを共感し、励ましてくれました。これがすごく嬉しかったです。
I tried to take a deep breath, but it was clear that my whole body has got tense. I was about to panic by a little suffocation with the mask, but I thought what James said. (Everything is empty, but the consciousness is forever.) One Asian nurse was there with me, she's held my arm tightly twice and shared my fear, she was very compassionate for me. I felt really good about her.

麻酔医が、私の顔の上で「夢」という言葉を使って、一言優しく何か言いました。次の瞬間、私は完全に意識を失いました。
My anesthesiologist said a gentle phrase with the word "dream" above my face. Then next moment, I completely lost my consciousness.

Ray

JUGEMテーマ:子宮筋腫

| 身体の健康/Physical Health | 08:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
aoyukaちゃん、コメントどうもありがとう。

アメリカは、医療費が冗談にならないほど高いです。
超お金持ちが、医療費で破産してしまうこともあるという、超後進国です。
日本の国民健康保険の概念は、世界的にも素晴らしいと思います。是非、みんなでこのシステムを大事にしていってほしいです。

それにしても、私変わってないでしょ〜??うふふ。みんな、そう言いますね。(笑)
今だになで肩ですよ〜!!きっとあと20年経っても、このままだと思います。
aoyukaちゃんも、きっと変わってないと思うんだけど!!?
| 禮 | 2012/09/12 12:40 PM |
禮ちゃん、手術お疲れ様でした(^u^)
読んでいて私までドキドキしました。
それにしても病院での宿泊費が1泊160万円とは・・・!
私たちの感覚では、桁がふたつくらい多い感じですよね!びっくりでした。

禮ちゃんの写真を見たけど、学生のときから全然変わっていませんね〜(*^^)
なで肩も昔のまんま、何だか嬉しくなりました。
| aoyuka | 2012/09/12 10:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/306
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode