日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< ひよこの成長記録2(食の問題を考える)Think About Food and Animals | main | 子宮摘出手術2: Hysterectomy 2 >>
子宮摘出手術1:Hysterectomy1
2007年2月に子宮に筋腫があることが発覚し、
精密検査の結果、幸運にも良性だったのですが、
当時、介護やマッサージといった肉体労働をしていて、
かなり症状がキツかったのと、
妊娠を望んでいたこともあり、

テレビで紹介されていたという友人の話しを頼りに、
2008年1月から、
板橋区にある総合病院に通っていました。
妊娠を望むなら、出来るだけ早く、子宮を残し筋腫だけ取り除く手術をした方がいいと言うことでした。
I found fibroids in my womb in February 2007, and fortunately, they were benign.
At that time, I did physical labor as a caregiver and a masseuse, so I was suffering with heavy symptoms. I expected to get pregnant, so I went to the general hospital in Ikabashi-ku with the recommendation of a friend who saw this hospital on TV. The program said that they had advanced techniques.
The doctor said, "If you wish to get pregnant, you should have the myomectomy as soon as possible." So I decided to have it.

1ヶ月に1回のペースでホルモン注射を打ち、6ヶ月かけて仮の閉経状態にしていきます。
これは、手術中に大量出血しないための準備です。
For the preparation of the myomectomy, they gave me an hormone shot once a month for 6 months to make a false menopause to shrink the fibroids and the womb, so during surgery, I wouldn't have any massive bleeding. 

この6ヶ月の間、閉経を経験するのですが、体温が激変したり、疲れがひどかったり、
だいぶ前の話しになるので、もう詳しくは思い出せないのですが、結構辛かったです。
それでも、手術のためと思い、神奈川県逗子市からの遠距離通院でも頑張りました。
During those 6 months, I was suffering with the symptom of menopause, like the great change of my body temperature, heavy tiredness and so on....
It's been a long time, I can't remember the details, but it was hard.
However, I went to that hospital even it was very far away.

来月手術という時に、担当の医師から『同意書』を渡されました。
そこには、『輸血により、エイズや肝炎にかかっても、苦情は申しません。』という文面が書かれていて、
私はビックリ仰天しました!!
It was just one month before the surgery, my doctor gave me "The Agreement,"
which said I won't make a complaint about getting infection of AIDS, hepatitis, and so on, by a blood transfusion... I was really surprised!!   

以前『薬害エイズ事件』として、血友病患者の方々が、治療のための非加熱製剤でエイズに感染してしまい、大きな社会問題となりましたが、
今だにこんなに日本の医療が遅れているとは、想像もしていませんでした。
In 1980s, Japan had a big social scandal called "Hemophiliacs contract HIV from contaminated blood products." There were many patients who got the HIV virus. Some passed away and some are still suffering. I didn't know Japanese medical system was so behind.

また、ジェームズが私の手術に立ち会いたいと言っていたので、この日に先生から了解を得たいと思っていました。
Also, I wanted ask for the approval from the doctor about James being in the operating room during my surgery.

そのことに関して、質問をすると、担当の医師が困った顔をして、すぐに
「それでは今日の注射はできません。部長先生と話しをしなければならなくなります。
別の日に、もう一度来てもらえますか?」と言いました。
When I started asking, my doctor immediately changed his face and said, "I can't give you a shot today. You need to see the chief doctor. Can you make an appointment and come back again?"


どうして質問しようとしただけで、
一気に注射をしないことになるのか、よくわかりませんでした。
しかも遠いところ、再び予約を取って、
すぐにまた病院に戻って来なければならないのは、
かなりの負担でした。
しかし、すぐに先生は「診察」を終え、席を立ってしまい、
私は改めて部長先生と話すための予約を入れました。
I couldn't understand why he stopped giving me the last shot so sudden when I started asking. And, going back there again in a few days was very hard for me. But the doctor finished the consult and left the room. I made an another appointment to see the chief doctor.

数日後、ジェームズに同行してもらい、病院を訪れて、担当の先生に再び同意書に関して質問すると、
「どこの病院でも、これは提出してもらっています。」「同意できないというのなら、うちでは手術できません。」と言われるので、
「でしたら、この件に関しては、サインをします。」と言いましたが、
担当の先生は、結局、部長先生と替わりました。
A few days later, I went back to the hospital with James, and questioned my doctor.
He said, "All hospitals ask the patients to sign this agreement when they have surgery." "If you can't sign this, we can't give you a surgery."
"So I'm going to sign it." I said. My doctor called the chief doctor and he left.

ジェームズが「家族が手術の時には、アメリカで必ず立ち会っていたので、今回も立ち会いたい。」というと、
部長先生が、「それはできない。」と言いました。
「そういうことでしたら、他の病院へ行って下さい。
でも、日本で立ち会いを認めるところなんて、どこにもないですよ?」と言われるので、
結局、私たちが「では、手術室の外で待っています。」と言った後、
部長先生が、「ちょっと触診で診察をしてみましょう。子宮が小さくなっているかもしれないから。」と言い出しました。
James told the chief doctor, "I'm always in the operating room when my family member has surgery. So I hope I can."
The chief doctor said, "You can't. If you want, you should look for another hospital. But there is no hospital which allows the family being in an operating room during the surgery."
Finally James said to the chief doctor, "OK, I'll wait outside of the operating room."
But the chief doctor start saying, "Wait, let me check your womb, your's might be smaller...."

もちろん、手術の準備のために、6ヶ月かけて閉経状態にしていて、出血量が少なくなるようにしているのですから、
今、子宮が小さくなっているのに決まっているのです。
Of course, it's getting smaller because for the last six months, I've had false menopause so I don't have massive bleeding during surgery. 

「子宮が小さくなっていたら、手術は必要ないかもしれないね。」などと言い出しています。
もう、明らかに私をお払い箱にしようとしているのが、見え見えです。
However the chief doctor was saying, "If it's smaller, you might not need a surgery...." It was very obvious for me that his intention was to get rid of me.

質問をしただけ、しかも、ロクな答えはもらえず、すべて医者の言うことに同意していたにも関わらず、
この後、診察台に乗せられて、「子宮が縮小していて、手術の必要を感じない。これ以上妊娠を望むのなら、不妊治療に行くように。」と言って、
勝手にカルテに『手術の必要なし。』と記録し、すべての診察を終了しました。アッという間の出来事でした。
We were only questioning and agreeing to what they said, even they didn't give us clear answers. However, I was on the medical bed and was told, "Your womb has shrunken. I don't see the need of the surgery. If you need more treatment, you should get the infertility treatment." That was it!! He wrote a clinical chart "No need for the surgery" as he chooses, and finished the meeting. It was a very short time.

この時のショックは、計り知れません。帰りに呆然としていたのを覚えています。
その後、精神的にひどく落ち込みました。手術はもう考えられませんでした。
My shock was extreme. I was absent-minded on the way home. After a long time, I was depressed. I couldn't think of any kind of surgery as a treatment anymore.


その後、川崎市にある、
とても良い女性産婦人科医を別の友人から紹介してもらい、
(この方は、かなり高齢で素晴らしい先生でした。)
スタッフの皆さん共々、
心からケアをしていただき、救われたのですが、
手術の決意をすることはありませんでした。
After that, another of my friends introduced me to a female ob-gyn who gave me true care from her heart. I was healed a lot, but I didn't make the decision to have any surgery.

去年、あまりに症状がひどかったので、アメリカで診察をしてもらい、いろいろな選択肢を話してもらいました。
かかりつけは、UCLAのMedical Centerです。
I went to UCLA medical center last year, and listened to the doctor about what I can do for my situation.

先生の意見として、私の年齢、妊娠の可能性の低さ、筋腫が再発する可能性を考えると、
子宮を全摘するのが、最もふさわしいと思う、ということでした。
Considering my age, the impossibility of pregnancy, and the possibility of returning fibroids, as his opinion, the best way is the hysterectomy.

やはり多くの女性にとって、子宮を摘出するというのは、抵抗があることだと思います。
筋腫が発見された当初から、この選択肢もずっと考えていましたが、自分には選べないと思っていました。
For most women, hysterectomy is difficult to choose. At the beginning of the discovery of my fibroids, I knew hysterectomy would be one of the choices, but I couldn't choose it. 

そして今、2012年。
結局、妊娠することもありませんでした。
去年の震災以来、症状が重くなり、
日常生活にも支障をきたしているため、
今年、ついに子宮を摘出する決意をしました。
Now, in 2012, I can't get pregnant anyway. Since last year, after Tohoku earthquake, my symptoms got heavier and my daily life has been very limited, so I decided to have surgery.

ひどい痛み、倦怠感、感情の起伏の激しさや鬱っぽさ、
体調不良からくる慢性的なストレスを抱え続けて、
このまま手術という手段を避けて、化学的な薬もなるべく飲まず、
ひたすらベッド上で耐え続けるだけで、日常生活で何も出来ないような生活は、
自分にはやはり無理だろうと思うようになりました。
まだまだやれる年齢だし、やりたいことがあるし、やれるようになりたい。
I've been holding terrible pain, tiredness, emotional up & down, depression, and chronic stress. I start thinking about the limits of avoiding surgery, and not taking medicine like Tylenol. Just being patient by lying down on the bed with no activities in daily life, is no life. I'm still young enough to do more and more.

今年、再度病院へ行き、一年ぶりに担当の先生に会い、手術をお願いしました。
その先生は、もう一度、改めて私の選択肢をすべて説明してくれて、その後、私たちの意見を聞き、
超音波で、子宮内の様子を診て、「(筋腫が詰まっていて)子宮の形がなくなっているね。」と言っていました。(?!)
この先生は、Laparoscopic Hysterectomy:腹腔鏡下子宮摘出術が、最善の手段だと勧めてくれました。
This year, I visited UCLA one more time, and see my doctor for asking the surgery. My doctor told me all about the choices one more time, and listened to what we want, then used ultrasound to see my womb. He said, "There is no form of the womb. The upper half is gone. It's packed full of fibroids..." He recommended to me the "Laparoscopic Hysterectomy" as the best solution.

この先生は、(開腹する)腹式子宮全摘術がご自分の分野だということで、
この分野で最も優秀な、別の先生を紹介してくれるということでした。
His speciality is the abdominal hysterectomy, so he introduced another doctor who is an excellent specialist laparoscopy.


医者が他の医者を紹介してくれること、
優秀な先生に担当してもらえること、
この手術を可能にしてくれた家族に巡り会えたこと、
これらすべてがとても恵まれていることであり、
今回、本当に言葉に尽くせないほど、感謝しています。
My doctor introducing the other doctor to me, getting an excellent specialist, being given this surgery by my husband and mother-in-law, these are all really wonderful things. I am really grateful for this opportunity. I feel speechless.

手術担当の先生には、研修医らしき別の先生が付いていて、
この修行中の先生に、私の病気の経緯を話している時に、日本の病院での手術の同意書の話しをしたところ、
私の最初の反応と同じ、すごくビックリされていました。
もちろん、今回の手術でそんな同意書にサインなどする必要は、全くありません!!
手術を担当する先生にも、当然この話しは報告されていて、私たちの間でひとしきり話題になりました。
There was an intern who interviewed me about my medical history. So I spoke about the story of Japanese doctor asking me to agree for not complaining about getting AIDS or hepatitis by the surgery. His reaction was same as mine. He was very surprised by this story. And of course, there is no such agreement here in the U.S.. We are totally safe with blood transfusions. This story was told to my surgeon, of course, and this was a pretty wild subject among us for a while.

打ち合わせで、子宮頸部と卵巣は残すということになりました。
これだと、手術後にホルモンを補うための投薬をする必要はないとのことです。
We talked about keeping my cervix and ovaries. In this case, I won't need to support the hormone with the medicine after the surgery. 

来週早々に手術があります。
できれば、その様子もレポートしたいと思っています。
今、多くの女性の子宮に筋腫があり、多くの女性が選択に迫られているはずだと思うからです。
My surgery is this coming Tuesday. I would like to report the whole process about my surgery and healing. That's because, many women have fibroids now, and they are under the pressure of the need to make a decision.  

手術前夜12時以降は、食べ物はおろか、水一滴も飲んではいけないことになっています。
胃の中に物が入っていると、手術中に嘔吐などがあった場合に、大変危険だからということです。
また麻酔をかけるので、それに影響を及ぼす可能性のある薬も飲んではいけないと、
注意されています。(銀杏の成分など、いけないそうです。)
I can't have any food and liquid after midnight of the day of the surgery. If there is something in my stomach, it could be very dangerous if I vomited during the surgery. And I will have anesthesia, so I can't take any chemicals or medicine which would affect the  anesthesia. For example, like the ingredient of ginkgo tree.

UCLAから事前にメールで、患者に、麻酔に関するガイダンスのための動画が送られてきます。
これは、全体で20分ほどで、アナウンス音声が流れ、文章が読め、途中でメモを取ったり、一時停止、再生などが何度も出来るようになっていて、
知りたい人には、さらなる詳細がわかるような仕組みになっています。
UCLA sent me a 20 minutes guidance video all about anesthesia as an attached file in my e-mail that we can listen, read, and even make notes, pause, and repeat as many times as we want, and for people who want to know more details, they can get more.

それでもわからないことがある場合には、いつでも先生やスタッフに質問できるようになっています。
Even though, if you still have a question, you can ask the doctor and the staff whenever you want by the phone or e-mail.

UCLAの先生は、わからないことがあったら、いつでも個人的にメールで質問したり、電話したりすることを許してくれています。
このような姿勢すべてが、とても間口が広いなあ〜と感じさせます。
アメリカのインフォームド・コンセントは、本当に徹底していて、気持ちがいいです。
The doctors in UCLA allow us to question them individually anytime by phone or 
e-mail. I feel all those constructive approaches as an openness to me. I feel really good about the informed consent in the U.S. medical system as true thoroughness.

医療費の点で言ったら、日本の医療費の安さは、アメリカのそれには比べようがないですが、
私は、患者に対するリスペクトがあること、選択権が患者に与えられていること、
そして、生命に関わるような感染症にかからないことがとにかく大事で、それだけは譲れません。
Concerning the cost of western medicine in the USA and Japan, there is no comparison that Japanese national medical insurance is greater. 

But, my first priorities are;
There is respect between the doctor and the patient equally,
All choices are given to the patients,
There is no risk to get a secondary infection which kills us or makes great suffering.   

今回、手術を経験することで、
またこちらの医療についても考えるいい機会となります。
皆様の参考になれば、
これもまた幸いです。
At this time, by experiencing surgery, this is a good opportunity for me to think about American medical care. I also would be very happy if this report could be a reference for you. 
                                              禮

JUGEMテーマ:子宮筋腫

| 身体の健康/Physical Health | 07:21 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
kaoru様、ありがとうございます!!
お言葉、とても心強いです。感謝いたします。
| 禮 | 2012/08/28 1:31 AM |
aoyukaちゃん、
コメントどうもありがとう。

本当に・・私も驚きました。私だけでなく、手術が必要な他の患者さんにも、あれを同意させているのかと思うと、ちょっと記事にして、皆に知らせたいと思いました。あれは、どう考えても間違っていると思う。

今回は、別の国で、別のアプローチを取るので、こちらも興味津々です。
応援、どうもありがとう!
| 禮 | 2012/08/28 1:27 AM |
手術の無事成功を心よりお祈りしています。
| kaoru | 2012/08/27 6:14 PM |
体調はいかがですか?
日本は医療先進国だと思っていましたが、現状に驚きました。
禮ちゃん、いろいろ辛い体験もしてきたんだね(;_:)
手術して、すべてがうまくいくように、日本から祈っています。
| aoyuka | 2012/08/27 10:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/305
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • クリスタルリーディング@東京 2019年春
    禮 (03/14)
  • クリスタルリーディング@東京 2019年春
    うりこ (03/14)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
LINKS
モバイル
qrcode