日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< Massau's Smile / 地球の守護神マサウの笑顔 | main | 子宮摘出手術1:Hysterectomy1 >>
ひよこの成長記録2(食の問題を考える)Think About Food and Animals
ヒヨコは今、丸6週間経ったところです。
外の環境を喜んで、
6羽はすくすくと成長しています。
Since we've got our chickens,
it's been 6 weeks.
All are happy and healthy being outside!

日光を浴び、そよ風を身体に受け、
暑さ寒さの中でも大丈夫なほど抵抗力がつき、
健康で強い、元気な鶏になっていきます。
1羽だけ、まだ首のところに、幼い頃の羽毛が残っていますが、これがまた可愛い。(写真右の左側の鶏)
They are getting sunshine and breezes, heat and cold, they've got the power of resistance and are becoming healthy strong chickens. Only one is unfledged, but that's cute too. (Left one on the picture above).

朝方に気温が低くなるので、念のために毎晩、私が寝る前に、赤外線ランプを点します。
昼夜問わず、山からコヨーテが集団で鳴いているのが聞こえます。
つい最近も、我が家の下に位置するご近所さんの敷地から、夜中にコヨーテが何かを襲っているらしき雄叫びが聞こえました。
鳥小屋が襲われないように、金網を二重にしておくことにしました。
Before I go to bed,  I make sure to turn on the infrared lamp for them in colder temperatures. We hear the howling of the coyotes anytime. Recently, I heard the coyote pack below our property in the neighbor's yard. We decided to make our chicken coop double wired.

鶏のエサ箱は、一日半で空っぽになります。二日おきにエサを継ぎ足しています。
二つある水飲み容器も同時に、新鮮な水に取り替えます。
だんだん私たちが新鮮なエサと水を持って来てくれていると、鶏はわかってきているのか、彼らが私たちに馴染んできているような感じがします。
The chickens eat all food in the container in a day and a half. We feed them every 2 days. 2 water containers  are also changed at the same time.
Chickens seem to understand that we are feeding and watering them every time, so they are slowly getting friendly to us.

こうして動物に接していると、
どんなに野生でも、餌付けが成功してくると、
言葉を介さない、
情の通ったコミュニケーションが成立してくるのだと感じます。
Being with animals, even if they are wild and we successfully feed them, I feel there is an emotional communication between us without language.  

今、外の野良猫にもエサをあげているのですが、
彼らの顔がとても柔らかい、情のある、
人間らしい顔になってきたのです!(写真上)
Now, we are feeding a stray cat. His face gets very soft, emotional and humanlike. (picture above). We call him "Guy."

最近カリフォルニアでは、フォアグラをレストランで提供することは禁止になったのですが、
それはフォアグラを作るプロセス(カモを無理矢理「脂肪肝」にする)が、動物の虐待に当たり、
これが人間の生き残りに必須の食物ではない、という認識になったのだと思います。
(それでも、フランスなどはこれを『文化』として続けていますが。)
Youtubeで「フォアグラの拷問」のようなフィルムを見ていると、その壮絶な一生で、身震いしてしまいます。
Recently in California, serving foie gras has been prohibited, because the process to make it is animal cruelty. Foie gras is not the vital food for human life. (But, France is still going with it as their culture). If you see the video "Foie Gras: Animal Cruelty and Consumer Threat", their terrible lives will send a chill of horror down your spine. 

文化といえば、日本の捕鯨、それから太地町のイルカ猟も、国際的な摩擦を生んでいますね。
日本は調査の名の下に、毎年、何千頭ものクジラを殺し続けています。しかし、その調査結果は一体何に活かされているのでしょう?
これは、捕鯨団体が政府機関の管轄で、関係者がお金欲しさに続けているだけに過ぎないと思いますし、
(原発と同じですね。)
太地町のイルカ猟も、
漁師の気の荒さ、
自分たちが生き方を変えていけないことに対して、
開き直っているように見えます。
Speaking of the culture, there is the international argument about whale hunting by Japan and dolphin fishing in Taichi-cho, Japan.
Under the name of "Reseach", the Japanese government kills thousands of whales every year. But we never know how they use that data for what? This is because the organization belongs to the government and those who work for it get a lot of money, so they keep fishing (the same as the nuclear industry). The dolphin fishing in Taichi-cho, the fishermen also have a rough character, and they seem like they don't care about what they're doing because they can't change their life styles.

クジラやイルカを殺さなければ、
人間が生きていけないということはありません。
なぜこのような無駄な殺生が続けられているのか、とても疑問に思います。
There is no reason to kill dolphins and whales for our survival. I really wonder why we keep wastefully killing those living beings.

実は、私はフォアグラの事実を知る前、つい最近日本へ帰った時に、初めてフォアグラを食べました。
その時、フォアグラがどのように作られているか全く知らず、
ただ『高級食材』、『未知の味』ということで、食べてしまいました。全く無知でした。
To be honest, when I went back to Japan recently, I ate foie gras. It was before I knew the truth of it. I didn't know what the process was. For me at that time, it was just a "luxury food" and "never eaten". I was ignorant.

アメリカに戻ってきて、ジェームズに「日本でフォアグラを食べたんだ!」と、喜びとともに報告したら、
彼はひどく顔をしかめて、「フォアグラの作られる過程を知っていたら、絶対食べようとは思わないはずだよ。」と言われました。
それからすぐに、ほとんど同じタイミングで、カリフォルニアでフォアグラが禁止になりました。
私も、この真実を知ってからは、食べようとは思いません。というか、うちで鶏を飼っていて、このビデオのカモを思い出したら、とてもじゃないけれど、フォアグラは食べられません。
When I came back to the U.S., and told James "I ate foie gras!" with pleasure, he made a funny face and said "If you knew the process of foie gras, you would never eat it!". Sooner, almost at the same time, California prohibited serving foie gras in any restaurants. I agree. I won't eat it after I've known about it. Or, we have our chickens now and I remember the geese in the video, I'm never able to eat foie gras!

また食用の家畜、乳牛の扱いも、Youtubeなどでビデオで見ることができますが、言葉に言い表せないほど残酷です。
人間のために生き物を『物』扱いして、大量に生産させて、用がなくなったら殺していきます。
本来の自然な環境に置いてもらえず、病気になるため、抗生物質が大量に投与されています。
I also watched the video on Youtube about how humans handle animals for food, or cows for milk, it's so cruel, I was speechless.
Those animals have been used as "things for human-beings", they have to produce a huge amount of human food and drink, and if they can't, they will be killed immediately. They can't be in the natural environment, so they get sick, then human-beings give them a lot of antibiotic. 

大量消費社会の歯車に乗っかって生きる人間の無意識な信念(他の生き物を殺さなければ、私たちは生きていけない。)は、
人間が本来持っている「生きるものへの慈悲や優しさ」を完全に麻痺させています。
私は、人間は雑食だから「しょうがない」とも、肉食を「当たり前」だとも思いません
Human who are on the wheel of a massive consumer society, whose unconscious belief that we need to kill another beings for our survival, completely numb our original character of compassion and kindness for living beings.
I can't take it for granted, or I don't think this is necessary for human's omnivorous behavior.  

今のところ私は、動物の肉を自ら買って食べることはしない、という方針でいます。
しかし、外出先など食事の席で出されたら残すことはしない・・といった感じです。食べ物を残すことは、結局、生命を無駄にすることにつながると思っています。
これは消極的な方法ですが、前よりはだいぶ肉を食べなくなりました。
For now, my way of life is, I don't buy animal meat. But if it's served where I am, I will try to eat it because if I don't eat it, the life of that food would be wasted. This is not a positive way, but my eating animal meat is much less than before.

ただし、現在義母と暮らしていて、義母が完全な肉食主義なため、以前のように肉を食べないでいることが難しい状況ではあります。義母が食事を食べきれないことが多いからです。
However, I'm living with my mother-in-law now. She wants animal meat and she eats very light, so not eating animal meat is more difficult now. 

ジェームズは昔から、赤い肉は食べない人で、今では魚を食べるだけです。その方が、身体の調子が良いからという理由です。
James doesn't eat red meat, he's eating only fish now. He says when he doesn't eat the animal meat, he feels good.

生き物を殺して食べる時、私たちはやはり生命をいただいていることを忘れてはならないと思います。
今でもネイティブアメリカンは、動物を殺す猟に出る前に神に祈りを捧げ、生き物が私たちの前に捧げられますようにとお願いします。
その時に収穫できた動物は、動物自身も自らの生命を人間に捧げることに同意したもののみだったと信じ、感謝とともに解体します。
それは、人間と生きとし生けるものたち、自然がつながっていて、バランスが取れているやり方です。
When we eat animal meat, we shouldn't forget that we are given another's life.
Native Americans pray to God before they go hunting, ask God to give them another life. If they succeed in the hunt, they believe that this animal agreed to dedicate it's life for humans. So they butcher it with their gratitude.

人間が植物を食べる時、動物を食べる時ほど、地球に負荷をかけません。
一人の人間が食べられる野菜の量は、とても限られています。
例えば、ほうれん草を一人がお腹いっぱい食べ尽くしたとしても、畑で生産されるほうれん草の全体量から見たら、非常にわずかです。
野菜の収穫までにかかる時間、水などのコストや手間を、食用牛のそれと比べてみると、
牛が、食用として人間に食べられるまでにかかる時間やエサのコスト、排泄物の処理など、多大な費用と手間がかかっています。
When we eat vegetables, we give less burden to the Earth.
The full amount per person being able to eat is very small compared with the whole field filled with that vegetable. So the length of the time, the cost of water, and human's work is a very little. But the beef cattle takes a much longer time, more food and water, and lots of work.

しかし、それなのに一匹の牛を人間がお腹いっぱいになるまで食べようと思ったら、
それだけコストがかかっているにも関わらず、一頭で4〜5人しか養えません。
これが、世界規模で行われた場合、
例えばアメリカでは、食用牛や食用豚の排泄物の量があまりに大量すぎて、
この広大な土壌が浄化できないほど汚染しているという、近年の深刻な問題になっています。
現在アメリカにいて、ここで肉食している人たちの消費量は、日本のそれとは桁が違うと感じます。
この記事も、是非世界中で肉食をしている人たちに読んでいただきたいです。
But, when humans want to fill their stomach by eating beef, it will be just for 4-5 people.
When the whole world does this, for example, in the U.S., the amount of the animals' excrement has become massive, the ability of purifying the land is reaching overload, it's a serious problem. In the U.S., the amount of consuming animal meat is really big compared with Japan, I wish the person who eats animal meat would read this article.

また食べるためにどうしても殺さなければならない場合、
殺される生物の意識レベルを意識することも、殺す側の人間として必要なのではないかと思います。
植物の意識レベルは、動物のそれよりも発達していません。
動物の意識レベルの中でも、哺乳類、特にクジラ・イルカは高度な知能を持ち合わせています。
それだけ、殺される際に「どういうことが起こっているのかについての意識がある」ということです。
One more thing, if we need to kill something for our survival, we need to be aware that the level of the consciousness of which beings we are going to kill as the killer.
The consciousness of plants is not as developed as animals.
In animal world, the whales and the dolphin have the highest consciousness. That means they know what's going on when they are killed. 


今、身の回りで動物を飼えるような環境になり、
すべてはつながっていることを理解した今、
生き物を人間の利益追求のためにとことん『利用』することが、
どんなに業の深いことか、
人間のしていることに、めまいがしそうになります。
Now, I've got an environment where I can have pets, and I understand that everything is connected.
By using living beings cruelly for human's benefit is a such deep karma that I almost feel dizzy.

自分たちの食べ物が作られる過程を知らないでいることは、
私たちの健康にとっても危険なことです。
Not knowing the process of how our food was made, is also very dangerous for our health.

どんな薬が使われているのか、どんなに不衛生なのか、どんなに残酷なやり方で屠殺されたのか、
切り身の肉を見ただけではわからないからです。
We never know by looking at the piece of meat at the market, which kind of chemicals are used, how dirty the place of the original beings were kept, how cruel the way they were killed were totally unknown.

このような問題を提起するドキュメンタリー映画も出てきています。お近くの映画館で上映される時は、是非足を運んでみて下さい!
Recently, there are movies bringing those problems as a documentary film. Please watch it, if it comes to your town! 

食品の加工プロセスに関わっている人たちに、意識の光がもたらされますように強く願います。
文化、伝統という名の元に、他の生き物を残酷に殺し続けることに無意識でい続けてはいけません。
I pray for the people whose job is related to the process of making human's food, that the light of their consciousness will be raised and will know what they are doing in that job.
We should not be unconscious about killing another living beings cruelly under the name of "Culture", "Tradition" and "Money".  
                                           禮

JUGEMテーマ:鳥が好き!

| 身体の健康/Physical Health | 10:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
aoyukaちゃん、コメントありがとうございます!
フォアグラのビデオは、本当に恐すぎますね・・。

ちょうど私がフォアグラを食べたのと、カリフォルニアで禁止になったのと、
このビデオを見た時期が、少しズレた程度でほとんど重なりました。

その上、鶏たちが目の前でみんな仲良く、スクスク大きくなっていくのを見ているので、
ビデオを初めて見た時、ショックで、どうしても今回の記事で関連づけてしまいました。無視できませんでした。
そうしたら、他の動物たちのことにも言及せずにいられなくなり、記事が長くなりました。

私たちが気がついていないこと、見えていないことが、日常に山ほどありますけど、
少しずつでも、食べ物を生産する時にどういうことが行われているのか、
情報が伝わればいいなあと思います。
| 禮 | 2012/08/08 3:23 PM |
深く考えさせられました。
フォアグラ、私も絶対食べません。というより、食べられませんね。
とても衝撃的でした。知る機会を与えてくれて有り難う!
| aoyuka | 2012/08/08 2:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/303
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • クリスタルリーディング@東京 2019年春
    禮 (03/14)
  • クリスタルリーディング@東京 2019年春
    うりこ (03/14)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
LINKS
モバイル
qrcode