日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< Unconditional Freedom/あらゆるものからの解放 | main | 触るとかぶれを引き起こす植物 >>
ミミズ・スターター・キット
コミュニティーガーデンから撤退し、
自宅の前庭に3つのベッドを設置しました。

幸い、敷地内を改良するための工事で、
たくさん土が出たため、
3つのベッドの中へ入れてもらいました。

この土と言うのが、
山肌が自然に崩れて土になる過程といった、
一度も耕されたことのない砂っぽい岩のような素材です。
一見岩のようですが、くま手で叩いていくと土になる・・・(もしくは、やっぱり岩だったり)というやっかいな土です。

コミュニティーガーデンは、オハイの谷底に流れる大きな川の隣りに位置していました。
ですから、土の栄養素が雨に運ばれ、川底に向かって集まる肥沃な土地で、
ネイティブアメリカンの住んでいた形跡があったり、
誰かの手が入っている土地で、大変柔らかくて扱いやすい土質でした。
ミミズが山ほどいて、とても健康な土でした。

自宅の土は、ミミズが全くいません。
土を改良していくためには、ミミズに仕事をしてもらうのが、自然の摂理にかなっています。

「ミミズを買わないといけないね〜。」と、
二人で話していたところ、
毎週日曜に開催されている
ファーマーズ・マーケットに、
ミミズ・コンポストを売りにくる人がいて、
その人が、今週はミミズ・スターター・キットを売っていました!

その人のウエブサイトです。(Dave McGuire氏)

ミミズ・スターター・キットとは、
要するに、
ミミズを飼って増やしていくためのミミズ入り箱のことです。

その箱のままでは窮屈すぎるので、大きな容器に移して飼育し、増やしていくのです。

左官屋さんがコンクリートを混ぜる時に使う
『(プラ)舟』と呼ばれる、
浅くて大きなプラスチック容器があります。
(こちらでは、Mixing Tubと呼ばれるようです。)

それを、”ミミズ飼育箱”として使うことにしました。

まず初めに、舟の底に、
段ボールとシュレッダーにかけて細かくなった新聞紙など、古紙類を敷きます。
ジェームズが「白黒の新聞紙のみ使った方が良い。」と言うので、カラーページがあるものは避けました。

そして、軽く土を入れます。

(ミミズは光を嫌がるので、
自然光の入らないガレージ内で作業していたため、
動く物の写真はボケてしまいます。笑)

それから、ミミズを移します。

スターター・キットを、
ガレージ内の引き出しの中に、
一晩入れておいたのですが、
完全な暗闇の中で、
キットの蓋の隙間にびっしりとミミズがはい出していました。

それをくまなく新しい土の上に移して、
キットの中のエサ(野菜くず)も全部、新しい土の上にひっくり返して、平らにならし、
そして、再び軽く土をかけます。

土が乾き気味の場合は、霧吹きで湿度を保ちます。

段ボールで蓋をします。また、ちょうどいいプラスチック製の蓋もあったので、乗せておくことにしました。
さらに暗闇を確保するのと、うちの猫に荒らされないように(!)、
舟の大きさよりも大きい、絨毯の切れ端を乗せておきました。
光が届きにくい、やや低温(15〜21℃)の場所に置いておくのが良いようです。

ミミズのエサとなるもの(ミミズプロジェクト東京のウエブサイトより抜粋しました。)

ミミズコンポストに入れてよいもの

  • 果物の皮(メロン,スイカ,リンゴなど.甘いものが好きです)
  • お茶殻,コーヒーかす(天然素材であればティバッグやフィルターも食べます)
  • 調理くず(調理中に出る野菜くずなど)
  • 草花・花殻(切り花などで農薬が使われていそうなものは避けましょう)
  • 紙くず(クレジットカードの明細やレシートをシュレッダーにかけたもの)
  • 掃除機のゴミ(意外かと思われますが,掃除機のゴミの大半はハウスダストと砂埃です.プラスチックや金属が混ざっていなければミミズが食べてくれます)


ミミズコンポストに入れてはいけないもの

  • 油(少量の油を紙にしみこませたり,お皿を拭いたキッチンペーパならOK)
  • 液体(水がたまるような状態になると生ゴミが腐り,ミミズも死んでしまいます)
  • 辛いもの,塩分の濃いもの(味付けの濃いものばかり入れるのは避けましょう)
  • 洗剤のついたもの(ミミズにとって有害なので避けましょう)
  • プラスチック・金属など(有機物以外は食べません)
  • 木材・枝(ミミズは歯がないので木質化したものは食べられません)


ミミズコンポストに入れられるけれども注意の必要なもの

  • 柑橘類(殺虫剤に使われるDリモネンが有害だといわれています.食べないわけではないので少量ずつ試してみてください)
  • 粉類(小麦粉や米ぬかは水分を含むと固まったり発熱するので,少量ずつ様子を見ながら入れてください)


我が家ではそんなに生ゴミが出ないので、
ミミズを増やしていくのは、
スローペースになるのではないかと推測しています。

とりあえず明日から、
ミミズが食べられそうな物を、
飼育箱にどんどん入れていきたいと思いま〜〜す!

コンポスト作りやミミズの飼育は、
無駄が出なくて、気持ちいいですよ〜!
                    禮

JUGEMテーマ:家庭菜園

| ガーデニング/Gardening | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/292
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode