日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< 暴行の遺物:2 | main | 心から、心へ。 >>
私という名の仮面
画像

暴力は、まるで自然災害に似ています。
無垢な人々は、傷つけられてしまうのです。

子どもは、しばしば、まっさきに犠牲者となりやすく、
なぜならば、子どもたちは、暴力的な親や家族、
そして”友達”といった人々に、
頼って生きて行かざるをえないからです。

私は、仕事上で子どもに会う機会は、なかなかないのですが、
しかしこの間、11才の女の子が、自分で私に会いにやって来ました。

私は、驚きました。
なぜなら、私が電話での予約を受けた時に、
その声は、とても成熟しているように聞こえましたが、
実際の彼女は、8才にしか見えませんでした。

すぐに、話しは、

家族の暴力、
新しい継父(彼女の母親が、最近結婚した相手)、
アルコール、
新しい継父の連れて来た継兄が、学校でしている狂った振る舞い、
そして、果てしなく続く言い争い・・・に及びました。

私は、彼女に、私に何が出来るだろうかと、尋ねると、
彼女の家にいる、家族たちを訪ねて欲しいという、
心からの嘆願が返ってきました。

それから、彼女が、事務所のドアを開けると、
そこには、彼女の母親が立っていました。

私たちは、さらにもうしばらく、一緒に話しました。

そして、これが家族全員の同意のもとである、
という確信を得られた時、
私は、彼女と彼女の母親とともに、外へ出ました。

私は、彼らがどこに住んでいるのか、聞きました。
その答えは、市内でも貧しいエリアにありました。
私は、彼らと車で移動していましたが、
まだ、彼らの家に着くまでには、7、8ブロックも離れたところで、
私に、車をそこへ停め、歩いてほしいと、彼らが頼んできました。

私が、「なぜ?」と尋ねると、母親が、
新しい夫は、誰かから助けを得たり、”施されたり”することを、
憎悪しているから、と返してきました。
私は、内心、「これは簡単なことでは、済みそうにないぞ。」
と思いました。

私には、これから起こることについて、何も考えていませんでした。

私たちが、その小さくて、古い家にたどり着いた時、
警察官が、私たちを待っていました。
ホームレスの男が、この家の中にいて、
かなり狂っている様子だというのです。

継父は外にいて、警察官にその男を外へ出すよう、どなっていました。
しかし警察官は、もっと多くの警官が到着するのを待つ必要がありました。

継父が、私たちを見た時、
彼は、こちらへ近づいて来て、自己紹介しました。
彼は、少し酔っていて、
ちょっとどころではないほど、私たちを、
そして、すべての人を脅していました。

彼は、どんな風に、気の狂ったホームレスの男が家に入って来たのか、
私たちに怒って説明し、この家が自分のものだと言い張っていました。
少女と、彼女の母親は、ほとんど泣きそうになっていました。
そうです。この状況は、あまりにひどすぎました。

他の警官は、今だ、到着していませんでした。

そして、特に継父、そして警察官と、
そこにいる皆が、だんだん我慢ができなくなってきました。

警察官は、半分冗談で私に、「何かいい提案は、あるかね?」
と尋ねてきました。
私は、エリクソンの催眠療法で使われている、
リバース心理学の様式を思い出しました。

私は、
「ええ、そうですね、あなたはホームレスの男に、
彼がしたければ、この家に自由に泊まることが出来、
夜を過ごせるんだと、告げることができます。」と言いました。

警察官は、一瞬、頭の中が真っ白になったという目で、私を見、
肩をすくめ、
継父に向かって、その言葉をホームレスの男に言ってみるよう、
それとなく勧めました。
私は、神に助けを求め、祈りました。

継父の顔には、不信と怒りの混ざった表情がありましたが、
でも、彼は試したのです。
1分後、ホームレスの男が、家から出てきました。

少女の家族と私は、その後、
地元のメキシコ料理店へ、夕食を食べに行き、
そして、お互いを尊重することや、本当の愛についての話しをする、
とてもいい時間を過ごしました。

継父にとって、私のあの時の提案は、とても感銘を与えたため、
彼は、人の話しを聞かざるを得なくなりました。
そして、最近の自分の間違いについて、認めたのです。
私が、そこから立ち去った時、私は、ほっと、一安心しました。

それから2、3日後、
私は、ある人との約束の場所へと、車で移動中でした。
私は、混んでいる交差点で停車し、
横断歩道の信号が変わるのを待っていました。

私は、あの少女と母親が、そこを歩いているのを見た時、
彼女の家族は、あれからどうしているのか、気になりました。
彼女たちは、私に気づいていませんでした。
二人とも、その顔に、愛と幸せがいっぱいに輝いていました。

この世に「偶然」というものはないのです。

私は、その瞬間に気づきました。

私たちすべては、本当に完璧な愛、善性なのであり、
それが、誤った自己認識や、「これが私」という個性としての仮面、
そして、私たちが肉体を持っているということによって、
その本質を簡単に、見失ってしまうのです。

私たちの間に、実際の違いはないのです。

どうか、あなたの知っている人々、
そして、あなたが、まだ知り合ってない大多数の人々の、
仮面の奥に隠れている本質を、
見通して下さい。

私たち、一人一人の内面に、
より良い世界が、あなたを待っています。
もし、私たちが、ただ単に、
内面を見てみることを思い出しさせすれば。

画像

-----
| 心理学/Psychology | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/29
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode