日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< Magic Rainbow Meditation:マジック・レインボー・メディテーション | main | The X Factor 9:決勝へ向けてのクリスのパフォーマンス >>
The X Factor 8:激動!感情の波に飲まれた週
コンテストの挑戦者たちは、どんどん振り落とされて、ついに上位5人となりました。
これを勝ち抜くと準決勝へ進出となるだけに、パフォーマンスもだんだん殺気を帯びるほど洗練されて来ます。

そして、誰が落選するのかにも自然と注目が集まり、プレッシャーが高まっています。
この週、とうとうレイチェルが投票順位で最下位の2名の中に入ってしまいました。

毎回、最下位になった2名には『サバイバル』のために、改めて歌う機会が与えられます。
それを聞いた後、4人の審査員がそれぞれ、どちらを選ぶか告げ、3〜4票得た方が勝ち抜き、
票が割れた場合(デッドロック)は、アメリカ全土からの投票結果が、最終的な結果として有効になります。

レイチェルは、まだ弱冠13才なのに、とても古い魂なのだと思います。
年のわりにとても渋い曲を選曲するのですが、それを豊かな感情表現とともに見事に歌います。
彼女のオーディションの時の映像はこちらにあります!彼女の成長ぶりがわかって、面白いです。
(The X Factor 1:人の中に秘められた力)

彼女は、現在のご両親に養子縁組で出会い、親子となったという生い立ちがあります。
彼女の実の親はドラッグ中毒で、子どもを育てるような状態ではなく、
その親、周りの友人たち、すべてがドラッグに浸っているような環境に生まれて来たため、
レイチェル自身も、生まれてからドラッグ中毒だったのです。

現在のご両親にもらわれて、ドラッグを身体から抜くところからスタートし、
今は身体も健康になり、このご両親の深い愛情に包まれて育っています。

彼女は歌うことが大好きで、いつでもどこでも歌っているそうです。
今回、このコンテストに登場して以来、ステージで歌を披露するという大舞台に立つことになりましたが、
まだ13才だというのに、本当に堂々の歌いっぷりで、器の大きさを感じさせます。

彼女は「自分が歌うことで、すべての子どもたちへのインスピレーションとなるよう願っている。」と言っています。

これまで、毎週やってくる本番のために、歌のトレーニングや様々なスケジュールをこなしながら、
まだまだ就学児童ということで、日に3時間、学校の課題をこなさなければならないという、
大変ハードな毎日を過ごし、
優勝することを夢見て、自分のすべてをかけて戦ってきたのだと思いますが、
最下位となり、自分がもうこのコンテストに残れないかもしれないというプレッシャーは、
13才の女の子には、キツすぎるのだと思います。

このサバイバル・パフォーマンスで、彼女は渾身込めて歌い上げます。
感極まりながらも、見事に歌い上げ、終わった後も感情に包まれている彼女のパフォーマンスをご覧下さい。



"I'd Rather Go Blind" By Etta James
「私はむしろ盲目になりたい」/エタ・ジェームズ

Something told me it was over
何かが私に「それは終わった」と告げたの
When I saw you and her talkin'
私が、あなたと彼女が話しているのを見た時に。
Something deep down in my soul said, 'Cry, girl'
私の魂の中の深いところから、何かが「お泣きなさい。」と言ったのよ
When I saw you and that girl walkin' around
私が、あなたとその娘が散歩しているのを見た時に。

Now, I would rather, I would rather go blind, boy
ああ、私はむしろ、むしろ盲目になりたいわ
Then to see you walk away from me, child, no
私から歩き去っていこうとするあなたを見るよりはね。

Now, I was just, I was just, I was just
ああ、私はただ、ただ、ただ、ここに座って考えていたの
Sittin here thinkin', of your kiss and your warm embrace, yeah
あなたのキス、そしてあなたの暖かい抱擁を。

Baby, baby, baby, I'd rather be blind, boy
ああ、私はむしろ盲目になりたい。
Then to see you walk away, walk away from me, yeah
私から歩き去る、歩き去るあなたを見るくらいなら。
Baby, baby, baby, baby, I'd rather, 
I'd rather, I'd rather be blind...
ああ、あなた。私はむしろ、むしろ盲目になってしまいたい・・・

さて、この後、審査員の投票に入りました。
マーカス(右側の男性)は、ここまで3週連続で、最下位に入っています。
しかし審査員たちの投票結果で、ギリギリ救われて、ここまで生き延びて来ました。

この前の週に、マーカスと一緒に最下位に入ってしまった子がいて(彼女にとっては、初めての最下位でした。)、
弱冠14才、可愛くて、将来が大変有望視されていたのに、意外なことに選ばれず、
その決定打となった審査員ポーラが、大変ひんしゅくを買ったという経緯があります。
緊張は、前の週から引き続いていたのです。

マーカスのプロデューサーであるLAリードは、マーカスを選びます。
そして、レイチェルのプロデューサーであるサイモンは、もちろんレイチェルを選びます。
・・・というわけで、残る二人の女性審査員のジャッジが、今週の結果の決め手となるわけですが・・・

 


           
司会者に促されたレイチェルのコメント
私はあなた方をとても愛しています。すべての人をです。
私に投票して下さった皆さん、そして投票しなかった人も、どうもありがとうございました。

私にこの機会を与えて下さって、どうもありがとうございました。なぜなら、あなたがいなかったら、今頃、私は何の価値もなかったことでしょう。
私は、これが私の終末でないことを願っています。わかりますか?
私はわかっています。これが終わりではないと。
私はさらに先へ進みます。約束します。皆さん、愛しています。

家族のみんなへ。
あなたは驚くべき人です。あなたは、私のためにあまりに多くの犠牲を払ってくれました。
愛しています。

サイモンのコメント
この若い少女に投票してくれた多くの皆様に感謝いたします。
私は今日の彼女のパフォーマンスは、彼女がやれる最高のレベルへ達したと信じています。
私はあなたに出会った最初の時に、
「これから私たちは、この二つの言葉”レイチェル・クロウ”について、たくさん聞くことになるだろう。」と言いましたが、
それが実現するであろうと約束します。

ニコールが審査員としての責任を取らずに(レイチェルを選ばずに)、デッドロックへ持ち込んだのは、本当にショックでした。
誰の目から見ても、どちらが心の底から歌っていたかは明白でした。
この後アメリカ全土から、レイチェルを落選させる原因となった彼女に非難が集中しました。

そしてレイチェルはといえば、この後も控え室で泣いているニコールを慰めています。
しかし、審査員が傷つくことなど、本来あり得ないのです。ジャッジすることが仕事ですから。
親に虐待された子どもは、よくその親をかばうことがありますが、まさに今回はそれを見ているようで、
レイチェルのことを思うと、とても辛かったです。

今でもニコールは、なぜレイチェルを選べなかったのか、きちんと説明していません。
(彼女は他の挑戦者:ジョシュをプロデュースしているので、彼に優勝させたくて、レイチェルを選べなかったのではないかと思います。)

レイチェルがあのパフォーマンスを見せた後に、もし勝ち抜いていたら、
優勝も夢ではなかったと本当に思います。私は今でも、彼女をステージで見れないのが淋しいです。

トラウマにもなりかねないような、この激しい体験を通り抜けて、
レイチェルが、これから歌の世界で大きく羽ばたいていくのを期待したいと思います。
番組を見ているみんなが揺さぶられた、激動の週でした。

                                禮

JUGEMテーマ:女性アーティスト

| 音楽/Music | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/279
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode