日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< The X Factor 2: 美しい声 | main | メディスン・ホィール1 >>
Gardening 7:初めてのガーデニング 秋の畑
夏あんなに真っ盛りで、勢いよく成長していた緑が、
秋になって、萎れてくるのを見るのは、
淋しい気持ちになりますね。

・・・と、もういいかげん、秋冬に向けて、
畑の準備に入らなければいけないのに、
なんやかんやと時間が過ぎてしまい、
延び延びになっています。

南カリフォルニアは、気温が高い日が多く、
トマトはまだ芽が伸びていたりして、頑張っています。
ナスも、まだ花が咲いています。

キュウリ、ミニトマト、インゲンなど、
一目見て、もう終わった様子のものは、畑から抜きました。

ピーマンは、ミニトマトの成長の早さに負けて、夏の間、全然日光を浴びれなかったので、
ミニトマトを抜いてから、
今頃になって勢いをつけ、青々と茂り、
まだ花が咲き、実がなっています。

抜いたものが出てくると、
ベッドの中に空間が空くので、
そろそろ次のシーズンの野菜を植えようかと、
考えが湧いて来ます。

トニーが、自分のイチゴの茂みから子蔓がたくさん出ているのを引きちぎって、分けてくれました。
それで、すぐに植える作業ができなかったので、根の部分を水に付けておき、
時間があった時に、畑へ植え替えたのですが、一足先に根付いて、元気に育ってます。(写真右下)

野菜が成ることで、
土中の特定の栄養分が痩せてしまうので、
同じ科目の野菜を植え続けると、
害虫にやられたり、
病気にかかりやすくなってしまいます。

そのため、野菜を育てる時は、
一年おきに違う科目の野菜をローテーションして育てるよう
勧められています。

例えば、私の畑は、
ベッドが2つに、地植え部分が2カ所あります。

すなわちトータルで4つの区分けがあり、大きく分類して下の科目を、
毎年ローテーションするのはどうかと考えています。

1、ナス科:ポテト・ファミリーの仲間
  ・トマト、ナス、ジャガイモ、ピーマン、ししとうなど。

2、マメ科
  ・インゲン、枝豆、ソラ豆、さやえんどうなど。

3、アブラナ科:キャベツ・ファミリーの仲間
  ・キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、からし菜、かぶなど。

4、タマネギ科&根菜類
  ・タマネギ、ワケギ、ニラなど。
  ・大根、人参など。

5、その他(上記4つの科目類のどれとでも一緒に育てられるような野菜)

5番目は、4つの科目のローテーションだけではバラエティに欠けますし、
次に同じ科目を植えるまでの期間を、なるべく引き延ばすのに有効です。

(次に同じ科目を植えるまで、最低でも3年ぐらい、できたら4〜5年空けるのが良いとされています。)

また、必ずしも植えたいと思っている科目の種や苗が用意できるとは限らないので、
5番目に当たるような野菜をたくさん知っておくと、融通が利きます。

地植えしている区画は、
ゴーファー撃退用の音を出す杭を立てていて、
ソーラーエネルギーのため、自家発電だし、
それなりに効果はあるんですが、
それでもゴーファーの攻撃に遭いやすいため、
ベッドを追加で作らなきゃね・・・と話していたのですが、

ベッドの材料になる木材を切ったり、組み立てたり、
ベッド設置部分の土を移動させて、ベッドを置き、
さらに土を入れ・・・というのが、
結構な体力を要求される作業になります。

園芸店で買った苗の中に、大根やブロッコリーがあり、
これらは深さがないといけません。

それで、蓋付きゴミ箱を買って、底に水切り用の穴を開け、(写真右上)
高さのあるプランター??にしました。

前回(今年の春)は、始めたばかりの喜びとともに、
勢いよく肉体労働をしたのですが、
それでもかなり疲れたので、
シーズンが過ぎてしまい、
1区分は何も植えることができませんでした。

結局、一つ空けておくぐらいがいいかもしれないと思い、
それは秋までとっておいたんです。


今回、何も植わっていない部分の土を、
どんどんゴミ箱プランターへ入れていき(写真左上)、

ブロッコリーと大根の
インスタントガーデンの出来上がりです!(写真左)

苗が6本のセットで売られていたので、
一つの容器に6本も植えてしまったんですが、
もっと間を空けた方がいいのではないかという話しになり、
追加でプランターを増やし、苗を散らす予定です。

年間の予定を立てるほど、準備をしておらず、種から用意したりすることもできず、
とりあえず、園芸屋さんやファーマーズマーケットに行って、売りに出されている苗を購入しています。

なんだか、まだわからないことがいっぱいで、
自分が望んだものを自由に植えるというよりは、
限られた選択肢の中で、
やっとこさ自分が食べたい野菜を選んでいるような状態で、

結局、上で紹介したようなルーティーンを厳密に守れているわけではないのですが、
何事も実験してみようという気持ちで、
やっています。

また、来年になったら、少しずつ馴れて来て、
いろいろ応用が利くのではないかと期待しています!?

今日は、そういうわけで、
大根、ブロッコリー→新しい区分
セロリ→ナス科のベッド
マメ→マメ科のベッド

という配置になりました。

                                             禮

JUGEMテーマ:家庭菜園

| ガーデニング/Gardening | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/267
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode