日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< 映画『セヴァンの地球のなおし方』 | main | Gardening 5: 初めてのガーデニング5 イモムシと病気 (*イモムシ写真あり!) >>
東電最高幹部、原子力安全委員会・保安院などを刑事告発!
原発の危険を1980年代から告発してきたジャーナリスト:広瀬隆氏と、
同じくジャーナリスト:明石昇二郎氏が、
前代未聞の日本の大惨事を引き起こした張本人たちを、一斉に刑事告発しました。

<Aグループ>
東京電力      勝俣恒久会長はじめ、最高幹部3名
原子力安全委員会  班目春樹委員長
原子力安全保安院  寺坂信昭院長   他

<Bグループ>
福島県放射線健康リスクアドバイザー/長崎大学大学院教授 山下俊一
文部科学大臣  高木義明       他

以下に、元記事(上)http://tanakaryusaku.jp/2011/07/0002656に書かれている罪状を、コピペします。

●東電(勝俣会長ら)は、いったん原発事故が起きれば多数の一般住民を被曝の危険に晒すことを知りながら、そうした事態を避けるための措置を怠った。さらには「原発安全神話」をふり撒き、危険性を指摘する学者、ジャーナリスト、市民に攻撃を仕掛けた。

●原子力安全保安院(寺坂院長)は、同院所管のワーキンググループ委員から原発を襲う津波の危険性を指摘されていながら、その対策を東電に講じさせなかった。

●原子力安全委員会(斑目委員長ら)は、事故防止のために万全な措置を講じるよう東電や安全保安院に指示しなければならないにも関わらず、この任務を放棄した。
 「浜岡原発運転差し止め裁判」の際、斑目委員長は「再循環系が複数同時に破断し、同時に緊急炉心冷却系が破断することも考えるべきではないか?」と問われ、「地震が起こった時に破断することまで考える必要はない」と答えている。(裁判で問われていたことが福島第一原発で実際に起きてしまった。これが任務放棄として告発されているのである)

●福島県放射線健康リスクアドバイザーの山下教授は、放射線専門家として子供らの安全を図る義務があり、速やかに子供らを避難させなければならないにもかかわらず、ずっと放置していた。一般市民、児童、生徒、学生らの避難と放射性物質による被曝からの防御対策をサボタージュした。

現在福島県内では、30万人もの小中学生が、放射線管理区域と同じレベルの放射能を浴びながら生活しているとのことです。

ヨーロッパ放射線リスク委員会(ECRR)では、IAEAと日本の公式データを元に、
福島県近隣地域で、今後発症すると予想されるガン患者の数を発表しました。

ドイツのメルケル首相は、この報告書を読んで、原発全廃に政策転換したそうです。

ECRRの報告は、日本のマスコミが取り上げないため、日本人にはほとんど伝わっていません。
以下は、『日本語で読めるクリス・バズヒー』と題するサイトのリンク
(*クリス・バズビー教授は、ECRRの科学担当幹事を務めています。)


自由報道協会主催の記者会見で、出席者から「未必の故意による殺人ではないか?」との質問が出たそうです。また、この元記事を書かれているジャーナリスト田中龍作氏も、東電副社長に同じ質問をしたことがあるそうです。
「そう考えるのが常識だろう。」と田中氏は書かれています。

「被曝を食い止めたい一心だった。こういう事故を起こせば刑事告発されるということを日本全国の電力会社に呼びかけたかった」
「今全廃に持っていかない限り、原発はまた大事故を起こす」
広瀬氏はこう語っています。



<参考文献>


| 日本/Japan | 16:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
ともさん、コメントありがとうございます。
本当に、国が変わると報道されることやその内容が、だいぶ違ったりしてますよね。

どの国のメディアも、コントロールされていたり、思惑がありますから、私たちが賢くならないといけませんね。インターネットは、その点比較的自由に情報を発信できますから、人の本質的な善性に基づいた情報をやり取りしたいと思っています。

新しい淋病の話し、知りませんでした。こういう話しは、エイズが広まった時のように、人を動揺させる可能性がありますが、落ち着いて、正しい生活を心がけなさいという警鐘だと思いました。

日本で、そういう角度からの、正直で啓蒙的な報道があるといいと願っています。それで救われる人たちがいるに違いないのですから。
| 禮 | 2011/07/22 12:41 PM |
ふうむ〜そのような告訴をジャーナリストが。がん患者数の予想は、怖いことですけども直視なくてはならない問題ですね。このように大事にすることで知らないでいる一般の人々に情報が伝わっていくと良いですね、、

日本では報道されることとされないことの選別ってあるのではないかなあ、、と思うことがあります。ぜんぜん違う話ですが、今月日本で新しい淋病が発見されてこれまでのものよりも500倍の抗薬性があり、2,3年のうちにパンデミックの可能性あり、とこないだアメリカのラジオのニュースで聞きましたが、うちにテレビジャパンがあるのですが、NHKではまだなにも言っていないような気がします、、早くニュースにしてきちんと人々をエデュケイトしたほうが良いのではないかな、と思うんですが、、
| とも | 2011/07/19 10:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/259
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode