日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< Chernobyl: A Million Casualties チェルノブイリの実態 | main | The Secret of Silence:限りなく素晴らしい世界 >>
What Is A Garden?:ガーデンとは何か?
東京に生まれ、小さい頃から、家の周りはアスファルトに囲まれていました。

幼少の頃に、祖母と一緒に、道路工事をしている脇を通り抜けた時、
アスファルトが大きくめくれている下に、土があるのを見て、
(あ〜〜、道路を造る時は、ああやって土を入れるんだー・・)って、真剣に信じていたことを思い出します。

小学生の頃に、夏休みに連れて行ってもらった田舎の自然の美しさに、毎年、圧倒されていました。

緑がギラギラと光っていて、大きな川や用水路があり、たくさん魚やザリガニが捕れました。
夜は花火をして遊びましたが、それよりも、
星が落ちてきそうなほど低いところまで迫っているので、息がつまりそうでした。
田舎には、光が溢れていました。

それ以来、自然の中で生きることに本当に憧れました。
自分の生活の中に、大地とのつながりがなかったことが、私には、とてもコンプレックスになっていました。

20代の頃から、自然の中で、土を耕したり野菜を育てたりするような環境に身を置きたいとずっと願いつつ、
人との関わりにも強く魅力を感じていたため、一度もそのような生活に飛び込むことができずにいました。

2005年に逗子に引っ越した時、住まいに庭はなかったのですが、地元で菜園を借りたりして、
いよいよ、そういう生活へ少しずつでも転換していけるのではないかと期待しましたが、

残念なことに、逗子にある唯一のコミュニティーに開かれた農地は、
道具置き場や水道がない(すなわち、自分の車にそれらを乗せて、自分で運び込んで作業をする?)という条件だったので、
自転車しか持っていない私には、断念せざるをえませんでした。
(しかも、その農地は、まもなく住宅になってしまいました。

東日本大震災は、そんな私の背中を押してくれました。

地震発生以来、ひどく体調が悪くて、痛み止めを飲み続けるような生活になりました。
理由もなく、嫌な感じの下痢が続きましたし、全身が弱ってしまいました。
ベッドの中にいる時間が長くなり、精神的にも下がり気味でした。

引っ越しの予定があるとか、借家だから・・といって、ズルズルと待ちの姿勢でいたのですが、
もうたまらなくなって、(とにかく、畑仕事を始めなければ・・)と、
これ以上はもう少しも引き延ばせない!といった、切羽詰まった気持ちで、コミュニティーガーデンを探し始めました。
大地とのつながりが切れたままでは、これ以上生きていけないというような気持ちでした。

するとすぐに、地元オハイの新聞記事に『コミュニティー・ガーデンを始めます』という記事を見つけました!

この町は、狭かろうが広かろうが庭がある家がほとんどで、土いじりがしたい人は、みんな自宅で家庭菜園をしています。
ですから、集まる人はまだまだ少ないのですが、私にとってはうってつけでした!

さっそく、10フィート(約3m)X 20フィート(約6m)の区画を借りました。

オーガナイザーの女性ロビン、本物のお百姓さんトニー、
いろんな道具を持っていて、何でも無償で手伝ってくれるみんなの天使キース、
その他、主に女性がメインで、ジェームズと私を入れても、10人ぐらいのほのぼのグループです。

先週から始まって、
ミーティングでいろいろなことを決めながら、
必要な物を揃えていきます。

ルールは、たった一つ。
オーガニックであること。

ボーボー雑草が生えまくっている原っぱからのスタートで、
みんなで協力して、雑草を刈り、
計測して、区画を区切り、
手作りで作っていきます。

市内の他の非営利団体と協力しながら、
不要な肥料などがあると寄付してもらったりしています。

マッシュルームコンポストは、
トラック一台分、無料でもらうことができました。

このコンポストには、塩分が含まれるとのことで、ミーティングで話し合いましたが、
一番下に敷き、水をたっぷりかけて塩を抜けば、大丈夫とのことで、
何しろ無料(!!)なので、もらうことになりました。

ベッド(箱形の大きな花壇のようなもの)を作るための木材は、
オハイの材木問屋から、少し無料で提供してもらいましたが、残りはそれぞれ購入しました。

また、オハイは牧場をしているところが多く、馬糞が手に入ります。1袋5ドル、トラック一台分は、100ドルです。これもいい肥料になると思います。来週引き取りに行きます。

後は、土です。私は、借りているところの土がとても良質なことに気がつきました。
それから、ゴーファー(地リス:もぐらのように地下に穴を掘って暮らしている)の穴が、あちらこちらにボコボコ開いています。

そういった野生動物や鳥に、野菜の根や実を食べられないように、ベッドで野菜を育てる方法と、
直に耕す方法、二つやってみようと思っています。

土を耕すなんて、全く初めて。
誰かがやるのを見て、それに倣っていけばいいかなあ?
などと、安易に考えていたのですが、
耕している人が、他に誰もいない!

慣れていないので、要領を得られず、
悪戦苦闘しています。
やっぱり体力が要りますね。
でも苦には感じません。楽しいです。

(左の写真は、私の区画。ベッド一つ分の土を掘り出しました!)

耕した翌日に、さっそく新鮮なゴーファーの穴が開いていました。
(わあ・・、こりゃ、本当にここら辺にゴーファーがいるんだろうなあ〜・・)と思いながら、
そこから、区画の一角まで耕したら、大きなゴーファー御殿のメインの廊下につながっていたようで、
分岐点になっている所がポッカリと出てきたのですが、
ちょっと離れたところをさらに耕していたら、
その穴から、ゴーファーが顔を出して、こちらを見ているではありませんか!!

お互い、(!!)という目で、見つめ合ってしまいました・・・。
しばらくじっと見つめ合っていたら、ゴーファーは、穴から顔を出したり、引っ込めたりしていましたが、
ついに、別の方向のトンネルに向かって、行ってしまいました。

静かで広々した敷地に、
たった一人で鋤を振り下ろして仕事するのは、
何より、心の栄養になっています。
そして、本当に幸いなことに、このプロジェクトが始まってから、体調が快復しました。

日本の放射能に関することは、何より最大の重要事項で、
いつでも、自分がやりたいと思ったこと、
できることをやろうと思っています。
(一例では、署名運動に参加するとか、こちらでもそれを取り上げて話す場を作ることなどから始まって、
地域でイベントをしたり、政治的なアクションを取るなど。)

しかし、私にとっての一番の変化は、
以前は、太陽が出ていること、大地を歩くこと、空気を吸うこと、食べ物をいただくこと、
そして、生きていることに感謝できませんでした。
どうしても、それを『当たり前』だと捉えている、不機嫌な自分がいました。

でも今は、気がつく度に、すべてに心から感謝しています。
そして、自分が精一杯誠実に生きること、真っ直ぐに、今を生きたいと思っています。
                                              禮






What Is A Garden?  
ガーデンとは何か?



The entrance to the sacred temple is beautiful and mysterious.
神聖な寺の入口は、美しくて謎めいています。


But the garden behind the temple, is the true sanctuary.
しかし、寺の背後にある庭は、本当の聖域です。


The miracle of growing plants to eat is like a prayer.
食用の植物を育てることの奇跡は、まるで『祈り』のよう。


The spirits of the land love human beings, but people forget what they really are.
土地のスピリットは、人間を愛していますが、人々は、それが本当になんであるか、忘れています。


The garden is where we can remember.
ガーデンは、私たちが思い出すことができる場所なのです。


Bring all your love and compassion to the growing, living things...
あなたの愛と思いやりのすべてを、成長していく、生きているものたちへ注ぎなさい。


Mother Earth, Father Sky and all the plants, animals and people.
母なる大地、父なる空、そして植物たちや動物たち、人間のすべて。


See in your heart, a beautiful rainbow light.
あなたの心の中に、美しい虹の光を見るのです。


Let all your love shine through the light, to everywhere and everyone.
あなたの愛をすべて、あらゆる所とあらゆるものへ、光を通して輝かせなさい。


See Japan whole and clean. See Japan free of all radiation.
日本が全体で清浄であるのを見なさい。日本がすべての放射能から解放されるのを見なさい。


See the Japanese people happy, healthy and truly safe from all harm.
日本の人々があらゆる害から解放され、幸せで、健康で、真に安全であるのを見なさい。


Yes, all this power from a garden!
そうです。この力すべては、ガーデンからやってきます!


Be the blessing you seek, and share it freely with the world!
あなたが求める祝福となりなさい。そして、それを自由に世界と分かち合いなさい!


James

JUGEMテーマ:家庭菜園

| 挑戦/Challenge | 04:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
陽さん、こんにちは!コメント有り難うございます!
今、畑は、最もたくさんやることがある最初の段階で、一気に忙しくなりました!
手作りの野菜を食べる瞬間を、とても楽しみにしています。

今の日本の状況は、直視することが大変難しいと思います。が、
私たちができることは、
本当にこれ以上被害が広まらないように意識を広げていくこと、
何十年間と原発を反対してきた人たちの警告を無視して、推進した人たち全員の責任を問うこと、

そして、政府に対して、
国民全体へ正しい情報を公開するよう求め、
正しい原子力の知識を与えるよう求め、
そして、避難が必要な人を(必要ならば、諸外国に受け入れの協力を求めることも含めて)避難させるよう求めていってほしいと思います。

そのぐらい、『命が大事』だということです。

そのぐらい簡単にカバーできる莫大なお金が、これまで日本の原子力開発に注がれていますし、これからもまだ、注がれていきます。
日本に住む一人一人の人が、原発にノーと言わない限り、これからも放射能に汚染されていくという方向性は変わりません。

そして、日本の皆さんには、この最悪な事態を体験することで、
今までには思いもしなかったような自分の中の何かを一転するような機会とできたら、素晴らしいのではないかと思います。

私も、同じです。そういう意味で、今回の記事も書きました。
陽さんの記事も同じ・・ですね!(笑)
| 禮 | 2011/04/30 10:34 AM |
禮さん こんにちは。
よかったですね!
土とつきあうことは幸いです。
出来た野菜はどんなにおいしいでしょう。
私もよろこんでいます。

ご紹介されたもろもろの「リンク」に衝撃をうけました。
見たくない知りたくないとつい思いたくなる真実です。

チェルノブイリの写真、リンクさせていただきました。

禮さんも、私も、いつも「本気」ですね。

| | 2011/04/27 10:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/240
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode