日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< 次なる革命 | main | 森を歩く >>
ディカプリオ主演映画『インセプション』見てきました!
*ネタばれ、とまではいきませんが、映画を白紙の状態で観たいと思っていらっしゃる方は、
是非映画を観た後に、以下の記事をお読み下さい。

クリストファー・ノーレン監督の新作映画『インセプション』を劇場で見てきました!
この映画は、物語の素材として、潜在意識にアクセスするというような発想を取り上げています。

数年前、"What The  Bleep Do We Know !?"という、似た分野で画期的と思われる映画が出た時も、
私はすごく興奮しましたが、

あの映画は、ストーリー展開もありますが、同時にドキュメンタリーのような作りで、
いろいろな見識を持った人たちが、その分野での研究を解説するような、
百科事典を開いて、読んでいるような映画でした。
(内容が深い上に、映像として流れて行ってしまうため、とても一回見ただけでは理解できません。)

今回、このインセプションは、より個人の人生に焦点を当てており、
現実に重力が働いている劇場に居ながら、無重力感を楽しめるような視覚的異次元を映像を通して楽しむことの下に

人間の潜在意識の働きが、実人生に与えている影響、幻想と現実について等、
実は大変大きな質問を提示している、
別の言い方で言えば、実は大変大きなことを教えようとしている挑戦的な映画だと思います。

それが押し付けがましくなく、すごく柔らかく、しかしジワジワと着実に私たちに影響を与えているような感じが、見終わった後にやってきます。

一回見て終わるのではなく、二回劇場へ行って見た方がより深く理解できる傑作だと思います。
劇場で、ラストシーンが幕を閉じた瞬間、会場から拍手が湧き上がりました。
是非、皆様も体験して下さい!!                                                                           禮




A Story Of Resolution, Acceptance and Forgiveness
解決、受容、そして許しについての物語






Christopher Nolan's new movie, Inception, is a metaphor of humanity's fear of, and need for, true forgiveness.
クリストファー・ノーランの新作映画、インセプションは、
真の許しに対する人類の恐れ、そして必要性を隠喩しています。


Leonardo Dicaprio's character invades other's dreams, but he hides from himself, great guilt.
レオナルド・ディカプリオの演じる主人公のキャラクターは、他人の夢に侵入する人。
しかし、彼は自分自身、大いなる罪悪感から隠れています。


The story is all about Dicaprio's character, even if it seems otherwise.
物語は、一見そうではなさそうに見えるかもしれませんが、実は全面的に主人公について語っています。


Christopher Nolan speaks loudly to the audience about the illusions we create to hide from what we cannot honestly see in ourselves.
クリストファー・ノーランは、私たち自身の中で、自分が正直に見ることができないものから隠れるために、
私たちは幻想をつくり出すのだということについて、
観客に向けて、声を大にして言っています。


What does it take to see this clearly, honestly, and forgive, or release attachment that is harmful?
これを明快に、正直に見るためには何が必要でしょう?
自分自身、あるいは誰かを許すために、何が必要でしょう?
あるいは、自分にとって有害である執着を手放すためには何が必要でしょうか?



What do we learn?
私たちはこの映画から、何を学ぶのでしょうか?


By not releasing, by not healing, we live in fear. We live in an illusion that hurts us and those close to us.
手放さないことによって、癒さないことによって、私たちは恐れの中に住まうのです。
私たちは幻想の中に生きています。それは私たちや私たちの身近な人たちを傷つけます。


The damage is great, and it keeps going on... and on... and on.
ダメージはとても大きく、そしてそれは延々と続いていきます。


Until Dicaprio's character faces himself and his "projections," he suffers.
主人公が自分自身に向き合うまで、そして彼が苦しんでいる彼の ”投影” に向き合うまでは。


We must live in dreams, our never-ending thoughts, even if we are awake, to hide from the pain, the fear, the anger, the shame...
私たちは夢の中、私たちの終わりのない考えの中に生きなければいけません。たとえもし私たちが目覚めても、痛み、恐れ、怒り、恥から隠れるために・・・


Even when he finds his way "home," we are uncertain if the moment is real, or another dream... 
たとえ、彼が ”故郷” へ帰る道を見つけた時も、
その瞬間が本物であるのか、私たちは定かではなく、また別の夢の中かもしれないのです・・・


This is the problem of the world.
これは世界の問題なのです。


For most people, their dreams are a defense against the past.
ほとんどの人々にとって、彼らの夢は過去から身を守るための防御なのです。


But the defense is also a filter, that tells us things about ourselves and the world, that are not true.
しかし、防御とはフィルターでもあるのです。それは私たち自身と世界について私たちに語りますが、
それは本当ではありません。


How can we learn to see through such illusion to a truth that is absolutely real?
どうやって私たちは、そのような幻想から、絶対的実在である真実を見通すことを学ぶことができるのでしょう?


Can we know this truth so deeply, we clearly see it has always been the truth of ourselves?
私たちはこの真実をそんなにも深く知り
私たちがはっきりと見ていることが、常に私たち自身の真実であったと知ることは、
果たしてできるのでしょうか?


What do you think about it?
あなたはこのことについて、どう思われますか?


James


| 動画/Movie | 05:57 | comments(5) | trackbacks(0) |
コメント
ジェームズさんのアドバイスありがとうございます。

会社に出勤する時間が早いので平日に試すのは難しそうですが、機会を見て試してみます。

教えていただいた内容を読んで、おもわずなるほど思ってしまうことがいくつもありました。

すぐには難しいと思うので時間をかけて試してみます。
| kosumosu | 2010/08/05 10:46 PM |
kosumosuさんも、夢の中で自覚できるんですね!

いただいたコメントの内容をジェームズに話したところ、次のように言っています。

「早く寝床に就くようにし、朝4時に起き、布団から一度出ます。(2〜3分)
そしてもう一度寝る前に、自分自身にこう言い聞かせます。

夢の中で、これが夢であることを思い出すように。(明晰夢)
また目覚めた時に、夢を思い出すように。

そうすると、私たちは思い出すことができるようになります。」ということです。

ちなみに、私は全くこのようなことはできません。
毎回、夢に完全に浸かっていて、夢見ていることを楽しんでいるような感じです〜〜〜!
| 禮 | 2010/08/04 1:18 AM |
自分の場合は英語がまるでダメなので字幕ではなく日本語吹き替えで見てきました(笑)

DVDだとアメリカと日本のリージョンコードが違うので日本のDVDを見るのは少し大変ですね。

ブルーレイになれば日本もアメリカも同じリージョンコードになるのでもう少しすれば楽になるかもしれません。


自分の場合には、夢の中で夢を見ていることに気がつくと大抵、体脱状態か明晰夢の状態になってしまいます。


体脱状態の初期は虚空の状態に長くいるような気がします。


ただ、昔は驚くほどたくさん体脱していましたが最近はまったくなくなりました。

夢もあまり覚えてなくて思い出すのに一苦労です。
| kosumosu | 2010/08/03 9:30 PM |
kosumosuさん、コメントありがとうございます!
ブログをこちらに引っ越して以来、初めてコメントをいただきました〜。嬉しいです。

この映画、実は劇場で上映されているうちに、私は日本語字幕が欲しいのです・・ぎゃはは!
(でもそれは叶わないので、DVDが出た時に英語字幕を見るのが精一杯だと思いますが。)

”幕が下りた” と言うか、『最後のシーンが終わり、エンド・クレジット(制作者たちの名前)が流れた時・・・』と言うべきでしたね。
その時に、劇場内がホッとしたような、まだ定かでないような・・・そんな空気が流れたのも、
この映画の『不安定さ』が功を奏している感じを、如実に表していました。

ジェームズは、普段、夢でスピリチュアルなトレーニングをします。

朝4時にはっきりと起き、それからもう一度眠ります。すると、夢は非常にはっきりとした鮮明なものになります。

そして、夢の中で、自分が夢見ていることを自覚します。
それから、その状態で(夢の中で)瞑想します。
すると、夢の中の像(夢として見ているもの)が消滅します。
それから現れてくるものは、虚空です。
この虚空は、条件づけられていない意識の反映です。

この虚空は私たちであり、
このトレーニングは、そこでリラックスすること。

ここで何か考え始めると、イメージ(像)が現れ始めます。
そのイメージが、自分自身であることを認識します。
(これは非常に大事なポイントで、ここでこの現れたイメージが自分ではないと思い始めてしまうと、
私たちは幻想の中へと戻ってしまうのです。)

再びリラックスすると、イメージは消え、虚空だけが残ります。
これが、夢で行うトレーニングです。これはゾクチェンのトレーニングの中の一つです。

これは日常生活の中でも、行うことができます。
| 禮 | 2010/07/31 1:48 AM |
おひさしぶりです

ここで映画が紹介されていたので、アバター同様にインセプションも見てきました。

アバターは結局3回見ています。


インセプションは今日が一回目でまだまだわからないことだらけだったのですがかなり印象深い映画でした。

こちらでは映画が終わった後に幕は下りずというか幕はありませんでした。

まだ何と言ったらいいのかわかりませんが、今回もまた2回目を見に行きそうな雰囲気です(笑)
| kosumosu | 2010/07/27 8:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/200
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode