日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< アルツハイマー病 | main | イルカとクジラのお話し >>
自分の中の宝物を信じること(アメリカン・アイドル2)
アメリカのオーディション番組、「アメリカン・アイドル」は、
現在10名が生き残り、様々な個性の競演となっています!

出場者の一人、Lee Dewyze (リー・ダワイズ:20代男性)は、
もともと、歌手として挑戦したいという気持ちがありましたが、
両親は、彼を全く信じていませんでした。

ハリウッドでのオーディション第一日目。

審査員サイモン:私は手ぬるいと思ったし、あなたの中にスターとしての素質があるようには見えない。

そして、オーディション第三日目に、彼は多くの証明をして見せました。

(リーのインタビュー)

リー:(オーディションが進むにつれて)精神的に困難さを感じているよ。
   審査員に良いと言ってもらいたいけれど、すべては彼らの手の中にあるからね。

(判定を聞くために、ステージに上がるリー)

審査員キャラ:あなたは素晴らしく大きな声を持っているわ!ステージで、とてもパワフルよ。
       でも、私たち全員が今週目にしたのは、あなたの自信の欠如なの。
       ステージでパフォーマンスをする時、
       私たちは、それを自分のものにし、『スターである』必要があるわ。
       あなたは、(自分の自信のなさについて)同意する?

リー:いいえ。私は自分に自信を持っています。

審査員キャラ:本当?あなた、確かに自信ある?

リー:はい。私は本当に自分のやることすべて、音楽の中でやったことすべてに自信を持っています。
   私は本当に、そう感じます!

審査員キャラ:・・・そう。私たちはそうは思わなかったわ。・・・5分前までは。
       あなたは合格です。 おめでとう!

リー:・・・まさか・・・何てこった!・・・何てこった!!・・・
   (通路を歩きながら)
   たった今、あなたたち、僕を騙したんでしょう!!?・・・わーーお・・・・



ーーーーーそして、それから数週間後、3月30日のライブ放映にて

(一人の出場者が歌い終え、楽屋へ戻ったところ。他の出場者たちが讃えている。)
(カメラが切り替わり、ステージ上には、司会者とリーが座っている。)

司会者:審査員たちは、「 “瞬間” を創造しなさい。」と言っているけれど、
    今晩、あなたはどうやって “瞬間” を創造するつもりですか?

リー:“瞬間”を創造するというのは、本物のパフォーマンスをすること、
   どんなアーティストでありたいのかを見せること、
   パフォーマンスを通して、それを見せることだと思います。

司会者:あなたは今、軽度の肺炎を患っていると聞きましたが・・・

リー:大丈夫です。大丈夫です。

(リーのインタビュー)

リー:"Theat Her Like a Lady"は、コーネリウス・ブラザースの歌で、魂がたくさん込められている。
   僕は今回、その魂の部分を、アレンジによって引き出したいと思っています。


(プロのR&BシンガーであるUSHERのインタビュー)

USHER:リーの"Theat Her Like a Lady"は、格別だ!

(USHERが個別指導を行う場面)

USHER:君は驚くべき声を持っているよ!ただ、それを自分のものにするだけだよ!

リー:挑戦してみます。自分を信じることが、いつも大きな課題になっているんです。

USHER:そんなに自分を責めるべきじゃないよ。
      特にあなたのように、素晴らしい才能を持っている人はね。

(リーのインタビュー)

リー:自分をダイレクトに見せたいと思っているのに、そうさせない自分がいるんだ。
   僕はもう恐れを捨てて、自分を止めたりしないよう、やってみようと思う。

(USHERの個別指導の場面)

USHER:君が自分を信じないなら、観客もあなたのことを信じないよ。
     でも、あなたは素晴らしいものを持っているんだ!
     あなたは発揮するに値する才能を持っている。驚くべき声を。

(USHERのインタビュー)

USHER:私は本当に彼に驚かされました。でも、もし彼が、
     自分はこの場にふさわしいのだという信念とともにステージに立つのを、見ることができるのなら、
    私はもっと、彼に驚かされることでしょう。
    リー、輝ける瞬間を集めるんだ。なぜなら、あなたもわかっているように、
    それが『歴史』になってきているのだからね。

リー:ありがとう。

そして、本番・・・。



審査員ランディー:おーい、おーい、ちょっとこれをチェックしてみようじゃないか!
         リー、準備はいいかい?
         信じがたい!!この数週間のうちで、最も上回っていたよ!!

審査員エレン:ほらね!(あなたの本領が出てきましたよ!)
       今夜の中で、最も信じがたい、最高のパフォーマンスだったね!!
       多分、あなたが最も先を行っている競演者でしょう!

審査員キャラ:あなたは、この曲を自分の世界へもたらしたのよ!
       これは、将来、あなたのレコードの中に収録される曲のようです!!驚きだわ!!

審査員サイモン:リー、私はこのコンテストの割と早い段階から、あなたを信じていたよ。
        でも、あなたが自分自身を信じていないことが、私たちは常に不満だった。
        たとえあなたが、事実、今夜はアイコンタクトが取れたと感じていると話していてもね。
        これは、あなたにまつわる問題となっていた。

        私には何かわからないが、何かが起こったんだ。
        今夜、家に帰って、このパフォーマンスを再生して見たら、
        あなたの悪夢は永遠に変えられたのだということがわかることだろう。





 他人からすると、
 人の才能というのは、
 簡単に見抜くことができるものです。

 しかし、
 自分が当の本人となったとたん、
 私たちは見えなくなってしまいます!

 ましてや、日本では必要以上に
 『謙虚であること』が尊ばれ、
 『状況の中で、自分を引くこと』
 と解釈されがちです。

しかし生まれて来たからには、人には必ず、どこか輝く部分があり、
私たちは、その宝物を人と分かち合うことができるのです!

勇気を持ちましょう。愛や美しさを惜しみなく分かち合いましょう!
                                           禮

JUGEMテーマ:男性アーティスト

| 挑戦/Challenge | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/179
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode