日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

<< 人と話す時の心得(ジェームズへの質問:その2) | main | 人と競うこと >>
オリンピック
バンクーバーで開催中の冬季オリンピック、こちらでは生中継で見ることができます。
NBCというアメリカ東海岸の一大TV局は、何億ものお金を払い、
中継権を買って、独占して放映しています。

アメリカの代表で、特に白人でスター性のある人たち、外見が美しい人は、花形で取り上げられます。
もちろん彼らには、取り上げるに値するような障害を克服し、ここまで来たというドラマがあります。
頑張っている人たちの素晴らしい能力を見ることで、私たちも刺激されます。

しかし、このような大きな舞台の裏で、
その何千、何万倍もの人たちが、ここまで “ある一部分” を磨いていないまでも、地道に生きていること、
小さな国が、もっと基本的な権利を確保するのにも必死で奮闘していること、
決して、このTV画面で映されていることだけがすべてではない、
ということを常に念頭に置いて見ています。

スポーツは、(特にオリンピックなど先進国の大舞台では)優勝者はたった一人(一チーム)、
後の総人口は、その人よりも劣っているという位置関係しか築けません。
(実際は、その人を負かす能力を持つ人がどこかにいる可能性が常にありますが。)

参加することに意義があるなら、金・銀・銅のメダルを与えたりせず、
ある特定の人たちに注目するのではなく、
シンプルに全員を讃えるべきです。

もしスポーツが、例えば合気道のように、試合をしない、人と競うことをしないで、
各人が身体の能力を純粋に伸ばすことや、心の平和、幸福感、精神性を高めるなら、
それは素晴らしいことだと思います。

スポーツに勝ち負けがある意義は、一定のルールを与え、
自分たちの中にある否定性、暴力性、人を負かしたい気持ち、満たされない欲求を昇華させるための、
人との戦いを最も平和なうちに行う、現存する最高の手段だと思います。

特に身体的に成長する思春期には、様々な否定的エネルギーを昇華させるために、
エネルギッシュな人にとって、必須なのではないかと思います。

しかし、これは基本的に勝つか負けるか、二つに一つしかありません。
(これは『二元性とは何か』を説明する絶好の例ですね!?)

人の身体的能力には個人差があり、一人一人がそれぞれの限界を持っています。
これは競えることではありません。
そもそも、そのように違った条件で生まれて来ているのに、競う場所に身を置くことによって、
自分の限界を超えるところまで、自分を追いやってしまうかもしれません。
(これが、今回のリュージュの事故が起きた原因の一端なのではないでしょうか?)


今回見ていて、このような環境に自分を置いておける人たちというのは、
世界の総人口で、一体何パーセントでしょう?
アメリカがダントツでメダルを取っていますが、それはなぜでしょうか?

今の社会は、力の強い者がよりサポートされるようなシステムを作り上げています。
心の美しさとか、他人を思いやることが基準ではありません。

もしメディアが、もっと違った価値観を取り上げて紹介することに自分たちを捧げてくれるのなら、
私たち社会がどれだけ影響を受けることかと思います。

もちろん、メディアのせいにするのではなく、
私たちの日常生活のどの瞬間にも、選択が迫られ、私たちは自分の生活のレベルで、
エゴ(二元性)に基づいて生きていくのか、愛や調和を選んでいくのかが試されるのです。

少なくとも昔に比べて、今はこうして、例えばブログといった媒体を通じて、
個人レベルで情報を発信することが可能となっています。

私たちは、うるさいと思われようが、しつこいと思われようが、
愛や慈悲心、思いやりや調和、美といったものを、
いくら話題に取り上げても飽き足りないほど、発信し続けたいと思っています。

                                           禮



The original intention of the Olympics was to lessen tension and wars between the nations which participated in the games.
オリンピックの原初の意図は、試合に参加する国家間の緊張や戦争を減らすことでした。


Winning was not important, competition was not important. Playing the game well and giving your best effort was most important.
勝つことは重要ではなく、競争することは重要ではありませんでした。
精一杯試合すること、そしてそのために最高の努力をすることが、一番重要だったのです。

I feel this has been forgotten in today's world.
私は、今日の世界において、これは忘れられているのではないかと感じます。


If connection, love, friendship and acceptance was a nation's intent, we would see it reflected in the games, and all around the games.
もしつながりや愛、友情と受容が、国家の意志だったなら、
私たちは、試合の中で、そして試合に関連するあらゆることの中で、それを目にすることでしょう。


People would be expressing such compassion and goodness, the world would be healed of its fear and hate.
人々が、そのような慈愛と善なる心を表現するのなら、
世界は、その恐怖心と嫌悪感を癒しているはずです。


Today, the Olympics have become a reflection of the competition between nations.
今日、オリンピックは、国家間の競争を反映する物となっています。

Corporations that have more power than some nations, control much of what happens and what is seen at the games.
現地で試合のある場所に行くと、どこかの国家よりも巨大な力を持つ大企業が、
そこで起こることや、私たちの目に入ってくるほとんどの物事を支配しています。

Propaganda and greed are obvious to everyone.
それが宣伝活動と欲であることは、誰の目にも明らかです。

What does this say about us?
これは、私たちについて何を語っているのでしょう?

What have the people of Earth become, that they allow such a situation to exist?
地球の人々が、どうやってそのような状況が存在することを、許し続けているのでしょうか?

Yes, there are those who say having the games is better than not having them.
そうです。ある人々は、試合がある方が、ないよりもいいというのです。

I agree.
私もそう思います。

But, look at the intense protests about the environment and Native American Rights, which have been going on for months.
しかし、そのために自然環境を破壊したり、先住民の権利を無視することについて、
強烈な抗議行動が、もう何ヶ月も続いているという事実を見て下さい。

Look at the actions of the Canadian government to stop anyone from speaking the truth about the pollution, the environmental damage coming from the games.
試合それ自体から発生する、自然環境へのダメージや人間の身体への有害な影響について、
真実を話そうとするどんな人をもストップしている、カナダ政府の行動を見て下さい。

You haven't heard about this?  You haven't seen it?
このことについて、聞いたことがないですか?見たことがないですか?

It's because the corporations and those in control don't want you to.
それは、大企業やそれら支配している側が、あなたに知って欲しくないからなのです。

So, it's blocked from the TV news, it's hidden from the newspapers.
だからそれは、テレビのニュースからブロックされており、新聞から隠されています。

Is this the world you want?
これはあなたが求めている世界でしょうか?

It's because the world has lost its true, natural spirituality, its goodness, that we find ourselves in such a situation.
それは、世界がその真実、本質的霊性、その善性を失ったからであり、
私たちは自分自身をそのような状況の中で見つけます

In the West, we have a saying: "What you don't know, won't hurt you."
西洋では、このような言い習わしがあります。
『あなたの知らないことは、あなたを傷つけない。』

It's a lie.
それはウソなのです。

Another saying, "Honesty is the best policy," is how I try to live.
別の言い習わしに、『正直は最良の策』というのがあり、
これが私が生きようとする道です。

James


| 年中行事/Annual Event | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.awakenature.org/trackback/165
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode