日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

The Challenge Of Life:人生の挑戦
The Challenge Of Living
人生の挑戦


The world today is insane.
今日の世界は、狂っています。


People pretend the direction of the world cannot be changed.
人々は、世界の方向性を変えることができないというふりをしています。


Daily life seems to be a never-ending set of problems.
日常生活は、果てしなく続く問題の山積みであるかのようです。


But is this really true?
しかし、それは本当でしょうか?


There are many people who are rich, and seemingly in control of many aspects 
of the world.
億万長者で、あらゆる世界の局面でコントロールしているように見える人々がたくさんいます。


Yet we can easily see how out of control the world is!
それでも、世界がいかに制しきれないものであるかは、簡単に見てとれます。


Religion, politics, business and the military have not made the world a better,
or safer place.
宗教、政治、商業、そして軍事は、世界をより良く、安全な場所にはしてきませんでした。


Why? Because people like you and me have not faced the actual challenge 
of living.
なぜでしょう?
それは、あなたや私と変わらない人々は、人生の実際の挑戦に向き合って来なかったからです。


What can an individual do under such circumstances?
そのような環境の下で、個人として、私たちは何が出来るでしょう?


In terms of the world, and people's behavior, very little.
世界に関して、そして人々の振る舞いに対して・・・ほとんど何も出来ません。


Does that mean society is doomed to self-destruction?
それは、社会が自己破壊へと運命づけられたことを意味しませんか?


Not at all!
いいえ、そんなことはありません!


The challenge of living is not an accomplishment.
人生の挑戦とは、『何かを達成すること』ではありません。


Simply, it is the quality of presence one brings to this moment.
それはシンプルに、人がこの瞬間にもたらす実在の質を指します。
実在とは、今ここに在ること、考えにも”私”という概念にもとらわれず、
スペース(源)として存在することです。


One of the 20th Century's greatest teaches of presence was J. Krishnamurti.
実在に関する二十世紀の偉大なる教師のうちの1人に、ジッドゥ・クリシュナムルティがいました。


The heart of his teaching is one of the best expressions of the challenge of
living we have today.
彼の教えの核心は、今日私たちが持つ生きる上での挑戦を、この上なく表現しています。


Here are some of his words on this subject...
この課題に対して語られた彼の言葉があります・・・


"Truth is a pathless land.
『真実は、道のない大地である。』


"Man cannot come to truth  through any organization, creed, dogma, priest
ritual, philosophy or psychology."
どの組織、教義、信条、宗教上の儀式、哲学、あるいは心理学を通しても、
人は真実に至ることはできない。


Man must find truth through the contents of his own mind, through the 
mirror of relationship, through observation, and not through analysis or
introspection."
人は、その人自身の思考の中身を通して、人間関係の反映を通して、観察を通して、
真実を見つけなければならないのであって、
分析や解析、内省し考えることを通してではない。


"Man has made images of himself for security. Religious, personal and political images manifest as symbols ideas and beliefs."
人は安全のために自分のイメージを作り上げる。
宗教的、個人的そして政治的イメージは、考えと信念の象徴として表される。


"These images dominate man's thinking, relationships and daily life."
それらイメージは、人の思考、人間関係、そして日常生活を支配するのである。


"These images are the cause of our problems, because they divide us from
ourselves and each other."
イメージは、私たちの問題の原因なのだ。
なぜなら、イメージは私たち自身を、そしてお互いを分割するからである。

--------------------------------------------

What is the essential meaning of these words?
クリシュナムルティが発したそれらの言葉の本質的な意味は、何でしょうか?


To live in the moment without bringing ANY of the past or future into it.
どのような過去、または未来も、実在へと持ち込むことなく、
この瞬間に生きることです。


To live in the moment free of thought and identity.
どのような考え、アイデンティティからも自由な、この瞬間を生きることです。


To live in the moment as you truly are.
本来のあなたとして、この瞬間を生きることです。


One must be absolutely passionate and committed to this question.
人は、この質問に対し、完全に情熱的に、身を捧げなければいけません。


Only the truly dedicated, can meet the challenge of living.
真に献身的な者のみが、人生の挑戦に出会うことができるのです。


James

*写真は、オハイにあるクリシュナムルティのアメリカ財団の敷地内にあるオレンジ畑。
この敷地は、クリシュナムルティが存命中に暮らしていた住まいで、
現在は、人々に図書館や資料館として解放され、
ダイアローグやワークショップが催されています。              禮


| クリシュナムルティ/Krishnamurti | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode