日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

Rooster Incident/ ルースター事件
このところカリフォルニアは、雨が降ったりして、グッと寒い日があったかと思うと、突然暖かくなったりしています。
Recently, in California, we sometimes have rain and the temperature gets really cold, or we suddenly have very warm days.  

飼っている鶏の餌やりや小屋の掃除、
一日を終えて、鶏がみんな小屋に入っているのを確認し、小屋の戸の鍵を閉めたり、
鶏の世話をしているのは、主に私で、鶏の様子を良く観察していました。
Mainly I take care of chickens: the feeding, cleaning, and at the end of a day, I make sure all chickens are in the coop and I lock the door. So I tend to observe them very well.

うちには二羽の雄鶏と四羽の雌鶏がいて、ヒヨコの時には、みんな一緒で全く平和だったのですが、
身体が大きくなってから、エサを奪い合ってつつき合ったりするようになりました。
それも初めは、雄鶏どうしの間で始まったと思います。
We have 2 roosters and 4 hens. At the beginning while they were the chicks, everybody was peaceful and happy being together. But as they grew up, they started pecking each other over food. I think it started between the two roosters.

成長期の頃の雄鶏は、一羽がもう一羽に比べて、明らかに小ぶりで、
大きい雄鶏がとても幅を利かせていたので、
その小さい雄鶏が、エサにありつけなかったり、
また身体が小さいことで、丸々として素早い雌鶏の上に上手く乗っかることができず捕まえられないで、
彼が苦労しているのを、私は見てきました。
During their growth, one rooster was obviously smaller than the other one. So the bigger rooster was always the leader. The smaller rooster couldn't get the food and couldn't get hens. I'd been seeing him struggling.

だから、彼が落ち着いて食べられるよう、エサの皿を二カ所に分けて置き、
食事中は、雄鶏たちが別々でいるようにしたりしていました。
I started putting two dishes separately. During breakfast, the two roosters were in separate spaces so both of them felt safe while they were eating.

小さな雄鶏は、子どもの頃から私の周りにまとわりつくようなところがあって、抱く機会が多かったので、
私は余計に気にかけていましたし、
大きくなってくると、一羽だけ抱き上げたりすると、もう一方が嫉妬したりして、降ろした時に喧嘩に発展することもあり、あまり抱かなくなってしまったのですが、
小さい雄鶏がそばにいるのを、私は可愛いと思っていました。
The smaller rooster tended to be close to me, so I had more chance to hold him, and that led me to pay more attention to him. But when they were grown, if I picked up one, the other could be jealous, so when I dropped that one, they would start fighting. So recently, I'd rather let them be on the ground, and avoid holding either. Yet, I felt lovely when the smaller rooster was around me.

最近は、小さい雄鶏もだいぶ身体が大きくなり、
大きな雄鶏とほぼ変わらないぐらいまで、大きくなってはいましたが、
やはり鶏社会の地位というのは、いったん身体の大きさなどで条件づけられてしまうと、変わらないものなのかもしれません。
Now, the smaller rooster is almost the same size as the bigger one, but in the chicken society, once they set the hierarchy, I assume, maybe it's difficult to change.

加えて、動物のオスの本能として、
縄張り争いもあったのだと思います。
In addition, there is a issue of the territory I guess.

ジェームズが子どもの頃、家族でチャボを野放しで数羽飼っていました。
チャボは、他の鶏の種と比べ小ぶりで、その時オスは三羽いたそうなのですが、
その時の三羽は、野外で自由にしていたせいか、一緒にいて全く問題がなかったということでした。
When James was child, his family had several Bantams in their yard. The bantams are smaller than regular chicken size. They had 3 roosters at that time, and all of them were free-ranged so they didn't fight even if the roosters were always together.  
 
今うちにいる鶏は「レッド・スター」と言って、身体は通常の大きさまで成長し、
とても飼いやすく、大きなタマゴを産む種類として知られていて、人気があります。
Ours are called "Red Star" which is a regular size chicken. They are very popular because they are easy to manage and lay big eggs.

うちの雄鶏は、成長してから、絶えず雄叫びを上げていて、
夜中の1時とか2時とかから鳴くことも、しょっちゅうでした。
うちのエリアは、隣り近所まで少し距離があり、
また他にも鶏を飼っている家があるので、
うちの雄鶏の雄叫びで苦情を言う人は、幸い、今のところいないのですが、私は気に病んでいました。
Our roosters had been crowing all the time, like they started at midnight, 1 or 2 am. In our area, neighbors are pretty far and there are neighbors who keep roosters, so I felt lucky that no one complained to us yet, but I was worrying.

毎朝、私がエサを持って現れると、鶏は素早く察知して、集まってきます。
小屋の入口を開けると、雄鶏は「エサをくれ!」と母鶏に甘えるようなつもりで、私の長靴をつつくのですが、
それだけではなく、鶏が足下に集まり過ぎて私が先へ進めないような時に、長靴で保護していない足の部分をつつかれることがあり、困りました。
Every morning, when I appear with the food, the chickens feel me quickly and get together at the door. When I open the door, the rooster would peck my leg like I'm his mother and it's the sign of his dependency. I wear the long rain boots to cover my legs, but sometimes he pecks my bare leg at where its not covered with the boots, which I didn't like.  

ジェームズは「鶏を足であしらって、追い払えばいい。」と言っていたので、そうしていたのですが、
ある時、ジェームズと小屋へ向かった時に、彼が過剰に小さい雄鶏を足で追い払いました。
James told me "You can use your leg to cast out the rooster." So I did. One day, James and I went to the coop, and the smaller rooster came to James, then James used his leg too much to cast out the rooster.

それがきっかけかどうか、わからないのですが、
翌朝、私がエサを与えて、みんなが食べ終える平和な頃、
私が小さい雄鶏に何もしていない時に、小さい雄鶏はいきなり飛びかかって来て、異常なほど攻撃してきました。
I'm not sure this was the cause, but next morning, after all chickens got the food from me and there was no problem, the smaller rooster got seriously aggressive that he continuously jumped onto my leg and pecked me really hard.

明らかに通常のつつき方とは違い、異様な剣幕で、
しかもつつかれた場所は長靴でガードされていなかったので、すごく痛く、
恐ろしさのあまり叫びましたが、彼は攻撃を止めません。
His mental state was obviously abnormal, extremely aggressive. Where he pecked my leg was uncovered by the boots, so it was seriously painful. I screamed. But he didn't stop it.

パニックになっていたら、大きな雄鶏が来て、小さい雄鶏に飛び蹴りを加え、攻撃を阻止してくれました。
二羽と私の三者の間に、緊張が走りました。
私はこれ以上攻撃されないよう、そおっとランから脱出しました。
I was panicked. Then the bigger rooster came and jumped on the other to protect me from the attack. Among us, there was a strong tension in the air. I carefully and slowly got out from the chicken-run wishing that I wouldn't get his attack anymore. 

痛手はかなり大きく、つつかれた後が青紫に腫れ上がりました。
もう二度とつつかれたくないと思うと、エサをあげにいくのが恐くなるほどです。
The scars were pretty serious. I got purple-blue bruises and they were swollen. I got a little traumatized by it, so I was afraid of going there and feeding them.

翌朝・・・
小さい雄鶏が私をめがけてやってくると同時に、大きな雄鶏が来てくれて、私は幸いにも、彼に攻撃されずに済みました。
そして、私はエサを無事に与え、小屋の掃除を終えて、その後出かけたのですが、
帰って来たら、ジェームズが「ルースター事件」があったと言うではありませんか。
Next morning, when I opened the door and the smaller rooster approached me, the bigger one came! So I didn't get the attack. I could feed them and cleaned the coop peacefully. And then, I went to the school to attend the classes. When I came back home, James came to me and said "There was a rooster incident." 

小さい雄鶏は、私が去った後にも、もう一方へ喧嘩をふっかけ続けたそうです。
大きな雄鶏は、その喧嘩を買わないよう、ずううっと忍耐強く、大人しくしていたのですが、
ついに小さい雄鶏が大きい雄鶏を、小屋の一角へ追いつめたらしいのです。
According to James, the smaller one kept attacking the bigger one after I left home. The bigger one trying to keep his calmness, but when the smaller one pushed the other one in a corner, a fierce quarrel broke out!

それが、大きな雄鶏の堪忍袋の緒が切れた瞬間でした。
それ以来、二羽は激しい闘争モードに入ってしまい、流血して、頭部と首、肩の辺りが真っ赤になるほど傷つけ合いました。
ジェームズが駆けつけた時には、大きな雄鶏が小さな雄鶏の身体を地面に押さえつけ、彼の左の翼をつかんで足で踏みつけ、腕をへし折ろうとしていたそうです。
(*余談ですが、鶏の腕は翼ですし、手や指もありませんが、相手の翼をつかむなんてことができるんですね。ジェームズの説明によると、そうだったらしいです。)
He strained the bigger one's patience to the breaking point, then both got seriously mad at each other. They went in a bloody battle mode and hurt each other so their heads, necks, and shoulders were bloody. When James went there, the bigger one held the other one down and grabbed it's wing, trying to break it. (*By the way, chickens don't have hands or fingers, but he could grab the smaller rooster's wing!! I was amazed!) 

ジェームズは急いで、組み合っている二羽を引き離し、別々の空間へ分けました。
James immediately separated them, and put them into seperate spaces.

それからヒヨコの購入元と、オンラインで自家用鶏を飼う人たちが集まるウエブサイトを運営している団体へ電話を入れ、
この先どうするべきか、アドバイスを求めました。
He called the farm where we originally got our chicks and the website where people who have chickens in their backyard would talk about how to take care of them, and asked about how to deal with this issue. 

雄鶏がこのような攻撃性を持つことは、かなりよくあることだそうです。
また雄鶏二羽は、雄鶏四羽に対して、明らかに多すぎるということでした。
うちの鶏が動き回れる面積(チキン・ランの面積)からしたら、あと二羽ぐらいは、雌鶏を増やしても全く問題ないだろうという話しでした。
例えば雄鶏一羽に対して、雌鶏が十羽いると、雄鶏の攻撃性はかなり激減し、大人しくなるそうです。
For roosters, they say it's very common that they could get such aggressiveness, and the ratio of 2 rooster for 4 hens is not good. With the space we have for chickens, we can get 2 more hens easily. For example, for one rooster, we could have 10 hens, so the rooster's aggressiveness would be dramatically reduced and he'd be vary calm. 

雄鶏は、しばらく別々にしておけば落ち着いて、稀にまた一緒にやっていくこともできるかもしれないけれど、
大抵は一方が死ぬまで攻撃し続けることも、十分あり得るという話しでした。
一羽、あるいは二羽とも処分するよう、勧められました。
(ちなみに、彼ら鶏の専門家によると、レッド・スターのオスはとても美味しいそうです!)
Sometimes, in a rare case, after we separate the roosters for a while, they might be OK being together. But mostly, it won't happen, or one will attack to the other until the other dies. So they recommended to us to get rid of at least one. (By the way, according to them, if we eat Red Star roosters, they are very delicious!)

そういうわけで、ジェームズは私が外出している間に、鶏を食肉として捌いてくれる場所も見つけました。
その場所は、うちからだいぶ離れていて、しかも捌ける人(ブッチャー)は今遠出していて、
来週の月曜日にならないと帰ってこず、詳しい問い合わせは、今はできないということでしたが、
ブッチャーへ連れていく際には、その鶏に丸一日エサを与えないようにということでした。
However, James found a butcher while I was in school. That place is far from our home, and the butcher is out of town until next Monday, so we couldn't talk more details with him. But the farmer told us that not to feed the rooster all day before we take him to the butcher.

・・・というわけで、しばらくは雄鶏は別々にしておかなければならなくなりました。
Anyway, we had to separate two roosters into each place while they were with us.

大きな雄鶏は他の四羽の雌鶏と一緒にしておきましたが、
小さい雄鶏は一人きりで、昼は狭い小屋の中、夜はシェルターも赤外線ランプもないランへ置いておかなければなりませんでした。
We put the bigger one with 4 hens together. But the smaller one was always alone in a small coop during daytime and in the run during cold night where there is no shelter and no heat lamp.

しかも水やりも餌やりも、すべてが二倍の手間になってしまい、
その上、どんなに別々にしておいて、もう大人しくなったと思っても、
試しに二羽を一緒にさせてみると、また戦い始めてしまいます。
I was bothered that now my work became twice with watering and feeding. Also, even they were separated long enough to get calm down, yet if we would try them to be together, they still fight!!

ジェームズは、ブッチャーが遠出先から帰って来るのを待つ間にも、小さい雄鶏を殺さないで済む方法を模索し、
鶏を飼っていて手放した知人に、連絡を取ったりしていました。
James was still looking for another way not to kill him while we were waiting for the butcher to come back, he contacted with one acquaintance who had chickens and let them go. 

その知人の勧めで、個人売買など、あらゆるローカルな情報を載せているウエブサイトに広告を載せてみることにしました。
私も雄鶏で気が病んでいた時に、もう譲ってしまおうと考えて、これらのサイトを見てはいたのですが、
私の観察した限りでは、タマゴを産む雌鶏ならまだしも、雄鶏を欲しがる人はすぐに現れない様子でした。
でも今は、そんな悠長なことを言っている場合ではありません。
That person recommended to put the ad on craigslist. I knew, since I noticed that having roosters is too much for us, I was checking those ads in the internet to see how quickly they will be taken. Not so soon, according to my research. But now, our situation is so critical, I'd just try it! 

3〜4日もこのような状態が続き、しかも夜に相当冷え込みが厳しくなると、小さい雄鶏が哀れで、早く引取先を見つけてあげたいと思い、
二つのウエブサイトに「雄鶏を無料で譲ります。」という広告を出しました。
Especially we had 3~4 nights that were seriously cold for chickens, I felt sorry for the small one. I really wanted to find a new home for him. So we put 2 ads in 2 websites saying, "Free Rooster!" 

それが先週の金曜日。そしてなんと、土曜日の深夜に「まだ雄鶏を持ってますか?」という問い合わせのメールをもらいました!
翌朝、日曜日、その方に連絡を入れると、引き取りに来てくれるという話しになり、
その日の午後、ついに小さな雄鶏は、彼女の段ボールに入れられて、もらわれていきました。
That was last Friday. Surprisingly, Saturday night, we've got an e-mail asking "Is your rooster still available?" Next day, Sunday morning, we called her and she said, "I will be there this afternoon." So she arrived and got the smaller one in the box.

その後・・・鶏の生活に平和が戻りました。・・・というよりも、
以前にもまして、全体に鶏が大人しくなり、
特に大きな雄鶏は、そんなに四六時中鳴かなくなりました。
今まで雄鶏二羽の生活が、みんなにとって、とてもストレスフルだったことに気がつきました。
After he was gone, our chicken's life got really calm and peaceful, more quiet than ever! The bigger rooster won't crow so often like before, so we knew that two rooster being together was too stressful to everybody.

「雄鶏を二羽一緒に飼ってはいけない。」・・・いい勉強になりました。
"Don't get two roosters together!!!" It was a good lesson for us.

*下から2番目の写真は、闘争中に負った頭部の傷が黒いかさぶたとなり、無惨な姿の小さい雄鶏。もらわれていく直前の写真。最後の写真は、まだまだハッピーだった頃のもの。
*The picture second from the bottom, is the smaller rooster that after the fight, his scars on the head became block crusts, he looked miserable. The last picture is the early time of him being much happier.

禮 Ray

JUGEMテーマ:鳥が好き!

| 雑記/Diary | 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
日本から戻ってきて
日本に約一ヶ月滞在しましたが、アメリカに戻らねばならず、オハイへと帰ってきました。

震災以来、アメリカからは、日本が実際どうなっているのかがわからなかったので、
帰る前は、正直恐かったのですが、
自分が実際に日本にいて、実感できたのは、とても良かったです。

自分が愛している住まいに戻ると、建物の造りが自分の身体のサイズに合っていて、とても心地よかったです。
食べ物も、どんなものを食べても、本当に美味しかったです。

自宅では、基本的に玄米、納豆、豆腐を食べていました。

それからアメリカから、タンパク質のパウダーや、ウィートグラス(小麦の若葉)の錠剤、
基本栄養素がパウダーになって摂取できるものや、ヨウ素を持参していました。

普段こんなものは摂らない派なのですが、日本の事情がこれほど変わってしまったので、
本来は摂らないものも、急遽、摂る発想になりました。

これらとバナナ、紅茶に豆乳とお砂糖などで、甘味を摂ってました。

それから、友達と一緒に外食する時は、そういうわけで、何でも喜んで食べました!
ビールも、アメリカでは飲むことがほぼないので、喜んで飲んでました!!

私は生まれてからずっと、アレルギー性鼻炎を患っていたのですが、
大学で京都に引っ越した時を境に、環境が変わり、
身体を健康にしたくて、食べ物に気を付けたり、いろいろなことをしているうちに、克服しました。

それ以来、鼻はとても状態が良かったのですが、
今回日本で、最初の2〜3日は、鼻の調子はよくありませんでした。
水のような鼻水がたくさん出てきました。その症状が、4〜5日するとなくなりました。

他には、一時的に身体がだるかったり、喉が痛かったりというのがありましたが、
今は異常はありません。


久しぶりに友達に会えて、おしゃべりしたり食事をしたり、
いろんなイベントで、新しい場所に行ったり、
方向性の近い人たちとのつながりができたり、輪が広がりました。

そして、身内に会うこともできて、ひとまずホッとしました。

みんなと一緒にいると、動きたくても動けないというのもよくわかるし、
でも、心配は尽きないだろうし、
私たち両サイドの心の中で思うことは、いろいろあるんだけれど、

アメリカでも104基も原発があって、現在3つの原発が怪しいようなニュースが流れていて、
こちらでも、詳細はよく伝えられないままになっています。
もしかしたら、事故が起こってても、報道してないのかもしれないし。

こちらで何かあったら、私もその時は動けないと思います。

何が起ころうと、後悔しないように、自分の道を行くしかないのだなあと思いました。










この写真は、日本へ着いた翌日、初めて外へ出た時に、
頭上の太陽の周りに出ていた二重の虹(の一部)と裏山に住むとんび。

                                            禮


| 雑記/Diary | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
The Gardening 2:初めてのガーデニング2
麦わら帽子を被り、手袋をして、作業していますが、
屋外の活動は、体力を奪います。

あまり長時間、あまり根をつめすぎると、
クタクタになってしまうので、
毎回やり過ぎない程度で、作業に区切りを付けます。

それでも、着々と畑が出来てきました!

(写真左は、地を這うキュウリ:
ストレート8の苗を植えるところ。)

今、ベッドを二つ、自分の区画の両端に置いて、

一つ目のベッドでは、トマト(3)、なす(3)、ピーマン<ししとうかも?>(1)を、
二つ目のベッドでは、地面を這うキュウリ(3)、日本のキュウリ(1)、いんげん(6)、かぼちゃ(1)を、
育てています。

虫に食われてしまうので、
牛乳を吹きかけてみましたが、

アブラムシ駆除効果だけでなく、
ここの虫(何だか正体が分からないのですが・・)にも、
効果があるようです!!

牛乳なら、人間の飲み物なんだから、
オーガニックで安全だし・・・
ということで、
たまに吹きかけています。

また、二つのベッドの間のスペースは、直に耕してみました。(写真奥の茶色い部分)

馬糞コンポスト、マッシュルームコンポスト、ソイル・ブースター(活性化を手伝う土)、バルク(小さく刻まれた樹皮)を、ミックスしています。
ゆっくりと混ぜていきながら、何日か経つのも、土の準備としては、いいみたいです。
たまに軽い雨が降ったりして、マッシュルームコンポストの塩分が抜けるのを、期待します。

リズは、私たちの仲間で、
ダブル・ディッギング(Double-Digging) という、
深く耕す直植えのやり方に取り組んでいます。

この間、彼女の区画の地中深くから、大きな岩が現れて、
みんなの天使、キースとトニーが大奮闘して、掘り出していました!!

うんともすんとも動かないので、
岩を割って、小さくして、扱いやすくしていっても、
まったく地中から出て来ようとしません。

でも、割と思うように欠ける、
とても加工がしやすそうな岩でした。

そして、その傍からは、
インディアン・ロック(Indian Rock) が、出てきました!

昔、ネイティブアメリカンがそこに住んでいて、テーブルになるような岩の上で、
木の実をつぶしたり、料理や作業をしていた形跡があるのを見つけることがあるのですが、
今回のインディアン・ロックとは、日本で言う『すりこぎ』の役目をしていた岩のことです。

ちょうど手に収まる、
とても柔らかい形をしています。(写真右)

手の大きな人用に、
もっと大きくて、柔和なラインをした、
縦長の形の岩などもあります。

たぶん、この地中に埋まっている大きな岩は、
当時、この辺に住んでいたネイティブアメリカンが使っていた
テーブル(作業台)だったに違いないと思いました。

トニーが話してくれたのですが、この辺で、矢じりなどもたくさん出てくるそうです。
よく気をつければ、ここが彼らの生活の拠点だった形跡を見つけることは、よくあります。

こちらで暮らすようになって、彼らのことを考えることがよくあります。
アメリカの歴史は、昔から今に至るまで、暴力(略奪と殺戮)の歴史で、
今だにそれについて、ここの人々は直視していません。

その上、昔から果てしない数の移民がどんどんやってきて、この土地で一緒に暮らしているので、
問題がさらに複雑になっていくように見えます。
政府が、他国へ武力干渉していることも大問題ですし、国内でも、多様で深刻な問題が、人々の生活の間で山積みです。

少なくとも、今の私にとって、
ガーデニングは、大きなヒーリングです。

植物の成長を見守っていくこと、
土地を耕すこと、
小さいながらも、区画を好きなようにデザインしていくことが、
楽しくて、たまりません!

そして、作業の合間の静かな時間・・・。



二つのベッドの間に作った、二つの直植えブロックのうちの一つに、
寄付でもらったトマト3種類(計6本)と、花(いただいた鉢から)の移植を済ませました!
                                              禮

JUGEMテーマ:家庭菜園

| 雑記/Diary | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
日記をつけ始めようかと思っています。
確か中二の頃だったと思うのですが、
たまたますごく可愛いサンリオのキツネのノートを見つけて、
(*サンリオ=女の子の人気キャラクターブランドです!)
その頃毎日、日記を書いていました。

それ以来長いこと、それが私の最高の楽しみでした。

その当時の我が家は、物理的にも精神的にも崩壊していて、
私は、私立に通っていたので、友達は皆遠いところに住んでいて、
校内で学校の時間内には、どうにも話しきれなくて、
でも学校を出ると、校則でどこにも寄ってはいけなかったため、
思う存分、悩みを話せるような場所がありませんでした。

それで、家に帰って、そのノートのキツネに話しかけているような感じで、
山ほど日記を書いていました。

夢中になって書いていて、かなり楽しかったのを思い出します。

それから何十年もして、記録することに全く興味を持たなくなってしまってからは、
時に、自分の気に入った言葉を書きとめるメモは作ったりしましたが、
それもしなくなって、もうだいぶ経ちます。

今の生活はかなりストイックで、
朝、一定の時間に起きて、家族と過ごした後は、ずっと机に向かっています。

ここで暮らしていると、日本の時のような友達との交流もなく、
身の回りに日本の娯楽もないので、
この間夜中に、Youtubeで山口百恵ちゃんとかユーミンの昔の歌を聴いていたら、

ふと、この当時も、話す相手がいなくて、
こうして一人で悶々としていたこと、
日記をつけて解消していたことを思い出したのです!

それで、今日は可愛い(特別気に入るような)ノートを見つけに、
久しぶりに買い物へ行こうと思っています!!

そんなことを思いついたら、昨夜興奮して、一睡もできませんでしたー!!

禮子





There is no self, the way thoughts tell you. So, we must all let the "thinker" die to this moment of eternal change.
考えがあなたに話すような在り方では、自己は存在しません。
ですから、私たちは思考の中の“考えている人”をすべて、
永遠に変わり続けるこの瞬間へ向けて、葬らなければなりません。


Then, we will discover how and why we are the changeless perfection in the heart of everyone and everything.
そうして初めて、私たちは、
どのように、そしてなぜ自分たちが、すべての人とすべての物の心の中の
その不滅なる完璧さであるのかを発見することでしょう。

Change yourself, heal the world. 
あなた自身を変え、世界を癒しなさい。

Love yourself, heal all fear.
あなた自身を愛し、すべての恐れを癒しなさい。

Believe in yourself, heal humanity.
あなた自身を信用し、人間性を癒しなさい。

Trust your selfless truth, and know infinite safety. 
あなたの無私なる真実を信じ、また無限に安全であることを知りなさい。

Give unconditional patience and compassion, then receive the certainty that you are unconditioned patience and compassion, yourself!
無条件の忍耐と慈悲を与えなさい。そうして、
あなた自身が、無条件な忍耐と慈悲であるという確信を受け取りなさい!

How do I know this? Because, precious one, I know your heart of perfect goodness.
どうやって私はこれを理解するのでしょう?
なぜなら、私は完璧な善である、あなたの心を知っているのです。かけがえのない人よ。

As you are, so am I. 
あなたが善であるように、私もまた善なのです。

I have lived forever, through many, many lives. I remember you there, too.
私は、たくさんの、たくさんの人生を通して、永遠に生きます。
私はそこで、あなたのこともまた、思い出します。

Don't forget, thoughts will not give you the knowledge you seek. To know the truth of what I say, you must be very still, silent and feel so much joy and love, it fills the universe.
忘れないで下さい。考えは、あなたが求めている知識を、あなたに与えてくれることはありません。
私が言ったことの真実を知るためには、あなたは、とても静かで止まった状態でいなければいけませんし、そして大きな喜びと愛を感じ、それが宇宙を満たします。

Your mind will try to react to it this joy and love. Your emotions will try to hold it all, but it can't. Don't even try!
あなたの思考は、この喜びと愛に反射的に反応しようと試みるでしょう。
あなたの感情が、それをすべて抱えようと試みるでしょうが、それはできません。
試みることすらしないで下さい!

How can you possess what you already are?
どうやって、すでにあなたであるものをつかみ取ることができますか?

Give all this selflessly to everyone equally, and I promise, you will remember your true self, and me.
このすべてを無私無欲に、すべての人に等しく与えなさい。
そして、お約束します。
あなたは、そうしてあなたの真の自身、それから私を思い出すでしょう。

James

JUGEMテーマ:日記・一般

| 雑記/Diary | 03:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝の散歩
画像


(写真は、2月6日箱根で撮りました。)

今朝は、近所を一周してきました。

寒い中、楽しそうにおしゃべりしながら学校に通う子供たちを、追い越し、
山に入って、霜柱を踏み踏み、
細い川や、水たまり、岩の上の水はすべて、凍っています。

小さい鳥が、枝から枝へ、

そして、姿は見えないけれど、ちょっと大きそうな動物の、
”ガサッ!”・・・っという音・・・。

山の上には、お寺があるので、そこで一休みして、戻ってきました。

帰ってきて、腹筋。パートナーのDCとともに、

私は、105回。DCは、110回。

さて、今日は、どんな一日になるでしょう{%exquesmark%}

Mrs Fur
-----
| 雑記/Diary | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
節分
画像


私の住んでいるところは、人も車もあまり通らないので、雪がそのまま積もります。

今日は、町の真ん中にある、亀ヶ岡八幡宮では、節分祭が執り行なわれました。

私たちは、時間内にたどり着けなかったのですが、

社務所にて、福豆を分けていただきました{%ureshii%}

-------
| 雑記/Diary | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode