日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
鶏が成長するにつれ、鶏小屋が狭くなってしまい、
『チキン・ラン』というスペースを、追加で拡張しました。
犬を運動させるためのスペースとして、「ドッグ・ラン」というのがありますが、それの鶏版です。(笑)
As our chicken grew, our coop got smaller for them. So we needed to add extra space for the chicken run. We hear "Dog run" very often as a space for dogs to run, so "Chichen run" is the same for chickens! 


市街地に住んでいる場合、家の敷地を完全に高い塀で囲って、その中で鶏を放し飼いにするのも可能かと思うのですが、
我が家は山が近く、
鶏を襲う野生動物(コヨーテ、鷹、アライグマ、ヘビ、ネズミなど)がいたり、
(写真左は、台所の外に置き去りにされた猫のエサを、
夜中に食べに来ているアライグマ。)
また、ご近所さんが放し飼いする大型犬がウロウロしており、フェンスで囲わなければなりません。
If we live in a residential area, and surround the property with high walls, we would be able to have free-range chickens loose in the garden. But our property is very close to the mountains and there are many wild animals like coyotes, hawks, raccoons, snakes and rats. (the picture above is of the raccoons who came to get our cat food outside of our kitchen door, at midnight.) Also our neighbors release their big dogs all the time, so we need to have a fence around the chicken run.

隣町にある大型チェーン店 Lowe's は、住宅のリフォームや庭作り、材木や家具、電化製品や道具など、
大掛かりなプロジェクトのための材料が、何でも揃っています。
そこで、組み立て式のドッグ・ラン(犬小屋)が売っていたので、それを注文しました。
Famous chain store "Lowe's" has almost everything to improve your home. We ordered a "Modular Panel Kennel" by phone. 

1セットは、フェンスパネルが8枚で、全部組み立てると、10x10フィートの広さになります。
1枚のパネルの高さは、6フィート(約183cm) あります。(*1フィートは、約30cm。)
1面は、ドアとして出入りできるように作られています。
1 set is with 8 sections of fence, so the run will be 10x10, for 100 square ft. The height of 1 panel is 6 ft, and there is 1 panel which works as a door.

1セットが 約300ドルもするので、ジェームズは巻いて売られている丈夫な金網を買うことを考えたのですが、
地面に支柱をしっかりと埋め、金網を真っ直ぐに張るのも、大変な作業です。
1 set is $300. So James thought of buying a coiled hard wire. But sticking a pole into the ground firmly and covering the area with that wire would be very hard and difficult work.  

私は、自分たちの能力を鑑みて、簡単に組み立てられ、簡単に解体できる物の方が、
見栄えも良く、将来必要であれば取り外しもできて、いいだろうと思い、これにしました。
We considered our ability and then decided that the modular fence panel would be easy to build and to take apart for us, and it's also good-looking.

結局2セット購入し、
ドアとなるフェンスが二面あるため、
小屋の前のスペースは、
作業時などに鶏を誘導できるような小さいスペースとして仕切り、
その他の広い場所と区切れるように確保しました。
Finally, we got 2 sets. So there are 2 door panels. I made a second space in front of the coop that if we would like to keep the chickens for my work in the coop, without their disturbance. 

また、長いチキン・ランの一辺を支えたり、
空へ開いている天井部分に丈夫な金網を張るための支えとするためにも、
途中で何枚か、パネルを直角に組みました。
We put some panels on right angles towards the long side to support it. Those panels are also able to support the "ceiling" which is a long hard wire net. 

フェンスは二人で組み立てましたが、
本当に手軽で、作業が簡単に進みました。
裏庭は少し地面が傾斜しているのですが、
高くなっている方の地面を少し掘るなどして、
パネルを組んで建てるのに、
何とか大丈夫でした。
Two of us assembled the fences, and it was easy. We didn't take much time to do it. There is a gentle slope to our backyard, so we had to dig a ground a little bit to make sure the fence would stand up straight.

チキン・ランの中央は、木が立っていたり、枝葉が茂っていたりして、金網で覆えないのですが、
オープンスペースは、外辺に沿ってグルッと、天井部分を金網で覆いました。
In the central area of the run, there are trees, branches and leaves that can't cover the ceiling. The other area, which is open to the sky, is covered with a hard wire net.


ここまでの作業で、
一旦、鶏が逃げないような環境を作れたため、
鶏をフェンス内に放ちました。
At this point, we thought that we did enough work to keep the chickens inside, so we released them.

すると、もうみんな喜んで、
初めてのエリアで一気に植物をつつき回したり、
岩を登ったりと、
大変な冒険になっています!!
(写真右は、コロンコロンになって砂浴びしている3羽。)
They were very happy!!! They were pecking the leaves, climbing the rocks, they had adventures!! (the picture above is 3 hens having a dust bath.)

全体の作業を一気には進められなかったため、
一番必要とされている部位から手をつけて、何日かかけて進めて行きました。
We couldn't finish this project all at once, so we started the most necessary part first, and took many days to finish. 

隣家の敷地との境にあるフェンス(5フィート:約152cmの高さ)も利用しているのですが、
ある日、ここに雄鶏がとまってしまうということがありました!
たまたまジェームズが、家の中から雄鶏が飛び立つところを目に入れて、私を呼びました。
急いで現場に向かうと、残りの5羽が、フェンスの上で誇らしげにしている雄鶏を見上げています。
We also utilize the fence at the border between our neighbor and us, which its height is 5 ft. One day, one rooster jumped and perched on this fence!! James accidentally watched it and called me to come. I hurried up into the run, and there they were, the rest of the chickens were looking up the rooster who was very proud of himself.

(ああ〜・・・やばい・・・)と思っているうちに、もう一羽の、地面にいる雄鶏も刺激されて、
今にも飛び立とうとして、身構えています。
アッという間に、2羽ともとまってしまいました。
I thought (Oh My God!!!) Nevertheless, another rooster was stimulated and got ready to jump to the fence. In a split second, two roosters were on the fence.

下手に隣りの敷地へ着地されたら、取り返しがつかないことになります。
そう思うと、どうしたらいいのか途方に暮れましたが、彼らは雌鶏たちから離れないということに気づきました!
If they got into our neighbor's property, we had no confidence to get them back. Then I noticed that the rooster won't go far from their hens.

それで、雌鶏を確保していれば大丈夫だろうと考えていたら、
ジェームズがそっと雄鶏に近づいて、一羽を地面に落としました。
そこで、私がここぞとばかりに、
地面に降りた雄鶏と4羽の雌鶏を追い立てて、小屋へ戻します。
So I thought OK that if we could keep the hens in our hand. Then, James got closer to one rooster and dropped it on the ground. I immediately drove 5 chickens into the coop.  

幸い、彼らは結構大人しく、小屋へ戻ってくれました。(笑)
そうなるともう、残りの一羽は何もしなくても戻ってきて、無事に全員が小屋へ戻りました。
Fortunately, they went back to the coop soon. So the last rooster came back by himself without us doing anything.

それからは、その隣家との境もフェンスで囲わなければ、
鶏を放せない・・ということで、
ネットを買って来て、
大型の工事用ホッチキスで木枠に留め、
バレーボール・コートにあるネットのような、
一枚の長い壁状のネットをつくりました。
After that day, we needed to built a high fence on that side. We bought a soft net and attached it to the wood with a staple gun just like a volleyball net.

これを隣家との境のフェンスの延長として、鶏が飛び立てないほど高くそそり立てました。
これで、鶏がチキン・ランの外へ飛び立つこともないし、外敵が入ってくることもないと思います。
We put this long net as a extension of that fence to be high enough that they never fly over and we can prevent predators from getting in.

フェンスの色が銀色のため、
見栄えがあまり良くないのと、
光る物は天敵に攻撃されやすいということで、
これをこれから半年、
雨や風に曝して、
後ほどペンキで濃緑に塗る予定です。
The color of the fence is silver. This color doesn't give us a good-looking run and actually it attracts predators. So we will let the fence be in the weather for 6 months and let it rust a little bit, then we will paint it green.

Ray

JUGEMテーマ:鳥が好き!

| 身体の健康/Physical Health | 04:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
子宮摘出手術4:Hysterectomy 4
・その後の経過

The passage of the healing


手術当日の夜:

The night of the surgery day


モーテルに戻ると、痛くて痛くて、歩行もおぼつかず、

やっとのことで移動しました。

身体がショック状態にあり、

急に不思議な部位に激痛が走ります。

私の場合は、

鎖骨の下と肩の前面が、左右交互に強烈に痛くなることがありました。

5時間の手術中、私の上体を下げて執刀するために、胸を縛られていたので、そのせいかと思います。

When I came back to the motel, I had strong pain, so I could barely move to walk. My body was so suddenly in shock, each part had acute pain for no reason. In my case, severe pain was on each side beneath my collarbone and in the shoulder, one after the other. Maybe it's because my chest was tied onto the operating table during surgery.    


また、身体の内側で、内臓が新しいポジションに馴染むために、身震いのようなスパズム運動を起こすのですが、これが止められない上に、とても痛かったです。

この晩は、寝返りも打てず、ベッドの寝起きが大変でした。

Also, there was a spasm going inside of my body that I couldn't stop, because the organs were getting used to their new positions. It was very painful to me. That night I couldn't change my position while I was in bed. Getting up was also very very tough.


1日目+2日目:

Day1 & 2


ロサンジェルスから車で2時間ほどかけ、自宅に戻りました。

We drove back home from LA within 2 hours.


横隔膜のすぐ下、

左の脇腹から右の脇腹にかけて、

5カ所の切開部分があります。

深呼吸やくしゃみ、ゲップといった、

横隔膜を刺激するあらゆる動きを極力抑止していました。

それと、本来子宮があった部分、

身体の奥深くに肉を切られたような深い痛みがあり、

苦しみました。

There are 5 cuts under my diaphragm from left to right. 

I tried to suppress any stimulation of the diaphragm, like a deep breath, sneeze, or belch...and so on. And there was a deep pain where my womb had been, like my deep part of the flesh was cut. I was suffering.


実は、手術が最新の技術で身体に負担をかけないということで、安心しきっていたのと、

病院のナースからは、「身体が大丈夫なんだったら、なるべく動くように。」というアドバイスしかもらわなかったため、

安静にしていないで、日中動き回ってしまったため、後々ヒーリングが遅れることになってしまいした。

To be honest, I completely trusted this most advanced surgery which doesn't inflict heavy damage. The nurse told James "If she feels OK, let her move as much as she can." So I stayed out of bed, but got up and moved. Later, I felt this caused my healing to take a longer time.


2日目、3日目の晩:

The night of 2nd & 3rd day


痛みがひどくなったため、

病院でもらっていた鎮痛剤オキシコドンを服用しました。

この薬は、依存性があり危険(簡単にいうと麻薬)なので、

これ以上服用を続けられませんでしたが、

飲むと完全にノックアウトしてくれて、

強い痛みの中でも、身体がリラックスし、

すごく気持ちいいのです。

おかげで、この二晩でだいぶ快復しました。

My pain got stronger, so I took the pain medication called "Oxycodone," which is a narcotic analgesic, so there were only 2 given to me by the nurse. It knocked me out completely so I could relax and felt really good. Those 2 nights, my healing improved.


4日目〜5日目:

Day 4 & 5


その後、日本人の友人たちから、安静にしていることがとても大事だという有り難いアドバイスをもらい、

ずっと安静を保つようになりました。痛み止めはタイレノールを使いました。

My Japanese friends gave me a lot of advice. Especially, resting in bed is very important. So I stayed in bed all day. I was taking Tylenol as a pain medication.


8日目:

Day 8


部分的に強い痛みが続いていて、出血が増えていました。

ドクターにようやく連絡がつき、イブプロフェン(痛み+炎症止め)を処方してもらいました。

I was still partially getting strong pain, and the bleeding increased. We finally got the doctor on the phone, and he gave a prescription "Ibuprofen" (a pain and anti-inflammaitory).


9〜14日目:

Day 9 - 14


イブプロフェンのおかげで、だいぶ痛みが薄らいできて、少しずつですが、また起きられるようになりました。

14日目には、だいぶ家事もできるようになってきました。

出血もまだ続いていますが、量や色などを観察する限り、快方に向かっています。

With ibuprofen, my pain was getting less & less. I could get up from bed again. By day 14, I was able to do more house chores. Bleeding was still happening, but as I observed, the amount and the color was showing signs of getting better.   


3週間後:

Day 21


手術後初めて、

ドクターのチェック・アップがあり、

再度UCLAへ行ってきました。

やはり子宮頸部の快復が遅れていて、

念のために炎症と感染予防で抗生物質が1週間分処方されました。

体内で手術した様子を録画したDVDを郵送していただけるとのことで、お願いしました!

こういうところは、いかにもアメリカっぽいですね。(笑)

After my surgery, we went to UCLA again for the first check up with the doctor. My cevrcical healing was taking time, so he gave me a prescription for the antibiotic Flagyl for a week. He promised us that he will send the DVD of this surgery by mail. Being able to get our surgery video is very American!! 


4週間後:

Day 28


抗生物質を飲み終えた後で、出血が完全に止まりました。

また、手術した部位のヒキツレのような痛みがある時がありますが、

食欲も普通に戻り、日常の家事や車の移動などは、問題がないです。

After I had finished taking the antibiotic, my bleeding stopped. I still have pain at the cut, like cramps, but my appetite was back, doing house chores, riding in the car...and so on. All no problem. 


6週間後:

Day 42 


手術が行われた日から6週間後には、

入浴や水泳といった、すべての活動が解禁になります。

このまま何事もなければ、治療終了です。

Six weeks later, all activities (like swimming, taking a bath) will be OK. If there are no irregular symptoms, my treatment will be ended.


・まとめ

Conclusion


アメリカでは、手術後に「身体を大事にする」という概念が薄いように思いました。手術を終えて4時間後には、患者が自分でトイレに行くことを想定しています。

それに比べて、日本では「安静が大事」というのが、しっかり根付いていると思います。

これは二国間でだいぶアプローチが違うように思いました。

Compared to the U.S., the concept of taking care of the body immediately after surgery in Japan is less important. So 4 hours after surgery, they assume the client will go to the bathroom by themselves. On the other hand,"the most important thing after surgery is rest" seems to be deeply rooted in Japan. I felt those two approaches are very different.


<アメリカの良い部分>

・何でも自由に質問でき、どんな対応も考慮してもらえること。(例えば、すぐに退院させてもらえたりすること)

・最先端の医療技術を応用してもらえること。

<Pros about the U.S.>


・Any questions from the patient are welcome, and any suggestion will be considered, ie leaving the hospital on the same day of the surgery!

・They have the newest medical technology, knowledge, skills and medicines.


<日本の良い部分>

・手術後の身体に対する負担を考慮し、大事にすること。ケアが行き届いている場合が多い。

・費用が安い。

<Pros about Japan>


・They consider the difficulty of the surgery, so they take care of the client very gently. Deep consideration and love is often there.

・The Japan costs are considerably less expensive.


アメリカの医療で悪い点があるとしたら、やはり費用がかかり過ぎるということですね。

UCLAは、現金で支払う無保険の人には、毎回、支払い総額から30%のディスカウントがあります。

当日に退院したことも、負担を1/3軽くしました。

One bad thing about American medical care is the high cost. At UCLA, someone paying cash without medical insurance automatically gets a 30% discount. For me, I left the hospital on the day of the surgery, so it also helped to reduce the total cost by 1/3!!


手術後、睡眠中に見る夢が、

本当に色彩鮮やかで、リアリティーがあり、

目覚めても詳細まで思い出せるようになりました。

After surgery, my dreams became really colorful and very real. Now I can remember the details of my dreams after I get up.


また、手術前はあまり自覚していなかったのですが、

手術というのは(特に臓器を取るといった、大きな手術というのは)、人生生まれ変わるぐらい大きなことなんだと、悟りました。

これからもどんどん、身体が楽になっていくはずだとドクターから言われていますし、

すでに手術前までの苦痛は、ほとんどなくなり、本当に身体的にキビキビと動けるようになりました。

今、新たな人生を与えてもらったと感じます。本当に有り難いことです。

Before surgery, I was not conscious of surgery taking an organ as a life-changing event. But I felt born again. My doctor tells me that my body will be getting better and better, even now I already don't have the pain I had before, so I can do many physical activities with joy.   


子宮がなくなると、自分がどんな風に変化するのだろう・・・と、

手術する前は、大きな不安とともにいろいろ想像を巡らしては、あれやこれや考えていましたが、

私の場合は、自分自身の心理的、感情的な資質は何も変わっていないと思います。

特にネガティブな影響は全く出ませんで、痛みがなくなり、とても穏やかになったと感じています。

Before, I fearfully wondered how I'd change if my womb was gone. But I feel 

unchanged!! My mental state, my psychology, and my emotions are just as same as before. Especially, there is no negative effect from it, no pain and I'm regularly feeling peace.


私は昔から、様々な健康法やオーガニック食材に興味を持ち、東洋医学を学び、なるべく化学的な薬に頼らず、できるだけのことをして、西洋医学的な手段を取るのは最後と思っていました。

I've been interested in various ways of being healthy and organic foods and I've learned Oriental Medicine. I've avoided depending on chemicals and have thought that I'd be the last to depend on Western Medicine only after I did the best I can.


しかし、今ひどく痛みに苦しんでいる方、
でも子宮を摘出することを躊躇している方がいらっしゃったら、
私はこの手術をお勧めします。

これは完全に新しい人生です!

ジェームズの愛とサポートのおかげで、

これが実現したことに、本当に感謝しています。

However, I recommend this surgery to women who are suffering with pain, but hesitating to get rid of the womb, You will be totally OK, or much more than OK. It's a totally new life!! I could not have done this without my dear, loving husband!!


なんと言っても、本当に健康が一番ですね!!!

これからも、健康にできるだけ留意していきたいと思います。

そして、皆様の健康をお祈りいたします。

However, the most important thing is health!!! I want to be careful with my health, and I wish that all of you have a healthy life, too!!


Ray


*風景写真は、UCLAのチェック・アップを終えて、自宅へ戻る時のものです。

The landscape pictures were taken after the check up on the way from LA to Ojai.


JUGEMテーマ:子宮筋腫

| 身体の健康/Physical Health | 13:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
子宮摘出手術3:Hysterectomy3
・手術終了
After the surgery was performed...

手術は3時間の予定でしたが、
開腹したら、すぐに子宮内膜症があることをドクターが見つけ、
それを取り除くところから始まったため、
結局、5時間かかりました。
朝の7時半に始まったのですが、
終わったのが昼の12時半でした。
As soon as the doctor began the surgery, he found the endometriosis behind my womb. So the plan for the surgery time was 3 hours, but it took 5 hours instead. It started from 7:30am, and then finished at 12:30pm.

そんな事情を知らないジェームズは、待合室でかなり心配し、疲労困憊したようですが、
やっとお昼頃にナースから連絡が入り、事情を知ることができました。
James didn't know about it, so he was exhausted at the waiting room. Finally, he got a phone call from the nurse and felt relieved.

私は手術室からリカバリールームへ移されましたが、意識は朦朧としていました。
ジェームズが駆けつけた時、少し意識が戻りました。・・とともに、痛みがものすごかったです。
また尿意や便意があったので、ナースが差し込み便器を当ててくれたのですが、そのまま眠ってしまいました。
眠っている間は痛みを感じないで済むので、眠れることが天国のように感じました。
実際、私の点滴の中には、手術後も、痛み止めが2時間ほど注入されていました。
I was moved from surgery to recovery, but still my consciousness was dim. I had a desire to urinate and/or poop, so the nurse gave me a bedpan, but then I fell asleep again. While I was sleeping, I didn't feel any pain. So I felt sleeping was like being in heaven. Actually, after the surgery, was given pain medication for 2 hours through my IV.

それから、午後4時半になり、リカバリールームを出て、ベッドごと”術後観察病棟”に移される時が来ました。
その頃、ようやく意識が徐々に戻ってきて、再びジェームズを呼んでもらいました。
Around 4:30om, they moved me with the bed from the recovery room to post-operation observation. My consciousness was slowly coming back to normal, so I asked the nurse to call James.

今は携帯電話があるので、私のカルテに身内の連絡先として携帯電話番号が記入され、
患者が病院内のどこにいても、そばにいる人に頼めば、すぐに身内を呼んでもらうことができます。
これは、すごく安心します。特に意識が朦朧としていて、母国語でしゃべれないような状態の時には。
In these days, we have our own cell phones. So the staff wrote James's cell phone number on my chart, so wherever I am, I can ask the staff to call him. This gave me a sense of safety. Especially if our consciousness is dim and we are not native speakers.


・術後観察病棟にて
At Post-Operative Observation

術後観察病棟で待機していた男性看護士は、
もうお孫さんがいるお年の高齢の方でしたが、
この人がすごく面白い人で、
彼がちょっと口を開くと私はすぐに笑ってしまうのですが、
笑うと傷が痛くてたまりません。
「お願いですから、笑わさないで・・・!」と言ったのですが、
それでも、たまに笑ってしまいました。
痛たたたた・・・・
The nurse who was waiting for me was pretty old because he already had grandchildren. He was really funny. I couldn't stop laughing when he said something, and it was painful for me because of those cuts from the surgery. So I asked him not to make me laugh. He promised, but still he often made me laugh! Ouch!!

ジェームズが到着し、私も意識がだいぶしっかりしたので、やっと普通に会話できるようになりました。
Soon, James arrived and my consciousness was getting clear, I could have a conversation with him.


・手術の結果と先生の見解
The result and the doctor's opinion from the surgery

私の子宮内膜症は、子宮に隠れるようにして存在し、長年私を苦しめていただろう・・とドクターがおっしゃっていたそうです。
The doctor thinks that the endometriosis gave me a great suffering for a long time. 

私は10代で初潮が始まって以来、ほとんど毎回痛みに苦しんでいました。
特に10代が最も痛みが激しかったのですが、
20代、30代でも、あまりに生活に支障があるため、子宮内膜症を疑って病院に行ったのですが、
当時、日本のどのドクターの答えも「異常はありません。」の一言でした。
All most every time, my period made me suffer a lot from the beginning. Especially while I was teenager, but also 20's and 30's, I had difficulty in my daily life, so I went to the hospital in Japan, and the doctor's answers were always "You have no problems."

しかし、実際に今回の手術から、ドクターが私たちに伝えた見解は、
筋腫は、私の初潮が始まる前から存在していた可能性があること、
また、子宮内膜症のせいで、古い血液が停滞し、生理の時には血液が逆流し、大変な痛みを与えていたであろうということでした。
But at this time, by the surgery, the doctor gave us the suggestion that there is a possibility that the fibroids could exist before my first period. And he said that the endometriosis held the old blood in my body, and during periods, caused the blood to flow backward, so those symptoms gave me a great pain.

私の腹部からは、
グレープフルーツ大の筋腫1個、
野球ボール大の筋腫1個、
ピンポン球大の筋腫が3個、
その他にも、小さな筋腫がいくつもあったそうです。これを全部摘出してもらいました。
In my stomach, there were 1 grapefruit-size, 1 baseball-size, 3 ping-pongball-size, and a lot of smaller size of fibroids. They were all taken by the doctor.

上記の筋腫が、子宮壁の外側から内側まで貫通して発達していて、
健康な「いわゆる子宮」の部分が残っていたのは、わずか子宮頸部のすぐ上後部だけだったそうです。
そして私の子宮は、通常健康な子宮の10倍の大きさがあったとのことでした。
Those fibroids were grown through the wall of my womb inside and outside, so there was only tiny "healthy womb" behind of my cervix. My womb was 10 times bigger than the normal size.

子宮頸部は残してもらうことになっていて、実際残してもらったのですが、
膣から排出するために腹腔内で切り刻んだ筋腫の塊が大きすぎて、取り出せなかったため、
子宮頸部を一旦切って、開かなければならなかったそうです。
(このおかげで、私の快復は少し手間取りました。)
Our plan was keeping the cervix, and it was kept anyway, but the pieces of cut fibroids were still too big to get through the cervix, so the doctor had to cut the cervix and fix it finally. (It caused my recovery to take a longer time.)

執刀された先生は、
今回の手術に大変満足しており、
私も先生の奮闘に大変感謝しています。
The doctor was very satisfied with the outcome of the surgery, and I really appreciate his effort.


・退院まで
Leaving the hospital

さて、一旦意識がはっきりと戻り、
手術の結果を聞いたりする余裕が出てくると、
私の頭の中には、
「今日退院できるのだろうか?いつ、退院だというメドが立つのだろうか?」という疑問で一杯でした。
看護士が「自分でトイレに行きたくなったら、このベルで看護士を呼んでね。いろんなチューブがあなたの身体に取り付けてあるから。」と言っていました。
Once my consciousness got clear and I could hear the result of the surgery, the thought, "when I can leave the hospital?" stuck in my mind. The nurse told me "If you want to go to the bathroom by yourself, please push this button and call the nurse. You have many tubes connected onto your body."

私のノドはカラカラでした。あまりに乾いていて、舌と唇が絡まってしまい、上手くしゃべれないほどでした。
ジェームズに水を買って来てほしいと頼んでいたのですが、会話が続いていて、
そうこうしているうちに、午後6時頃だったと思いますが、トイレに行こうかな?という気持ちになり、看護婦さんを呼びました。
I was really thirsty, so my lips and tongue were sticking as I couldn't speak well. I asked James to bring bottled water, but our conversation went on. Then, around 6pm, I got a sense to go to the bathroom. So I called the nurse.

手術後、初めてのトイレへの歩行は、さすがに痛かったです。
でも、トイレがすぐそばで、ゆっくりゆっくり歩いて、何とかたどり着きました。
トイレの中でゆっくりしている間に、ジェームズが小さなペットボトル入りの水を買って来てくれて、それを一気に飲み干しました。
それで、だいぶ長いことトイレに座っていたのですが、尿は出なくて、黒々とした鮮血が出ました。
トイレの中で身体が寒く感じられて、ジェームズに掛け物を身体に巻き付けてもらい、再びベッドへ戻りました。
The first time after the surgery, it was truly painful. But I walked slowly and finally I made it! While I was in the bathroom, James brought me a small bottle of water I finished immediately. I had been sitting a long time on the toilet, there was no urine, but a vivid black fresh blood. I felt really cold in a bathroom, so James brought me a blanket and then, I went back to bed.


二回目のトイレは、一回目の時より痛みの度合いもやや軽くなり、前回に比べたらスムーズな動きができました。
今回も、かなり長時間トイレに座っていましたが、ノドはまだ乾いているし、そもそも膀胱が空っぽのような気がしてなりません。
私はさらにジェームズに「水を買って来て。今度はもっと大きいボトルか、同じサイズのを2〜3本買って来て。」と頼みました。
またもや排尿はなく、ベッドへと戻りました。
The second time, I felt less pain and was able to move a little bit faster. I sat down on the toilet a long time again. But I was still thirsty and felt that my bladder was empty. I asked James to bring a more bigger bottled water or 2~3 same size bottles. I had no urine again, and went back to bed.

時間がどんどん経ち、午後7時にドクターがやってきました。
「手術してから今まで、もうだいぶ時間が経っているのに、まだ尿が出ていないというのは危険です。
あなたの体内には、点滴で多量の水分が入っているので、水を飲まなくても、尿は出るはずなんです。
午後8時までにこのまま排尿がなかったら、カテーテルを付けます。今夜はここで一泊して下さい。」と言われました。
Time passed quickly. At 7pm, the doctor came and said, "It's been more than 6 hours after your surgery, but you have not had urination yet which is very dangerous. We put a lot of liquid into your body, so you should've urinated without drinking water. If you don't urinate by 8pm, I need to insert a catheter and you need to stay at the hospital tonight." 

私はジェームズが2度目に買って来てくれた大きなペットボトルを脇に抱えて、横たわったまま、どんどん水を飲みました。
すると、今度は膀胱に尿が集まっている感覚がありました!
7時半頃になって、今度こそ!と思い、トイレに座ると、今度は楽に排尿することができました!!
それで、無事に手術当日の退院となりました!!ほ〜〜〜〜っ!!!
I was holding a bigger bottled water on the bed, and drank it a lot while I was laying down. And then, I felt water was getting gathered into my bladder! At 7:30pm, I felt "this is the time to pee!" and I could!! Finally, I could leave the hospital tonight.

ちょうど夜勤のナースに交代になって、彼らが自己紹介したばかりでしたが、
今度は彼らは、私を退院させるために、膨大なペーパーワークをこなさなければなりませんでした。
The night shift nurses were about to finish introducing themselves, but now, they had to finish a lot of paperwork before I left the hospital.

この事務作業が終わるのを待つだけで、1時間ほどもかかりました。
私の退院直前に、執刀して下さった先生が、今日の任務を終えて帰路につこうというところで、様子を見にきて下さいました。
私は彼の手を何度も何度も握って、お礼を言いました。
We had to wait for almost 1 hour for them to finish the paperwork. Just before we were leaving, my doctor was about to go home around the same time, but he came to see us. I said "Thank you!!" many times while shaking his hand. 

ポーターが車いすを運んできました。
私たちは看護婦から「退院に関する説明書」とともに、
シャワー、風呂、水泳などに関する注意を聞き、サインしました。
出血があるため、
手術着から私服に着替える際に、病院でネット状の下着とパッドをもらいました。(写真右)
ギリギリで退院させてもらうことができて、
本当に良かったと思いました〜!術後観察病棟のカウンター内にいるスタッフの人たち、
お世話になった看護婦さんに、
お礼を言いながら、そこを去りました。
The porter brought a wheel chair. We were told what to do and what not to do in my daily life. The nurse gave me a paper telling me the same things, and I had to sign it. I was bleeding, so I got some simple underwear and pads from the nurse and changed out of the surgical gown.

もう午後9時過ぎで、
病院は静まりかえっており、通路には誰もいません。
ポーターに車いすを押してもらい、
夜間の出入り口を通って、地下の駐車場へ向かいます。
車を運んで来てもらうと、
いよいよ外の世界に身体が順応しなければならないという意識と、
自分のリラックスできる空間で過ごせるという喜びが混在していました。
It was after 9pm. The hospital was very quiet, nobody was in the passage. The porter was pushing my wheel chair and going through a special route to get to underground parking during night time. Our car was brought and my feelings were mixed with the joy that I can relax in my private space and the fact that I had to deal with outside world from now.

(Ray)

JUGEMテーマ:子宮筋腫

| 身体の健康/Physical Health | 07:58 | comments(6) | trackbacks(0) |
子宮摘出手術2: Hysterectomy 2
おかげさまで、手術は無事に終わりました。今、快復に向けて、治癒に集中しています。
なんとか起きることもできるようになりましたので、手術の記憶が新しいうちに、記録しておこうと思います。
With your prayers, the surgery has been finished safely. I'm focusing on my healing. Now, I'm able to get up, so I would like to record the process of the surgery while memory is still fresh. 


・手術前日
A Day Before Surgery

手術当日、病院に4時45分にチェック・インしなければならないということで、
ジェームズと私は、前日からLAに入り、病院のすぐそばのモーテルに宿泊していました。
On the day of the surgery, we needed to check in at the hospital at 4:45am. So James & I went to LA a day before the surgery and stayed at a motel close to the hospital.

この宿は「レビューの評価がすごく良かったから。」ということで、
ジェームズが選んだのですが、
中に入って、ビックリ!!
This motel was chosen by James because the review in the internet was really great. When we entered the room, I was surprised!!

外見からも、
ここは元々は、普通のアパートメント(日本でいうマンション?)
だったということがわかる造りなのですが、
宿泊用の部屋も、
ベッドルーム以外に、広〜いリビングルーム、バスルーム、さらに小さな専用バルコニーまで付いています!
By the outward appearance, we can see that this was a ordinary apartment (we call it "Mansion" in Japanese). But as a motel, we have a bedroom, a wide living room, a bathroom and a tiny private balcony!! 

台所スペースに冷蔵庫、電子レンジ、コーヒーメーカー、シンクがあり、滞在にとても便利そうでした。
この部屋は、Deluxe Suite と呼ばれるもので、ウェブ予約だと割引になります。
ジェームズによると、ウエストウッドでこのクオリティーはやはりお得だということで、
UCLA近くで宿をお探しの方にお薦めです。
At the kitchen area, there was a microwave, a fridge, a coffee maker and a sink. It looked very comfortable for a stay. This room is called "Deluxe Suite". Through the internet reservation, you can get a discount.  James says, in Westwood area, this quality is still a good deal. If you need a place to stay near UCLA, I recommend this motel!

Royal Palace Westwood Hotel

友人の亮子さんから、次の言葉をいただいていました。
『明日手術ですね。気を落ち着けて、リラックスして臨んでください。今夜と明朝は潜在意識に「手術は絶対にうまく行き、私の体は健康になる」と語りかけてください。』
寝る前に、このフレーズを唱えました。
My friend, Ryoko gave me an instruction. "You will have the surgery tomorrow. Please feel safe and relax. Tonight and tomorrow morning, tell your sub-consciouness "The surgery will be done perfectly, and my body will get healthy." I repeated this phrase before I went to sleep.  



・病院へ
Going to the hospital

さて翌朝、まだ夜が明ける前に、
UCLAメディカル・センターまで歩いて行きました。
Next morning, before dawn, we walked to UCLA Medical Center.

こんなに朝早くに病院に行くのは、
私たちぐらいなんじゃないかしら・・
と思っていたら、とんでもない!!
病院の入口にはぞくぞくと、
今日手術を受ける人とその家族たちが、到着していました。
I thought only we were going to be at the hospital so early....but No!!! There were many patients having surgery today, with their families all entering the hospital. 

UCLAメディカルセンターには、多くの寄付があるようで、施設内のいろんな場所に個人名が付いています。
マディーズ・ルーム(マディーの部屋)と呼ばれる、手術患者とその家族専用の待合室に入り、チェック・インで呼ばれるのを待ちます。
ここには、モニターに今日のすべての手術の予定が出ていて、患者番号によって、
今、その患者がどの段階にいるのかが、追跡できるようになっています。
In UCLA Medical Center, there are many places and rooms which have individual names on them, because those donors gave a big donation. One of them called "Maddy's Room" was for the surgery patients and their families. We waited to be called for checking in. In this room, there was a monitor that we can see all the surgeries for today at what time, and we can track the process of our patient in detail by the patient number. 

ジェームズは、私が手術室に入ってからは、ここで時間を過ごしていたそうなのですが、
多くの家族が、自分の愛する人の手術結果を聞こうと、日中ここで待っており、
ドクターがやってきて、彼らに結果を告げるのを見ているのは、すごくストレスフルだったと言っていました。
James spent a long time in this room after I went to surgery. It was very stressful that he had to watch many families waiting for the results of their loved one's surgery. The doctor would come to them with the result.

私のチェック・インの時が来ました。
個室に入り、名前や生年月日、今日受ける手術の種類など、基本事項の確認、
それから、手術中に万が一緊急の医療判断が必要になった時について、「私はジェームズに判断を任せます。」という意思書にサインします。
My name was called for checking in. We enter the small space, and the woman made certain about my name, my birthdate and the kind of the surgery I'm going to have. And then, I signed the paper document which says "if any emergency, I give the permission to James to make a medical decision for me."


・手術の前に入る部屋にて
In the room before the surgery

それから、手術前に入る病室へ向かいました。(写真右)
朝5時半頃でしたが、現場は完全に始動モードでした!(笑)
Then I went to the room which I stayed in before my surgery. (Right picture) It was 5:30am, but the place is already full-working mode!

ナースがやって来て、自己紹介します。
最初のナースは、私の腕に点滴用の針を入れるのに、「これが今日の中で一番痛むくらいで、今日あなたはこれ以後は、全く痛みを感じないわよ。」と言って、私を安心させてくれました。
A nurse came and introduced herself to me. She made me relaxed by saying "This is the most painful thing of today, after this, you no longer feel any pain," while she put a needle into the back of my hand.

私の腕に名前と番号の入った腕輪が付きました。
手術着は、後ろが開いていて、首の後ろと腰の後ろの2カ所にヒモがあり、結べるようになっています。
And the nurse tied a ring-tag which has my name and the number, around my wrist. I wore the surgical gown which is completely open at the back and there are 2 places we can tie, one is behind the neck and the other one is at the lower back.

体温や血圧を測りましたが、
体温計は紙のようなものでできていて、舌禍にポイッと入れられて、すぐに測れ、毎回使い捨てます。
血圧計の腕に巻くカフすら、私専用でディスポーザルでした!
Nurses measured my body temperature and the blood pressure, the thermometer was made by a paper-like material, so they put it in my mouth for a few second and it was disposable. Even the blood-pressure cuff is only for me, it is also disposable!

たまたまスタッフが私に声をかけた時に、
なにげなく掛け物が足りないと言ったら、ホカホカの掛け物を持って来てくれました。
すると、ジェームズが「それは$5するんだ。」と言うので、さらにビックリ!!
日本の感覚では、掛け物を余分に持って来てもらったからといって、それに値段はついていませんが、
「アメリカでは医療はビジネスだから。」と言われ、本当に気をつけないと・・・と思いました。
By chance, the staff asked me "Are you OK?", I said "I feel a little cold." Then she brought one more warm blanket. James immediately said "It cost $5." I was very surprised!! In Japan, the blanket in the hospital never be charged, but he says "American Medical care is a business." I thought I needed to be careful from next time.... 


・アメリカの高い医療費、そして医療保険事情
Expensive Medical Cost and Expensive Medical Insurance in America

・・・というのも、私は今、すでに病気を持っているために、医療保険に入れないのです。
入れないというのは、正確には正しくないのですが、
自営業の人がすでに病気を持っている状態で、医療保険に入ろうとすると、毎月とんでもない金額の保険料がかかります。
そういうわけで、今、私は無保険です。
...Because, at the moment, I can't have medical insurance by pre-existing condition. To put it accurately, I can, but the self-employed who already have a pre-existing condition has to pay a lot every month. So I don't have medical insurance now. .

オバマ・ケア(オバマ大統領が提案している医療保険法案)が通った暁には、
そのような条件でも、まかなえる範囲の金額の医療保険を手にすることができるようになると聞いて、
私たちは、2014年の法案実施を待ち望んでいます。
After Obama's new medical insurance law will be passed, those people also get the affordable medical insurance. We are waiting for 2014 that the law will be enforced.

最初ジェームズの話しでは、全額負担になっても、まかなえる額だろうから、手術をした方がいいという判断だったのです。
その上、私の体調がいよいよ悪くなったので、それでは・・・ということで、ドクターに会う予約を入れました。
At the beginning, James told me that the cost of the surgery would be affordable even the all fee would be ours. And then, my condition got worse, so we made an appointment to see the doctor.

手術の見積もりを出してもらうようお願いしていたのですが、UCLAの医療事務が異常に時間を取っていて、
実際に金額が出されたのが、手術の直前でした。それも、すごい額です。
We asked the estimate to UCLA, but their office had took a loooong time. So when they sent the estimate to us, it was just 3 days before the surgery. And it was a huge amount.

特に病院の宿泊が恐ろしく高くて、一泊$20,000でした。(約160万円)
義母もジェームズも、私が苦しんでいるのを知っているので、「この金額では、手術をあきらめなさい。」
とは言えなかったんだと思います。
Especially, one night stay at the hospital was the most expensive, and it was $20,000. My mother-in-law and James knew that I was suffering, so they couldn't say "Please give up the surgery, because of this price."

私自身も、「日本に帰って病院を探し、手術の日程を入れてもらい、それまでどこかに滞在して、手術後のリハビリを一人で済ませ、飛行機で帰ってくることができるだろうか・・・」
と考えると、それは非現実的でした。
ですから、義母とジェームズには本当に頭の下がる思いです。今回は二人にお世話になることにしました。
I tried to think about having the surgery in Japan, but going back to Japan alone, finding a doctor and schedule the surgery, waiting for that day at somewhere and recovering from the surgery alone at somewhere and coming back to the U.S. is almost impossible. I feel really grateful to my mother-in-law and James at this time and I decided to accept this opportunity as a great gift from them.

そういうわけで、少しでも費用がかからないようにしなければなりません。
さきほどの掛け物一つではありませんが、気を抜いていると、ちょっとした会話の中に、追加のオーダーが入ってしまいます。
So, I should be careful about saving the cost as much as I can. If I'm unconscious, they bring the things for my comfort and it'll cost.  

麻酔医が来て、自己紹介しました。彼は、ロシアから3才の時にアメリカに渡ってきた、と言っていました。
若くて、私に友達のように接してくれました。
The anesthesiologist came to me and introduced himself. He said that he was 3 years old when he came to the U.S.. He was young, and treated me like a friend.

そして、会話している間に「手術前にリラックスする薬を使いますか?」と優しく言ってくれました。
手術の緊張があまりに高い人には、点滴にちょっとそういう薬を入れてくれるという話しでした。
私は「それは別の費用として、お金がかかりますか?」というと、彼は「Yes」というので、
「では大丈夫です。私は普段薬を飲まない方針ですので、そういう薬を飲む方がナーバスになります。」と言うと、
彼は笑いながら、「では、薬を飲んで緊張することのないよう、この薬は止めておきます。」と言ってくれました。
During our conversation, he gently said, "Would you like to take a tranquilizer before the surgery?" When the patient has strong fear, they put it into the IV. I asked "It'll add to the cost?", he said "Yes." So I said, "I'm OK, I usually try not to take medicine in my daily life. So if I take that medicine, I'll get nervous." He was smiling and said, "OK, I don't wanna make you nervous, so I won't use it!"


・いよいよ手術室へ
Heading towards the surgery room

それからも、いろんなスタッフ、看護婦、医師が次々やってきますが、皆、最初に自己紹介をします。
何かをする前に、すべて説明してくれますし、何でも聞けて、答えてくれます。
とにかくその姿勢が「あなたの身体状況の向上のために、私たちは全力を尽くします。どうぞ何でもおっしゃって下さい。」という空気に満ちていました。
However, there were more staff, nurses, the doctors coming to me, everyone introduced themselves. They all tell me what they are going to do to me, during the explanation, I can ask my question anytime. Their attitude was filled with the feeling of "We try to do the best for the improvement of your body. Please tell us anything."

麻酔医は、ロシア出身の人でしたし、執刀医は、レバノン出身です。
その他、アフリカ系、アジア系、あらゆる人たちが働いていて、皆とてもプロフェッショナルに徹していて、すごく良かったです。
My anesthesiologist was Russian, my surgeon was Lebanese. There were Africans, Asians, many nationalities were there. And they were all very professional. I felt really good!!

私は執刀医に、「手術後の調子が良ければ、今日家に帰れますか?」と聞きました。
執刀医は、頭から否定したりせずに、「様子を見てね。」と言ってくれていました。
I asked my surgeon "If I feel good after the surgery, can I go home today?" He answered "Let's see." He didn't flatly reject my question.

私の手術チームの看護婦さんは2名いて、二人ともアジア系の顔つきをしていました。
もしかしたら、私の国籍を考慮して、そういうメンバーにしてくれたのかしら・・などと考えました。
The two nurses in my surgery team had Asian looks on their faces. I thought the hospital considered my nationality and selected them...???

手術室に行く直前まで、ジェームズが傍にいてくれました。「あなたが経験することすべては、それ自身を生み出したのではない。あなたの身体ですら、それは他のものに依存することによって、存在しているんだ。だから、それを真の存在の空と呼んでいる。あなたの気づきですら、空であり、あなたの経験することはすべて空だ。だが、あなたの現在の意識は永遠なんだよ。」
Until just before I went to the surgery room, James stayed with me. "Everything you experience did not create itself. It is dependent on other things to exist, even your body, so we say it is empty of true existence. Even your awareness is empty, everything you experience is empty, but your presence is forever."

時間が来て、麻酔医と研修医が、私が横たわっている簡易ベッドごと押して、私を手術室へ移動していきます。
麻酔医は、私が緊張しないように、移動中もたわいない会話をしてくれていました。
Time had come. The anesthesiologist and the intern took me to the surgery room with the bed. The anesthesiologist spoke to me with daily conversation for making me relaxed.

手術室に入ると、大きなロボットがありました。5本の手のようなものが伸びていて、
これが、私の腹部で今日、仕事をします。モニターやいろんな機械が置いてあります。
In the surgery room, there was a big robot which has 5 arms. This machine will work in my stomach today. There were many monitors and machines.

私は横たわっていた簡易ベッドから、手術台の上に身体を移動させました。
その後、麻酔医が私の鼻と口をおおうように、マスクをかぶせ、テープで顔面に固定しました。
「今は酸素を送るだけですからね。」と言っていて、自分の意識もはっきりしていたし、手術台の上で待つのは、さすがに緊張します。
I moved from the bed to the operating table. Then the anesthesiologist put a mask on my face covering my nose and mouth, and attached it to my face with tape. He said, "Now, I'm sending oxygen." My conscious was clear, I started to get tense on the table.

心がけて、大きな呼吸をするようにしました。でも全身が緊張していたのは、明らかだったと思います。
マスクが息苦しいような気持ちになりそうでしたが、自分でパニクってはいけないと、ジェームズが言っていたこと(すべては空である、しかし意識は永遠である。)を意識しました。
傍にいてくれたナースが、2度ほど私の腕をぎゅっと握って、私のドキドキを体現するように、気持ちを共感し、励ましてくれました。これがすごく嬉しかったです。
I tried to take a deep breath, but it was clear that my whole body has got tense. I was about to panic by a little suffocation with the mask, but I thought what James said. (Everything is empty, but the consciousness is forever.) One Asian nurse was there with me, she's held my arm tightly twice and shared my fear, she was very compassionate for me. I felt really good about her.

麻酔医が、私の顔の上で「夢」という言葉を使って、一言優しく何か言いました。次の瞬間、私は完全に意識を失いました。
My anesthesiologist said a gentle phrase with the word "dream" above my face. Then next moment, I completely lost my consciousness.

Ray

JUGEMテーマ:子宮筋腫

| 身体の健康/Physical Health | 08:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
子宮摘出手術1:Hysterectomy1
2007年2月に子宮に筋腫があることが発覚し、
精密検査の結果、幸運にも良性だったのですが、
当時、介護やマッサージといった肉体労働をしていて、
かなり症状がキツかったのと、
妊娠を望んでいたこともあり、

テレビで紹介されていたという友人の話しを頼りに、
2008年1月から、
板橋区にある総合病院に通っていました。
妊娠を望むなら、出来るだけ早く、子宮を残し筋腫だけ取り除く手術をした方がいいと言うことでした。
I found fibroids in my womb in February 2007, and fortunately, they were benign.
At that time, I did physical labor as a caregiver and a masseuse, so I was suffering with heavy symptoms. I expected to get pregnant, so I went to the general hospital in Ikabashi-ku with the recommendation of a friend who saw this hospital on TV. The program said that they had advanced techniques.
The doctor said, "If you wish to get pregnant, you should have the myomectomy as soon as possible." So I decided to have it.

1ヶ月に1回のペースでホルモン注射を打ち、6ヶ月かけて仮の閉経状態にしていきます。
これは、手術中に大量出血しないための準備です。
For the preparation of the myomectomy, they gave me an hormone shot once a month for 6 months to make a false menopause to shrink the fibroids and the womb, so during surgery, I wouldn't have any massive bleeding. 

この6ヶ月の間、閉経を経験するのですが、体温が激変したり、疲れがひどかったり、
だいぶ前の話しになるので、もう詳しくは思い出せないのですが、結構辛かったです。
それでも、手術のためと思い、神奈川県逗子市からの遠距離通院でも頑張りました。
During those 6 months, I was suffering with the symptom of menopause, like the great change of my body temperature, heavy tiredness and so on....
It's been a long time, I can't remember the details, but it was hard.
However, I went to that hospital even it was very far away.

来月手術という時に、担当の医師から『同意書』を渡されました。
そこには、『輸血により、エイズや肝炎にかかっても、苦情は申しません。』という文面が書かれていて、
私はビックリ仰天しました!!
It was just one month before the surgery, my doctor gave me "The Agreement,"
which said I won't make a complaint about getting infection of AIDS, hepatitis, and so on, by a blood transfusion... I was really surprised!!   

以前『薬害エイズ事件』として、血友病患者の方々が、治療のための非加熱製剤でエイズに感染してしまい、大きな社会問題となりましたが、
今だにこんなに日本の医療が遅れているとは、想像もしていませんでした。
In 1980s, Japan had a big social scandal called "Hemophiliacs contract HIV from contaminated blood products." There were many patients who got the HIV virus. Some passed away and some are still suffering. I didn't know Japanese medical system was so behind.

また、ジェームズが私の手術に立ち会いたいと言っていたので、この日に先生から了解を得たいと思っていました。
Also, I wanted ask for the approval from the doctor about James being in the operating room during my surgery.

そのことに関して、質問をすると、担当の医師が困った顔をして、すぐに
「それでは今日の注射はできません。部長先生と話しをしなければならなくなります。
別の日に、もう一度来てもらえますか?」と言いました。
When I started asking, my doctor immediately changed his face and said, "I can't give you a shot today. You need to see the chief doctor. Can you make an appointment and come back again?"


どうして質問しようとしただけで、
一気に注射をしないことになるのか、よくわかりませんでした。
しかも遠いところ、再び予約を取って、
すぐにまた病院に戻って来なければならないのは、
かなりの負担でした。
しかし、すぐに先生は「診察」を終え、席を立ってしまい、
私は改めて部長先生と話すための予約を入れました。
I couldn't understand why he stopped giving me the last shot so sudden when I started asking. And, going back there again in a few days was very hard for me. But the doctor finished the consult and left the room. I made an another appointment to see the chief doctor.

数日後、ジェームズに同行してもらい、病院を訪れて、担当の先生に再び同意書に関して質問すると、
「どこの病院でも、これは提出してもらっています。」「同意できないというのなら、うちでは手術できません。」と言われるので、
「でしたら、この件に関しては、サインをします。」と言いましたが、
担当の先生は、結局、部長先生と替わりました。
A few days later, I went back to the hospital with James, and questioned my doctor.
He said, "All hospitals ask the patients to sign this agreement when they have surgery." "If you can't sign this, we can't give you a surgery."
"So I'm going to sign it." I said. My doctor called the chief doctor and he left.

ジェームズが「家族が手術の時には、アメリカで必ず立ち会っていたので、今回も立ち会いたい。」というと、
部長先生が、「それはできない。」と言いました。
「そういうことでしたら、他の病院へ行って下さい。
でも、日本で立ち会いを認めるところなんて、どこにもないですよ?」と言われるので、
結局、私たちが「では、手術室の外で待っています。」と言った後、
部長先生が、「ちょっと触診で診察をしてみましょう。子宮が小さくなっているかもしれないから。」と言い出しました。
James told the chief doctor, "I'm always in the operating room when my family member has surgery. So I hope I can."
The chief doctor said, "You can't. If you want, you should look for another hospital. But there is no hospital which allows the family being in an operating room during the surgery."
Finally James said to the chief doctor, "OK, I'll wait outside of the operating room."
But the chief doctor start saying, "Wait, let me check your womb, your's might be smaller...."

もちろん、手術の準備のために、6ヶ月かけて閉経状態にしていて、出血量が少なくなるようにしているのですから、
今、子宮が小さくなっているのに決まっているのです。
Of course, it's getting smaller because for the last six months, I've had false menopause so I don't have massive bleeding during surgery. 

「子宮が小さくなっていたら、手術は必要ないかもしれないね。」などと言い出しています。
もう、明らかに私をお払い箱にしようとしているのが、見え見えです。
However the chief doctor was saying, "If it's smaller, you might not need a surgery...." It was very obvious for me that his intention was to get rid of me.

質問をしただけ、しかも、ロクな答えはもらえず、すべて医者の言うことに同意していたにも関わらず、
この後、診察台に乗せられて、「子宮が縮小していて、手術の必要を感じない。これ以上妊娠を望むのなら、不妊治療に行くように。」と言って、
勝手にカルテに『手術の必要なし。』と記録し、すべての診察を終了しました。アッという間の出来事でした。
We were only questioning and agreeing to what they said, even they didn't give us clear answers. However, I was on the medical bed and was told, "Your womb has shrunken. I don't see the need of the surgery. If you need more treatment, you should get the infertility treatment." That was it!! He wrote a clinical chart "No need for the surgery" as he chooses, and finished the meeting. It was a very short time.

この時のショックは、計り知れません。帰りに呆然としていたのを覚えています。
その後、精神的にひどく落ち込みました。手術はもう考えられませんでした。
My shock was extreme. I was absent-minded on the way home. After a long time, I was depressed. I couldn't think of any kind of surgery as a treatment anymore.


その後、川崎市にある、
とても良い女性産婦人科医を別の友人から紹介してもらい、
(この方は、かなり高齢で素晴らしい先生でした。)
スタッフの皆さん共々、
心からケアをしていただき、救われたのですが、
手術の決意をすることはありませんでした。
After that, another of my friends introduced me to a female ob-gyn who gave me true care from her heart. I was healed a lot, but I didn't make the decision to have any surgery.

去年、あまりに症状がひどかったので、アメリカで診察をしてもらい、いろいろな選択肢を話してもらいました。
かかりつけは、UCLAのMedical Centerです。
I went to UCLA medical center last year, and listened to the doctor about what I can do for my situation.

先生の意見として、私の年齢、妊娠の可能性の低さ、筋腫が再発する可能性を考えると、
子宮を全摘するのが、最もふさわしいと思う、ということでした。
Considering my age, the impossibility of pregnancy, and the possibility of returning fibroids, as his opinion, the best way is the hysterectomy.

やはり多くの女性にとって、子宮を摘出するというのは、抵抗があることだと思います。
筋腫が発見された当初から、この選択肢もずっと考えていましたが、自分には選べないと思っていました。
For most women, hysterectomy is difficult to choose. At the beginning of the discovery of my fibroids, I knew hysterectomy would be one of the choices, but I couldn't choose it. 

そして今、2012年。
結局、妊娠することもありませんでした。
去年の震災以来、症状が重くなり、
日常生活にも支障をきたしているため、
今年、ついに子宮を摘出する決意をしました。
Now, in 2012, I can't get pregnant anyway. Since last year, after Tohoku earthquake, my symptoms got heavier and my daily life has been very limited, so I decided to have surgery.

ひどい痛み、倦怠感、感情の起伏の激しさや鬱っぽさ、
体調不良からくる慢性的なストレスを抱え続けて、
このまま手術という手段を避けて、化学的な薬もなるべく飲まず、
ひたすらベッド上で耐え続けるだけで、日常生活で何も出来ないような生活は、
自分にはやはり無理だろうと思うようになりました。
まだまだやれる年齢だし、やりたいことがあるし、やれるようになりたい。
I've been holding terrible pain, tiredness, emotional up & down, depression, and chronic stress. I start thinking about the limits of avoiding surgery, and not taking medicine like Tylenol. Just being patient by lying down on the bed with no activities in daily life, is no life. I'm still young enough to do more and more.

今年、再度病院へ行き、一年ぶりに担当の先生に会い、手術をお願いしました。
その先生は、もう一度、改めて私の選択肢をすべて説明してくれて、その後、私たちの意見を聞き、
超音波で、子宮内の様子を診て、「(筋腫が詰まっていて)子宮の形がなくなっているね。」と言っていました。(?!)
この先生は、Laparoscopic Hysterectomy:腹腔鏡下子宮摘出術が、最善の手段だと勧めてくれました。
This year, I visited UCLA one more time, and see my doctor for asking the surgery. My doctor told me all about the choices one more time, and listened to what we want, then used ultrasound to see my womb. He said, "There is no form of the womb. The upper half is gone. It's packed full of fibroids..." He recommended to me the "Laparoscopic Hysterectomy" as the best solution.

この先生は、(開腹する)腹式子宮全摘術がご自分の分野だということで、
この分野で最も優秀な、別の先生を紹介してくれるということでした。
His speciality is the abdominal hysterectomy, so he introduced another doctor who is an excellent specialist laparoscopy.


医者が他の医者を紹介してくれること、
優秀な先生に担当してもらえること、
この手術を可能にしてくれた家族に巡り会えたこと、
これらすべてがとても恵まれていることであり、
今回、本当に言葉に尽くせないほど、感謝しています。
My doctor introducing the other doctor to me, getting an excellent specialist, being given this surgery by my husband and mother-in-law, these are all really wonderful things. I am really grateful for this opportunity. I feel speechless.

手術担当の先生には、研修医らしき別の先生が付いていて、
この修行中の先生に、私の病気の経緯を話している時に、日本の病院での手術の同意書の話しをしたところ、
私の最初の反応と同じ、すごくビックリされていました。
もちろん、今回の手術でそんな同意書にサインなどする必要は、全くありません!!
手術を担当する先生にも、当然この話しは報告されていて、私たちの間でひとしきり話題になりました。
There was an intern who interviewed me about my medical history. So I spoke about the story of Japanese doctor asking me to agree for not complaining about getting AIDS or hepatitis by the surgery. His reaction was same as mine. He was very surprised by this story. And of course, there is no such agreement here in the U.S.. We are totally safe with blood transfusions. This story was told to my surgeon, of course, and this was a pretty wild subject among us for a while.

打ち合わせで、子宮頸部と卵巣は残すということになりました。
これだと、手術後にホルモンを補うための投薬をする必要はないとのことです。
We talked about keeping my cervix and ovaries. In this case, I won't need to support the hormone with the medicine after the surgery. 

来週早々に手術があります。
できれば、その様子もレポートしたいと思っています。
今、多くの女性の子宮に筋腫があり、多くの女性が選択に迫られているはずだと思うからです。
My surgery is this coming Tuesday. I would like to report the whole process about my surgery and healing. That's because, many women have fibroids now, and they are under the pressure of the need to make a decision.  

手術前夜12時以降は、食べ物はおろか、水一滴も飲んではいけないことになっています。
胃の中に物が入っていると、手術中に嘔吐などがあった場合に、大変危険だからということです。
また麻酔をかけるので、それに影響を及ぼす可能性のある薬も飲んではいけないと、
注意されています。(銀杏の成分など、いけないそうです。)
I can't have any food and liquid after midnight of the day of the surgery. If there is something in my stomach, it could be very dangerous if I vomited during the surgery. And I will have anesthesia, so I can't take any chemicals or medicine which would affect the  anesthesia. For example, like the ingredient of ginkgo tree.

UCLAから事前にメールで、患者に、麻酔に関するガイダンスのための動画が送られてきます。
これは、全体で20分ほどで、アナウンス音声が流れ、文章が読め、途中でメモを取ったり、一時停止、再生などが何度も出来るようになっていて、
知りたい人には、さらなる詳細がわかるような仕組みになっています。
UCLA sent me a 20 minutes guidance video all about anesthesia as an attached file in my e-mail that we can listen, read, and even make notes, pause, and repeat as many times as we want, and for people who want to know more details, they can get more.

それでもわからないことがある場合には、いつでも先生やスタッフに質問できるようになっています。
Even though, if you still have a question, you can ask the doctor and the staff whenever you want by the phone or e-mail.

UCLAの先生は、わからないことがあったら、いつでも個人的にメールで質問したり、電話したりすることを許してくれています。
このような姿勢すべてが、とても間口が広いなあ〜と感じさせます。
アメリカのインフォームド・コンセントは、本当に徹底していて、気持ちがいいです。
The doctors in UCLA allow us to question them individually anytime by phone or 
e-mail. I feel all those constructive approaches as an openness to me. I feel really good about the informed consent in the U.S. medical system as true thoroughness.

医療費の点で言ったら、日本の医療費の安さは、アメリカのそれには比べようがないですが、
私は、患者に対するリスペクトがあること、選択権が患者に与えられていること、
そして、生命に関わるような感染症にかからないことがとにかく大事で、それだけは譲れません。
Concerning the cost of western medicine in the USA and Japan, there is no comparison that Japanese national medical insurance is greater. 

But, my first priorities are;
There is respect between the doctor and the patient equally,
All choices are given to the patients,
There is no risk to get a secondary infection which kills us or makes great suffering.   

今回、手術を経験することで、
またこちらの医療についても考えるいい機会となります。
皆様の参考になれば、
これもまた幸いです。
At this time, by experiencing surgery, this is a good opportunity for me to think about American medical care. I also would be very happy if this report could be a reference for you. 
                                              禮

JUGEMテーマ:子宮筋腫

| 身体の健康/Physical Health | 07:21 | comments(4) | trackbacks(0) |
ひよこの成長記録2(食の問題を考える)Think About Food and Animals
ヒヨコは今、丸6週間経ったところです。
外の環境を喜んで、
6羽はすくすくと成長しています。
Since we've got our chickens,
it's been 6 weeks.
All are happy and healthy being outside!

日光を浴び、そよ風を身体に受け、
暑さ寒さの中でも大丈夫なほど抵抗力がつき、
健康で強い、元気な鶏になっていきます。
1羽だけ、まだ首のところに、幼い頃の羽毛が残っていますが、これがまた可愛い。(写真右の左側の鶏)
They are getting sunshine and breezes, heat and cold, they've got the power of resistance and are becoming healthy strong chickens. Only one is unfledged, but that's cute too. (Left one on the picture above).

朝方に気温が低くなるので、念のために毎晩、私が寝る前に、赤外線ランプを点します。
昼夜問わず、山からコヨーテが集団で鳴いているのが聞こえます。
つい最近も、我が家の下に位置するご近所さんの敷地から、夜中にコヨーテが何かを襲っているらしき雄叫びが聞こえました。
鳥小屋が襲われないように、金網を二重にしておくことにしました。
Before I go to bed,  I make sure to turn on the infrared lamp for them in colder temperatures. We hear the howling of the coyotes anytime. Recently, I heard the coyote pack below our property in the neighbor's yard. We decided to make our chicken coop double wired.

鶏のエサ箱は、一日半で空っぽになります。二日おきにエサを継ぎ足しています。
二つある水飲み容器も同時に、新鮮な水に取り替えます。
だんだん私たちが新鮮なエサと水を持って来てくれていると、鶏はわかってきているのか、彼らが私たちに馴染んできているような感じがします。
The chickens eat all food in the container in a day and a half. We feed them every 2 days. 2 water containers  are also changed at the same time.
Chickens seem to understand that we are feeding and watering them every time, so they are slowly getting friendly to us.

こうして動物に接していると、
どんなに野生でも、餌付けが成功してくると、
言葉を介さない、
情の通ったコミュニケーションが成立してくるのだと感じます。
Being with animals, even if they are wild and we successfully feed them, I feel there is an emotional communication between us without language.  

今、外の野良猫にもエサをあげているのですが、
彼らの顔がとても柔らかい、情のある、
人間らしい顔になってきたのです!(写真上)
Now, we are feeding a stray cat. His face gets very soft, emotional and humanlike. (picture above). We call him "Guy."

最近カリフォルニアでは、フォアグラをレストランで提供することは禁止になったのですが、
それはフォアグラを作るプロセス(カモを無理矢理「脂肪肝」にする)が、動物の虐待に当たり、
これが人間の生き残りに必須の食物ではない、という認識になったのだと思います。
(それでも、フランスなどはこれを『文化』として続けていますが。)
Youtubeで「フォアグラの拷問」のようなフィルムを見ていると、その壮絶な一生で、身震いしてしまいます。
Recently in California, serving foie gras has been prohibited, because the process to make it is animal cruelty. Foie gras is not the vital food for human life. (But, France is still going with it as their culture). If you see the video "Foie Gras: Animal Cruelty and Consumer Threat", their terrible lives will send a chill of horror down your spine. 

文化といえば、日本の捕鯨、それから太地町のイルカ猟も、国際的な摩擦を生んでいますね。
日本は調査の名の下に、毎年、何千頭ものクジラを殺し続けています。しかし、その調査結果は一体何に活かされているのでしょう?
これは、捕鯨団体が政府機関の管轄で、関係者がお金欲しさに続けているだけに過ぎないと思いますし、
(原発と同じですね。)
太地町のイルカ猟も、
漁師の気の荒さ、
自分たちが生き方を変えていけないことに対して、
開き直っているように見えます。
Speaking of the culture, there is the international argument about whale hunting by Japan and dolphin fishing in Taichi-cho, Japan.
Under the name of "Reseach", the Japanese government kills thousands of whales every year. But we never know how they use that data for what? This is because the organization belongs to the government and those who work for it get a lot of money, so they keep fishing (the same as the nuclear industry). The dolphin fishing in Taichi-cho, the fishermen also have a rough character, and they seem like they don't care about what they're doing because they can't change their life styles.

クジラやイルカを殺さなければ、
人間が生きていけないということはありません。
なぜこのような無駄な殺生が続けられているのか、とても疑問に思います。
There is no reason to kill dolphins and whales for our survival. I really wonder why we keep wastefully killing those living beings.

実は、私はフォアグラの事実を知る前、つい最近日本へ帰った時に、初めてフォアグラを食べました。
その時、フォアグラがどのように作られているか全く知らず、
ただ『高級食材』、『未知の味』ということで、食べてしまいました。全く無知でした。
To be honest, when I went back to Japan recently, I ate foie gras. It was before I knew the truth of it. I didn't know what the process was. For me at that time, it was just a "luxury food" and "never eaten". I was ignorant.

アメリカに戻ってきて、ジェームズに「日本でフォアグラを食べたんだ!」と、喜びとともに報告したら、
彼はひどく顔をしかめて、「フォアグラの作られる過程を知っていたら、絶対食べようとは思わないはずだよ。」と言われました。
それからすぐに、ほとんど同じタイミングで、カリフォルニアでフォアグラが禁止になりました。
私も、この真実を知ってからは、食べようとは思いません。というか、うちで鶏を飼っていて、このビデオのカモを思い出したら、とてもじゃないけれど、フォアグラは食べられません。
When I came back to the U.S., and told James "I ate foie gras!" with pleasure, he made a funny face and said "If you knew the process of foie gras, you would never eat it!". Sooner, almost at the same time, California prohibited serving foie gras in any restaurants. I agree. I won't eat it after I've known about it. Or, we have our chickens now and I remember the geese in the video, I'm never able to eat foie gras!

また食用の家畜、乳牛の扱いも、Youtubeなどでビデオで見ることができますが、言葉に言い表せないほど残酷です。
人間のために生き物を『物』扱いして、大量に生産させて、用がなくなったら殺していきます。
本来の自然な環境に置いてもらえず、病気になるため、抗生物質が大量に投与されています。
I also watched the video on Youtube about how humans handle animals for food, or cows for milk, it's so cruel, I was speechless.
Those animals have been used as "things for human-beings", they have to produce a huge amount of human food and drink, and if they can't, they will be killed immediately. They can't be in the natural environment, so they get sick, then human-beings give them a lot of antibiotic. 

大量消費社会の歯車に乗っかって生きる人間の無意識な信念(他の生き物を殺さなければ、私たちは生きていけない。)は、
人間が本来持っている「生きるものへの慈悲や優しさ」を完全に麻痺させています。
私は、人間は雑食だから「しょうがない」とも、肉食を「当たり前」だとも思いません
Human who are on the wheel of a massive consumer society, whose unconscious belief that we need to kill another beings for our survival, completely numb our original character of compassion and kindness for living beings.
I can't take it for granted, or I don't think this is necessary for human's omnivorous behavior.  

今のところ私は、動物の肉を自ら買って食べることはしない、という方針でいます。
しかし、外出先など食事の席で出されたら残すことはしない・・といった感じです。食べ物を残すことは、結局、生命を無駄にすることにつながると思っています。
これは消極的な方法ですが、前よりはだいぶ肉を食べなくなりました。
For now, my way of life is, I don't buy animal meat. But if it's served where I am, I will try to eat it because if I don't eat it, the life of that food would be wasted. This is not a positive way, but my eating animal meat is much less than before.

ただし、現在義母と暮らしていて、義母が完全な肉食主義なため、以前のように肉を食べないでいることが難しい状況ではあります。義母が食事を食べきれないことが多いからです。
However, I'm living with my mother-in-law now. She wants animal meat and she eats very light, so not eating animal meat is more difficult now. 

ジェームズは昔から、赤い肉は食べない人で、今では魚を食べるだけです。その方が、身体の調子が良いからという理由です。
James doesn't eat red meat, he's eating only fish now. He says when he doesn't eat the animal meat, he feels good.

生き物を殺して食べる時、私たちはやはり生命をいただいていることを忘れてはならないと思います。
今でもネイティブアメリカンは、動物を殺す猟に出る前に神に祈りを捧げ、生き物が私たちの前に捧げられますようにとお願いします。
その時に収穫できた動物は、動物自身も自らの生命を人間に捧げることに同意したもののみだったと信じ、感謝とともに解体します。
それは、人間と生きとし生けるものたち、自然がつながっていて、バランスが取れているやり方です。
When we eat animal meat, we shouldn't forget that we are given another's life.
Native Americans pray to God before they go hunting, ask God to give them another life. If they succeed in the hunt, they believe that this animal agreed to dedicate it's life for humans. So they butcher it with their gratitude.

人間が植物を食べる時、動物を食べる時ほど、地球に負荷をかけません。
一人の人間が食べられる野菜の量は、とても限られています。
例えば、ほうれん草を一人がお腹いっぱい食べ尽くしたとしても、畑で生産されるほうれん草の全体量から見たら、非常にわずかです。
野菜の収穫までにかかる時間、水などのコストや手間を、食用牛のそれと比べてみると、
牛が、食用として人間に食べられるまでにかかる時間やエサのコスト、排泄物の処理など、多大な費用と手間がかかっています。
When we eat vegetables, we give less burden to the Earth.
The full amount per person being able to eat is very small compared with the whole field filled with that vegetable. So the length of the time, the cost of water, and human's work is a very little. But the beef cattle takes a much longer time, more food and water, and lots of work.

しかし、それなのに一匹の牛を人間がお腹いっぱいになるまで食べようと思ったら、
それだけコストがかかっているにも関わらず、一頭で4〜5人しか養えません。
これが、世界規模で行われた場合、
例えばアメリカでは、食用牛や食用豚の排泄物の量があまりに大量すぎて、
この広大な土壌が浄化できないほど汚染しているという、近年の深刻な問題になっています。
現在アメリカにいて、ここで肉食している人たちの消費量は、日本のそれとは桁が違うと感じます。
この記事も、是非世界中で肉食をしている人たちに読んでいただきたいです。
But, when humans want to fill their stomach by eating beef, it will be just for 4-5 people.
When the whole world does this, for example, in the U.S., the amount of the animals' excrement has become massive, the ability of purifying the land is reaching overload, it's a serious problem. In the U.S., the amount of consuming animal meat is really big compared with Japan, I wish the person who eats animal meat would read this article.

また食べるためにどうしても殺さなければならない場合、
殺される生物の意識レベルを意識することも、殺す側の人間として必要なのではないかと思います。
植物の意識レベルは、動物のそれよりも発達していません。
動物の意識レベルの中でも、哺乳類、特にクジラ・イルカは高度な知能を持ち合わせています。
それだけ、殺される際に「どういうことが起こっているのかについての意識がある」ということです。
One more thing, if we need to kill something for our survival, we need to be aware that the level of the consciousness of which beings we are going to kill as the killer.
The consciousness of plants is not as developed as animals.
In animal world, the whales and the dolphin have the highest consciousness. That means they know what's going on when they are killed. 


今、身の回りで動物を飼えるような環境になり、
すべてはつながっていることを理解した今、
生き物を人間の利益追求のためにとことん『利用』することが、
どんなに業の深いことか、
人間のしていることに、めまいがしそうになります。
Now, I've got an environment where I can have pets, and I understand that everything is connected.
By using living beings cruelly for human's benefit is a such deep karma that I almost feel dizzy.

自分たちの食べ物が作られる過程を知らないでいることは、
私たちの健康にとっても危険なことです。
Not knowing the process of how our food was made, is also very dangerous for our health.

どんな薬が使われているのか、どんなに不衛生なのか、どんなに残酷なやり方で屠殺されたのか、
切り身の肉を見ただけではわからないからです。
We never know by looking at the piece of meat at the market, which kind of chemicals are used, how dirty the place of the original beings were kept, how cruel the way they were killed were totally unknown.

このような問題を提起するドキュメンタリー映画も出てきています。お近くの映画館で上映される時は、是非足を運んでみて下さい!
Recently, there are movies bringing those problems as a documentary film. Please watch it, if it comes to your town! 

食品の加工プロセスに関わっている人たちに、意識の光がもたらされますように強く願います。
文化、伝統という名の元に、他の生き物を残酷に殺し続けることに無意識でい続けてはいけません。
I pray for the people whose job is related to the process of making human's food, that the light of their consciousness will be raised and will know what they are doing in that job.
We should not be unconscious about killing another living beings cruelly under the name of "Culture", "Tradition" and "Money".  
                                           禮

JUGEMテーマ:鳥が好き!

| 身体の健康/Physical Health | 10:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
アルツハイマー病
ジェームズの継父である義父は、アルツハイマー病を患っています。
家族が、何かおかしいと思い始めた頃を含めると、もう十年以上になるのではないかということです。

私は、祖母に育てられたことへの恩返しがしたい、
阪神大震災でのボランティア経験を経て、自分の感じたことを仕事にしたいと思い、
介護福祉士として、特別養護老人ホームで介護職をしていました。
それから、在宅の介護サービスを提供する会社にも勤め、
地域のドクターやナースとともに、高齢や障害などで介護が必要な方とともに歩いてきました。

ですから、現在の状況にも、一般の人よりは、落ち着いて対処することができます。
唯一の違いは、現在、私は家族として接しているという点です。

日本で、介護疲れで殺人事件が起きたというニュースを聞くのは、本当にいたたまれないことです。
介護の職場も、条件や環境が大変厳しく、
多くのやる気ある、善意の職員が、燃えつきたり身体を壊して、仕事を辞めていきます。

高齢化の問題は、すでに十分予測できていたにも関わらず、財政はおろそかで、
有効な政策も立てられないまま、常にしわ寄せは全部、弱者へと押し付けられます。
政治家は、この社会が弱肉強食であることを一向にひるがえそうとしません。

先進国の中で前例のないほど、長寿高齢者がうなぎ上りに増えている日本の危機的状況の中で、
広く一般に向けての、病気についての知識(家庭の医学のような、簡単でわかりやすいもの)の普及、
それについて、どのように対処していくべきなのか、
介護の仕方についてなど、人々への支えとなるよう、生きた教育が、至急与えられるべきだと思います。

家族や身の周りの人たちと、生活上のことで話し合っておくべきことは何か、
そして、できるならば、死について、霊的な面についても、
たくさん話されていくべきだと思います。

そうやって、支え合う開かれた地域社会を築いていかないと、
年を取ってしまえば、当人はもう安心していられない、
家族は、身内の介護に奮闘して、共倒れになってしまう、
子どもは、家庭と言う密室で虐待されているのに、誰も止められない、
若い人の精神的苦悩に答えは与えられず、経済的負担が押し寄せて来る・・・
といった、大変な悪循環を繰り返してしまいます。

アルツハイマー病の原因は、私が介護職になった当時は、まだ不明であり、
したがって、治療方法もない、致命的な病気でした。
それから、近年の医学の飛躍的な進歩のおかげで、原因が明らかになりつつありますが、
まだ、確実な治療方法が確立されたところまでは、到達していません。

この間、一旦義父のレベルがガクンと落ちた日がありましたが、またその後、落ち着いています。
しかし確実に、身体能力、思考能力、その他全般、人としての能力は落ちていっています。
それでも、脳の中のどこかにちゃんと生きている部分があり、わかっているのだな〜〜と思います。

見ていると、確実に世話をしている人の違いに気づいているようで、
義父と一緒にいることを楽しんでいる、愛を持って接する人が傍にいる時には、
彼も落ち着きます。

老後のために、お金を用意しておかなければ・・という人は多いと思いますし、確かにある方が良いわけですが、
それよりも、どれだけ信頼し合える関係を、人(家族や友人、ご近所や一般の人)と築いていけるか、
日頃、常に自分を開いていることの方が、もっと大事なことだと思います。
                                           禮



Who Am I?
私は誰?









This picture of my step-father, was taken 8 months ago.
これは、8ヶ月前に撮影した私の義理の父の写真です。

And this next picture is from today.
下の写真は、現在の彼です。

You can see the difference in how present he is, and how his body has changed.
見ておわかりになるかと思いますが、彼の存在感の違い、身体の変化が見てとれます。

Alzheimer's disease takes the personality, the memories and the "self" we are all used to being.
アルツハイマー病は、私たち皆が大変慣れ親しんでいる “自己” 、人格や記憶を奪います。

Slowly, a person ages and fades away. It is a sadness I hope no one experiences.
ゆっくりと、この病気の患者は年を取り、消失していきます。
これは悲しみであり、誰もこの病気にかかることがなければいいのにと思います。

My father died suddenly in front of me when I was only 13.
私の父は、私がたった13才の時に、突然、私の目の前で亡くなりました。

That was 44 years ago.
それは、今から44年前のことです。

I never had a chance to really know him, or say goodbye.
私には、彼を本当に知るチャンスや、さようならを言う機会はありませんでした。

Now, my stepfather does not know who I am.
今、私の義理の父は、自分が誰であるかわかりませんし、私のこともわかりません。

He does not even know my mother, or his other children.
彼は、自分の妻である私の母、あるいは、自分の他の子どもたちのことさえも、わからなくなっています。

But he is still here. Each day he is a little more gone.
しかし、彼は今だにここにいます。毎日、彼は少しずつ、この世から離れていきます。

Each day, I get to love him, and say goodbye.
毎日、私は彼を愛する機会、さようならを言う機会をもらっているのです。

It is hard to help him. He is afraid and can be very angry.
彼の世話は、大変です。彼は大変恐れていますし、また強烈に怒る可能性があります。

But, I feel it is a great blessing to be with him and my mother.
それでも、これは彼と私の母とともにいられる大いなる祝福だと、私は感じています。


 It is the closest we have ever been.
 これまでに、私たちがこんなに近く
 一緒にいたことはありませんでした。

 And though there is the knowledge the end is closer, 
 our love still grows.
 死というお別れが近づいているのを察知しても、なお、
 私たちの愛は育っていきます。

 Don't let there be any anger, shame or hurt 
 between you and your family.
 あなたとあなたの家族との間に、
 どのような怒りも、恥らいも,
 または、傷つけたりするようなこともないように
 気をつけて下さい。

 We all have such a short time on this Earth.
 この地球上で、私たちは皆、
 とても短い時間しか与えられていないのです。

Make forgiveness the most important thing!
許しを、人生の中で最も重要な課題にして下さい!

Love each other with all your heart...
あなたの心まるごと、お互いに愛し合いましょう・・・

... while there is still time.
まだ時間がある間に・・・

James

JUGEMテーマ:介護

| 身体の健康/Physical Health | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
手巻きの目覚まし時計
ジェームズが、歯車が真鍮、軸はスチールで出来ているという、
多分、今日の世界で最良の質であろうという手巻きの目覚まし時計を、インターネットで見つけました。


とてもクラッシックな金色の目覚まし時計で、
二つのベルが上部に付いていて、時間になると自動的に鳴る仕掛けになっている、
本当にオーソドックスな形のものです。

アメリカ国内で見る、同じような形の手巻き時計は、
大概、中国やメキシコで作られていて、
部品の一部に、必ずプラスチックやアルミが使われているため、
全部品が真鍮やスチールで出来たものに比べると、寿命が大変短いのだと、彼は言います。

それで、この時計を捜し求めていたのでした。
この時計はセルビア(もとユーゴスラビアの一部であり、現在はセルビア=モンテネグロの構成国の一つ。)製です。


私は子どもの頃に、同じような手巻きの時計を持っていましたが、
夜になると、周りの静けさに反して、時計の音が耳に響いて、眠りにくかった記憶があるため、
その時計が家に届いた時、あまり嬉しくありませんでした。

するとジェームズが、

子どもの頃にその時計を持っていたけれど、どこかにいってしまい、
それ以来、これを手に入れるのを夢見ていたこと、

この秒針の音を聞くと、深く眠りにつくことができるのだ

と説明したので、ビックリして、
「私は、子どもの時に、かえって眠れなかったけど!?」と言いました。

しかし、よ〜〜く考えてみると、
最近の私は、いざ寝ようと思って寝床へ入ってから、いろんなことを考え始め、
どんどん思考が巡り、眠れなくなる・・・
という困った状態になっていることも思い出しました。

寝る直前になると、考えることが止められなくなるのです。
どこかで、考えを巡らすことを自分が楽しんでいる感覚があって、良くないと思いつつ、止められません。
身体を動かす必要もないし、周りが静かなので、考えに集中でき、
大変簡単に思い詰めることができます。

ですから、昔、時計のせいで眠れなかったという、嫌な記憶が出て来たにも関わらず、
結局は、ジェームズのアイディアに同意しました。

その晩、意識を時計の秒針の音へ向けてみました・・・。
規則正しく刻まれる音を聞いていると、考えが湧く隙がありません。
そして、その音に自分を委ねるようにして、リラックスします。
すると、すごく簡単にぐっすり眠れたのです!!

今では、すっかり安心しています。
深い安眠を得られると、目覚めた時に疲労を感じることがありません。
すなわち、朝起きた時に幸せ感を得られます。日中に集中力も出てきます。

寝床の中へ入ると、頭の中がぐるぐるしてしまう人は、
手巻き時計を購入してみるというのを、一度試されてはいかがでしょうか?!
                                           禮




The Secret Of Meditation
瞑想の秘密









I love my clock. It makes a simple sound we call, "tick-tock."
私はこの手巻きの時計を愛しています。
それは、あの“チク・タク”という単純な音をたてます。


But sometimes the clock sounds like someone walking, or a horse galloping.
時々、それは誰かが歩いているような音のようにも聞こえますし、
また、馬が駆けるような音にも聞こえてきます。

It is easy to listen to "tick-tock," and fall asleep!
“チク・タク”を聞き分けることは簡単で、すぐに眠りに落ちていきます!


It calms my mind, so it is like meditation...
それは私の頭脳を落ち着かせるのです。そうです、ちょうど瞑想のように・・・。


I have worked many years with people who want to meditate.
私は瞑想をしたいと願う人々とともに、長年仕事をしてきました


I give them simple exercises, like, watching their breath, or watching their thoughts come and go.
私が彼らに単純なエクササイズを与えます。
例えば、呼吸に意識を払うとか、
考えが頭の中で行ったり来たりするのを観察する、といったものです。


Sometimes, I will give them an object like music, an image or a candle flame to focus on.
時々、私は彼らに対象物、例えば音楽や写真や絵、またはろうそくの火など、
瞑想で焦点を当てるための物を与えます。


All these things are, in some way, like an action, something to do, to "get" to meditation.
それらすべての物は、行動するための何か、瞑想を“得る”ための何かであり、
ちょうど『行為(行動すること)』と同じ意味となります。

It's understandable.
人々が、瞑想をするためにそのような何かが必要だと思うのは、容易に理解できることです。


If I want to learn to ride a bike, or drive a car, or play the piano, I must practice.
もし、私が自転車の乗り方や自動車の運転の仕方、あるいはピアノの弾き方を学びたいならば、
私は練習しなければなりません。


After some time, I become a good driver, bike rider, or piano player. But, this is part of the problem with meditation. 
そうした後に、私は上手に自転車に乗れるようになったり、運転が出来る人になったり、
または、ピアノ奏者になるわけです。
しかし、瞑想に関しては、ここに問題が発生します。


I can never become a good meditator!
私たちは決して、瞑想の達人にはなることはできないのです!!


Why? Because if I try to do meditation, I have this image of "being a good meditator" in my mind. That is thinking, and we can never use thought to "get to" no-thought!
なぜでしょうか?

それは、私が瞑想 “しようと試みた” のなら、
私は『瞑想の達人である』というイメージを、自分の意識の中に持つことになります。

しかし、そのイメージは考えであり、
私たちは決して『無思考の状態を“得るために”』考えを使うということは出来ません!

Thought is an action. Thoughts always change, don't they?
考えとは行為なのです。考えは常に変わっていきます。そうですよね?


Our life and experience always change, too! Do you agree?
私たちの人生と経験も、常に変わっていきます。そう思いませんか?


Change is always with us, like the tick-tock of the clock.
変化とは、常に私たちとともにあり、まるで時計の “チク・タク” と同じです。


Many people believe thought is automatic. But, if you look carefully, you can learn how to "turn thought off."
多くの人々は、考えとは自動的なものであると信じています。
しかし、もしそれを注意深く見てみるなら、
私たちは、『思考のスイッチの切り方』を学ぶことができるのです。

How?
どうやって?


By relaxing, and doing nothing.
リラックスすること、それから、何もしないことによってです。


Breathe, relax, be fully present, watch everything, listen to each sound, but do not react, judge or try to meditate!
深呼吸し、リラックスし、完全に現在に在る状態であること、
すべてを観察し、それぞれの音を聞き・・・

しかし、反射的な反応を起こさず、判断を下さないこと。
瞑想を試みないこと!

That is taking action!
それらは『行動を起こしていること』に当たります。


Now, understand this...
では、これを理解して下さい・・・


Without silence, there can be no sound. Without stillness, these can be no movement. Without a clear, unconditioned consciousness, there can be no thought coming and going.
静けさなしには、音は存在できません。
静止の状態なしには、動きは存在できません。

澄んでいる、何の条件も持たない意識なしには、
やって来ては去っていく考えが存在することは、不可能なのです。


So, if I close my eyes, breathe, and listen only to the clock, am I doing anything? Is listening and naturally breathing an action?
では、私が自分の目を閉じ、呼吸をしていて、時計の音だけを聞いているなら、
私は何か行動を起こしていますか?
聞いていること、そして自然に呼吸していることは、
行動していることになるでしょうか?


No.
なりません。


Bring silence, stillness and clear, unconditioned consciousness together as you relax.
ですから、あなたがリラックスしている時に、
静けさ、静止、そして澄んでいる無条件の意識状態、それらすべてをもたらして下さい。


Now, keep relaxing. Each time you think, relax more.
そして今、リラックスし続けて下さい。
あなたが考える度に、もっとリラックスして下さい。


The more you relax, the more present and alert you are.
あなたがリラックスすればするほど、あなたはより現在に在り、隙がありません。


Soon, the first wisdom will come. It understand how we cannot become what we already are!
しばらくすると、初めの智恵がやってくることでしょう。
それは、すでに『私たち自身である』ものになる、なんてことは出来ないのだということを
理解しています。


That is the consciousness of meditation, recognizing itself!
それが、『瞑想の意識がそれ自身を認識している』というものです!


Get yourself a little Tick-Tock Clock, and know yourself as the changeless, unconditioned presence you have always been!
あなたも小さなチク・タク時計を手に入れて、
自分自身を、変化することのない、何の条件も持たない存在として知って下さい!
あなたは常にそうなのであり、これからもそうなのです!

James

JUGEMテーマ:瞑想

| 身体の健康/Physical Health | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
からだのはなし(子宮筋腫)
2007年2月に、子宮筋腫であることが判明しました。
今のところ、良性であるとのことですが、
生活に支障をきたしているので、
さんざん考えた挙句、今年、手術を受けることにしました。

インターネットで調べたところ、
今、世界中の女性の2人に1人が、子宮筋腫を持っているそうです。

子宮筋腫ができる要因としては、

合成洗剤、化粧品、シャンプーなどに含まれている化学物質、
生理用品も、市販されているナプキンは、石油製品です。

飲料水の中に入っている、化学薬品、
野菜や、お米などに使われる農薬、
肉や魚が受けている化学物質汚染、

生活の周りで使われる、多量の化学物質は、すべて、生命のサイクルの中で循環して、
人間や動物の体内に蓄積され、植物に影響を与え、土、海水を汚染します。

その他、ストレスを受ける、
放射能を浴びているような環境にいる、など、目には見えないものも、
原因として考えられています。


この間、自転車に乗って、住宅街を走っていたら、あるお宅の脇を通り過ぎた時、
頭や顔全体に、霧状のものがかかったのです。
その家の植え込みに、家主さんが、石灰硫黄剤という農薬を撒いていて、
全身に浴びてしまったのでした。

私は、普段、自分の身体をいたわりたいので、
農薬をなるべく使っていないものを食べたいと思っていて、

そういうことなら、
自分が家庭の中で『薬』と称する殺虫剤や、殺菌剤を使うということは、
自分が買っているものと、矛盾するのではないだろうか?

・・・と気がついてからは、使わないようにしています。

まだ、野菜やお米を、自分で、農薬なしで作っているわけではないので、
野菜やお米を作ってくださってる方の、ご苦労や悩みを無視するわけではないのですが、
少し考えてみてほしいのです。

私に農薬をかけた、その家主さんは、
ご自分は、帽子、マスク、めがね、ゴム手袋をして、
自分の皮膚に薬がかからないよう、完全防備していました。

虫が死んでしまうほど、植物だけを保護しなければいけないのか?
人が、その害を体内に蓄積しようとも、生まれてくる子どもに影響が与えられようとも、
その『薬』を使う必要があるのか?と。

私と同じ症状の方、また、生産者の立場の方、
いろいろな方のいろいろな意見があると思います。
どうぞ、よろしければ、ご意見を下にあるコメント欄に書き込んでください。

Mrs Fur





| 身体の健康/Physical Health | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode