日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

Our Responsibility:私たちの責任
 Master Of Compassion: Our Responsibility
シリーズ<慈愛をマスターする人>
私たちの責任


As you have heard, there has been a shooting in Arizona.
もうお聞きになったと思いますが、アリゾナで民間人の無差別銃撃がありました。
スーパーマーケットの敷地で、民主党議員が集会を開いていた時、悲劇は起こりました。


Six people have died, and 13 are wounded.
6人が死亡、そして13人が負傷しています。


We have seen this many times in America.
アメリカでは、このようなことは何度も起こっています。


The news is full of the story. 
今までも、ニュースにはこんな話しばっかりです。


Many people ask, "why does this happen?"
多くの人々が「なぜこんなことが起こるのか?」と尋ねます。


But then, too quickly, the story is forgotten.
しかし、そうしてすぐさま、この話しは忘れ去られます。


The questions stop, and very little changes.
疑問はそこで止まってしまい、変化はほとんどもたらされません。


Today in America, the "tea party conservatives," whose political party is called "Republican," are very angry, and saying, "We are the real Americans!"
今日のアメリカでは、共和党と呼ばれる政党が発起した『保守派:ティー・パーティー』が非常に活動的で、
彼らは非常に怒っており、「私たちが本当のアメリカ人だ!」と叫んでいます。


They believe that corporations should control politics, that English should
be the only language, and Christianity should be the only religion. 
彼らはアメリカについて、大企業が政治をコントロールするべきだ、
英語が唯一の言語であるべきだ、
そして、キリスト教が唯一の宗教であるべきだと信じています。


Their leaders have said on the radio and television, it is OK to use guns and 
violence to make the change they want in America.
彼らのリーダーたちは、ラジオやテレビで、
アメリカで彼らが求めている変化を生むためには、銃や暴力を使っても構わない、
と言っているのです。

In 2010 March, Palin released a map featuring 20 House Democrats that used crosshairs images to show their districts. (You can see it here.) Critics suggested at the time that she was inciting violence by using the crosshairs imagery and for later writing on Twitter to her supporters, "'Don't Retreat, Instead - RELOAD!'" Meaning, "Use your guns!"
去年の3月、サラ・ペイリン共和党議員は、彼らが敵視する20人の民主党議員の所在に対し、銃を構える時の標的マークを被せた地図を発表しました。

その当時、標的マークを使うことで、彼女は暴力を煽動していると批判があがりましたが、
後になって、ペイリン議員はツイッター上で彼女の支援者たちに向け、
「退却してはいけません!次の弾丸を込めなさい!」
すなわち『あなたの銃を使いなさい。』と発言しています。

また今回の事件で、頭を撃たれた民主党議員は、この20人の中の1人です。



When others say, "Violence is wrong!" The Republicans laugh and say, "We 
don't really mean it!"
他の人々が「暴力は良くない!」と言うと、共和党は笑って、こう言います。
「私たちが言ったことは真意ではないのです!」


But violence from crazy Republicans is growing.
しかし、狂気的な共和党からの暴力は増長しています。


The world is getting smaller. We are all having to face the consequences of
our actions, because what happens here can affect others far away.
世界は狭まってきているのです。
私たちは全員、私たちの行動がもたらす結果に向き合わなければならなくなっています。
なぜなら、ここで起こっていることが、遥か彼方の他の人々に影響を及ぼすことが可能なのです。


What is the responsibility of a Master of Compassion?
慈愛をマスターする人の責任とは何でしょうか?


One day I was at the market, and saw a woman hit her child many times.
ある日、私がスーパーにいた時、自分の子を何度も叩いている女性を見ました。


I felt so badly. I approached her and and said, "I see you are in trouble. Can I 
help you?"
私はひどく気分を害しました。彼女に近づいていって、
「私は、あなたがトラブルの中にいるのが見えます。何か私にできることはありませんか?」と言いました。


She did, and apologized. My heart was beating fast, and I felt very concerned 
for the child.
彼女は叩くのを止め、謝りました。
私の心臓の鼓動はとても早く、またその子どものことを大変憂慮しました。


How could I be sure that she would be safe?
その娘が安全だと、どうやって確信できるでしょう?


I could not know she was, unless I was with her. It was impossible.
私がその娘と一緒にいるのでなければ、彼女が安全かどうかわかりません。
もちろん、その娘とずっと一緒にいることなど不可能でした。


But, I still had to ask her to stop hitting her child.
しかし、私はやはり母親に、自分の子どもを叩くのを止めるよう尋ねなければいけなかったのです。


We all must start asking for the violence to stop.
私たちは皆、暴力を止めるよう尋ねるところから始めなければいけません。


Will insane anger rule this world, or will love and compassion rule?
狂気的な怒りが、この世界を支配するのか、
愛と慈愛、思いやりが、この世界を支配するのか?


No one can do this for us. If we wait too long, there will be great suffering.
誰かが私たちのために、愛と思いやりが支配する環境を用意してくれるわけではありません。
誰かがそんな環境を差し出してくれるわけでもありません。
もしあなたが、そのような状況をただ待ち望んでいるのであれば、その先には巨大な苦しみがあることでしょう。


We must all heal ourselves, and then help heal the world.
私たちは皆、自分を癒さなければいけません。
それから、世界を癒すことを手伝います。


We are all being asked to be Masters of Compassion!
私たちは皆、慈愛をマスターするよう問われているのです!


Now, more than ever, this is the time of compassion.
これまでにないほど、今が慈愛の時代なのです。


James


| 暴力/Violence | 04:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode