日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

楽茶碗の作陶体験 結果報告 Making Japanese Raku Teacup!

今年の夏、ジェームズが楽茶碗を作ってみたいということで、

親しくさせていただいている先生の工房を訪れました。

This last summer, James wanted to create a Japanese Raku teacup, so we visited our two master's studio.

 

京都市内から車で1時間ほど、亀岡の静かな山間の中に二人の先生が窯を持っています。

隣には素晴らしい庭園のある伝統的な日本家屋もあります。

They live an hour from central Kyoto, in an area called Kameoka, where they have their studio among beautiful mountains. Next to the studio, they have a beautiful traditional house with Japanese garden.

 

写真右、

左手が三代目佐々木虚室先生

In this picture on the left, is the Third Sasaki Kyoshitsu. His studio is called 帰来窯 (Kirai-gama).

http://www.kiraigama.com/

 

右手はインターンのネシムさん

フランスで日本のお茶の文化を広めたいそうです。

On the right is an intern, Mr. Nessim Cohen who wants to spread Japanese tea culture in France.

 

四代目佐々木昭楽先生は不在でした。

The Fourth Sasaki Shoraku was not there. It was his cup James found in Kibune, that drew us to him.

昭楽窯 (Shoraku-gama)

http://shouraku.jp/

 

去年の秋にお会いして以来、しばらくぶりでしたので、ご挨拶と雑談をし、午後1時半からの手順を説明していただき、工房に向かいます。

Since last fall, we had not seen them a while. We greeted and chatted at the gallery. Then our master described the proceedure at 1:30 pm and took us into the studio.

 

 

そこでは、窓際に何人かお弟子さんがズラッと並ばれて、仕事されています!

同じ空間に机がセットされていて、私たち二人が座り、

目の前で、三代目佐々木虚室先生が直接指導してくださいます!!!

There, several disciples were working by the windows! In the same space, there was a table for us to sit down. The Third Sasaki Kyoshitsu sensei taught us in person!!!

 

ポンと土をいただいて、非常に気軽に教えてくださるのですが、言われるのとやるのは大違い。

瞬く間に自分たちの決断を後悔。冷や汗

(あー、これにこれだけのお金かけちゃうなら、先生の器を買った方がよっぽど良かったのでは…!)

He gave us a chunk of clay and very casually told us what to do. It's not easy as he says, of course! I immediately regreted our decision. Hmm, if we spend this much money on our cups, wouldn't it be better buy our mater's cups!?

 

しかし、時すでに遅し。ここまで来てしまったので、やるしかない!

1回目はひどい出来で、2回目に多少マシに作れました。

However, it's too late. All we can do is our best!

Our first trial cups were bad, and the second ones were a little better.

 

形を作った後に削る作業があるのですが、土を乾かすため、1時間ほど隣の日本家屋でお茶をいただきます。

フランスからインターンとしてお茶を学びに来られているというネシムさんが和装して、とても真剣にお茶を入れてくださいました。

First we formed the cup, then chiseled and scraped it, but we needed to dry it for an hour before sharpning. We moved to the Japanese house and were served matcha. Mr. Nessim wore a Japanese kimono-type clothing, and talked to us about tea culture, then he served matcha in a very serious way.

 

 

その後工房へ戻り、削りの作業に入ります。

削るのは、形を作る時より神経を使います。

ジェームズは削り過ぎてしまい、危うく形が崩れそうになり、先生に救っていただきました!

私は作業が進むにつれ、この器がとても気に入って、どんどん楽しくなりました。

Then we moved back to the studio and started sharpning our cups. Sharpning requires more attention than forming. James accidently oversharpened, so our sensei halped him re-form the cup. I enjoyed the process more and more as I proceeded and started loving my cup.

 

先生に何度かチェックしていただき、最終的なオーケーをいただいて、作業終了です。

再びギャラリーの方に戻り、お茶をいただいた時には、自分がどんなに緊張していたか実感しました。(笑)

Our sensei checked our cups several times and finally gave us the final okay. We were done! We went back to the gallery and had a cup of tea. I realized then how tense I was during the process!

 

作品は後ほど釉薬をかけていただき、焼かれ、アメリカの自宅まで送っていただきました。

Our cups were glazed, fired, and sent to our home in the United Sates.

 

早速荷を解くと、二つの黒茶碗が出てきて、あら〜〜素敵!

もちろん、先生のようなプロの方が作ったようにはいきませんが、

なぜかとても愛おしく感じます。

When we opened the package from Japan, two rich, black cups appeared! Wow, wonderful!

Of cource, these are not like our master's cup, but still, they are very lovely!

 

これでお茶を点てるのが、ものすごく楽しみになりました。

黒色の深さ、つや、実際に手に取ってみるとものすごく素敵で、

かけがえのない体験、かけがえのない一品となりました。

Now I'm very much looking forward to having matcha with this cup. The color and shininess of the black glaze is actually very attractive. It was a once in a lifetime experience, the only cups like these in the world.

 

京都で楽茶碗を作る窯が6つあるそうですが、楽茶碗を作らせていただけるのは、ここだけです。

私たちはそうとは知らずにここを訪れ、作陶できると知り、申し込んだのですが、

なんてラッキーなんだと思いました。

There are six Raku studio in Kyoto, but this one is the only studio which lets us come make our own Raku teacups.

We didn't know anything, but we found our master's studio and visited. Later, we knew that we can make cups with their guidence, and we did. How lucky we are!

 

ご興味のある方は、ぜひ体験されるといいと思います。素晴らしい時間を過ごせます。

If you are interested in this whole experience, please contact through the Shoraku-gama website. You will have a great time there.

 

 

左がジェームズ作、右が禮子作です。

On the left by James, on the right by Reiko

 

和文、英文ともに/禮子 筆

Written by Reiko

JUGEMテーマ:作陶

 

| 贈り物/Blessings | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
10月31日付けのブログで、鶏小屋を改良するプロジェクトの話しをしましたが、
その後も徐々に改良が進みました。(笑)
In our blog on October 31st, I talked about the chicken project for the improvement of chicken's environment. Since then, we have proceeded little by little.

前回は、雌鶏がタマゴを産めるように、産卵専用巣箱を作ったのですが、
私がインターネットでリサーチし、巣箱を使ってもらうにふさわしいと思った設置場所は、
どうやらあまりふさわしくなかったようで(汗)、雌鶏どころか、雄鶏すら見向きもしません・・・。(涙)
The last time, we made a nest box for the hens. I studied on the internet about where is the appropriate place for the nest box, but my idea didn't look like it's working. Not only the hens, but the roosters were not attracted to it. 

5日ほど様子を見ていましたが、
雌鶏は相変わらず、そこよりも高所にある、段ボール箱の寝床の中にタマゴを産み続けています。
どうやら違うようだ・・・と言うことで、
ちょうど気候が冷え込んだ時に、思い切って、鶏小屋の中の物を配置換えしました。
(リサーチによると、鶏は、たまに寝床の位置を変える方が良いとのことです。)
I had observed them for 5 days, but our hens were keep laying eggs in the cardboard box where they slept every night and it is a higher place than I put the nest box. I thought, "Hmmmmm....my guess didn't work." So when the weather got colder, I re-arranged the things in the coop. (According to the information, moving the chicken's sleeping place regularly is better for the chickens.) 

そしてその時に、雌鶏がタマゴを産み続けている段ボール箱があった場所に、巣箱を置きました。
また、この箱が産卵用巣箱だと雌鶏にわかってもらえるよう、念のため、偽タマゴを入れておきました。
At that time, I exchanged the place with the cardboard box for the nest box. Also I put a wooden egg in it, for just to be sure the hens would understand that it's a nest box for them.  

アメリカではイースターのお祝いがあるので、
美しい偽タマゴの飾りなどがあります。
In the U.S., we have Easter, so there are many beautiful painted Easter eggs as decorations.

イースターとは、復活祭とも呼ばれ、
キリスト教徒にとって大事な日です。
キリストが十字架に掛けられて死んだ後に、復活した(生き返った)
という話しに由来しています。
Easter is also called "Fukkatu-sai" in Japanese, which is very important day for Christians. It derived from the story of Jesus Christ risen from the tomb, after he was crucified on the cross.  

タマゴは、亡くなったキリストが墓から出て来る(復活する)ことを象徴するため、
この日は、タマゴの殻を美しいデザインで飾った物や、卵形のチョコレートなど、様々なタマゴが活躍します。
Eggs are the symbol of Christ who died but rose from the tomb. On this day, many varieties of eggs, such as beautifully designed egg ornaments, egg-shaped chocolate or Easter-egg hunts, will surround you. 

義母の持ち物の中に、ちょうどいい大きさの木製の偽タマゴがあったので、
それをおが屑のベッドを作るとともに、巣箱の中へ入れておいたのです。
My mother in law has a perfectly sized, beautiful wooden egg. I made a bed with saw dust in the next box and put that "egg" in there. 

・・・す、すると、
毎日1個のペースだった産みたてタマゴが、
なんと3〜5個になりました!!
これはすごい!!
巣箱が与えている環境で、
明らかに雌鶏がリラックスしています!
Then!! The numbers of eggs per a day was dramatically increased from 1 to at least 3 to a maximum 5!! This is amazing!!! The environment of the nest box certainly gives relaxes the hens!!!

また初めは、午後2時を回らないとタマゴが産まれてこなかったのですが、
今では、早朝に産まれたタマゴが、朝の餌やりの時に採れるようになっています。
タマゴ1個の大きさも、初めての頃より、やや大きくなっています。
At first, we couldn't get eggs until 2pm, but now, they lay eggs very early in the morning. When I go to the coop to feed them in the morning, I can get them. The size of the egg has become a little bigger than a month ago.

ジェームズも義母も私もすっかり嬉しくなりました。
しばらくは「今日はO個とれたよ!!」というのが、朝の挨拶のようになりました。
James, my mother in law and I became very happy! For a while, our morning greetings became "We got this many eggs today!!"

たまに血のようなものが混じるタマゴがあり、
これが有精卵です。
(右の写真、向かって左側。)
Sometimes, there is blood on a yolk, which is a fertile egg. (the left egg in the photo to the right.)

現在、市場で有精卵を手に入れることは、
ほとんどないとのことで、
かなり貴重な栄養源です。
(って、消費する側でしか見てませんが・・・汗!)
In these days, we are no longer able to get fertile eggs in the market. So this is a very precious nutrition. (Sorry...it's only a consumer side of view...) 

母鶏がタマゴを温めて、ヒヨコが孵るのを
体験してみたい気もしますが、
今はまだまだ6羽で十分ですね・・・(笑)
I would love to have a hen lay an egg and hatch it in our coop, but for now, we are more than happy being our 6 chickens!





Ray

JUGEMテーマ:鳥が好き!

| 贈り物/Blessings | 12:52 | comments(6) | trackbacks(0) |
Chicken Project & the First Egg! / 鶏小屋プロジェクトと初たまご
手術後すぐに鶏小屋の掃除などをして、快復を遅らせてしまったため、
その後ずっと安静を第一にしていて、鶏小屋はかなり放ったらかしにしてしまいました。
Just after my surgery, I cleaned up the coop and it caused my healing to go slow. I had been in bed and inactive so long, the coop had been neglected.

鶏はどんどん大きくなって、
6羽はもっと大きなスペースを必要としていることがわかったのですが、
どのように拡張するか検討するのにも、かなり時間をかけてしまいました。
Our chickens had grown so big, we knew they needed more space. But we didn't have enough time for the project. So we took time to discuss about how we'd extend the coop and where.

その間に、鶏に十分なケアが行き届いていなかったため、
鶏が荒れてきて、特に雄鶏が攻撃的になり、
雌をつっつくようになりました。
While we were thinking about the project, we couldn't take care of chickens well enough. They got very irritated, especially the roosters, who became so aggressive  they started pecking the hens.

雌鶏の羽が引っぱられるのを目の前で見たり、雌鶏が叫ぶ声を聞いているのも痛ましく、(なんとかしなければ・・・)と思っていたのに、
それでもフェンスを注文したりするのに時間がかかってしまいました。
Seeing that phenomenon or hearing it was painful to me. Since I was seriously considering their environment, ordering the fences was delayed. 

もともとの鶏小屋は、この家に引っ越してきた時に出た廃材を使って、業者の人に建ててもらったのですが、
鶏と暮らしていくうちに、足りない物がたくさんあることに気がつきました。
Originally, this coop was made of waste wood when we moved here in February. It was built by a professional worker, but as I spend more time with chickens, I noticed more that there were many things needed in this coop for healthy chicken life. 

1、四方を壁に囲まれたエリア(特に寝床)を作ること:鶏に安心感を抱かせる。(特に夜間。)
2、寝床に止まり木を作ること:彼らが休みやすくなり、じっとする位置が決まるので、糞を掃除しやすい。
3、雌鶏の産卵箱を作ること:雌鶏が安心して休め、卵を産める。
4、チキン・ランを作ること:日中に鶏たちがもっと広いエリアを散策できる。
5、小屋の中にいくつか止まり木を作ること:様々な高さの場所に留まれる。
1, Walls into 4 directions (especially for the bed) for giving them a safe place. (especially during night)
2, The perch at their bed for them to rest easily and easy cleaning.
3, The nest box for hens to rest and to be safe to lay eggs.
4, Create a chicken run for giving them more space.
5, More perches with various heights in the coop for their joy.

今も上記のプロジェクトは進行中です。
Those projects are in progress.

チキン・ランの一部、小屋の前にフェンスを建て、小屋で作業中は鶏が避難できる場所を確保しました。
それで、鶏にストレスを与えず、じっくり掃除することができるようになりました。
As a part of the chicken run, we built the fence panels to create a refuge for them to feel safe while I work in the coop. Now I can clean up the coop without scaring them.

加えて、野菜くずを細かく刻んだ物を
エサとして追加することに気がつきました!
ウリ、ピーマン、パセリ・・・
食べない野菜があると、
皮や種も付いたままフードプロセッサーに入れたり、
ハサミで切ったりして、細かく刻みます。
Additionally, I started giving them vegetable scraps! Squash, green pepper, parsley...any vegetable we don't eat can be their gorgeous breakfast. I put those vegetables with seeds and the skin to the food processor or cut them into pieces. 

スペースの拡張と野菜くずの食事が効いて、だいぶ鶏がハッピーになっています。
In addition to the space and scraps, our chickens are back to being happy ones!

それにしても、雄鶏はもう十分成長し、頻繁に雌鶏に乗っかるようです。
早く産卵箱を作らないと、そろそろ卵を産むんじゃないかなあ〜〜と思っていたら・・・
Anyway, the roosters matured, so they can not stop getting on the hens. I felt the need for the nest box,and they might lay their eggs sooner.....

今日、初めて卵が小屋にありました!!
それも2個!
(写真左の物差しは、センチメートル。)
Today, I got the first eggs!! Two of them!! In the picture left, the measurement is in "centimeters". 

小屋の中にやや高くなっている部分(ベンチ)があり、
そこにはエサや水飲み容器を置いていますが、
ポツンと1個、その隣りにありました!
2個目は、ベンチの下の隅っこの影にありました。
In the coop, there is a bench where I usually put the food and the water containers. One egg was sitting next to the water container! The second one was under the bench in the shadowy corner.

感動です・・・。生まれて初めて、鶏の産卵に立ち会いました。
鶏小屋を整え清潔に保つのに、手間がかかりますが、
卵を実際に手にするのは、何とも言えない喜びがあります。
今日は、醍醐味を味わわせてもらいました!!
I was moved....!!! For the first time in my life, I collected fresh eggs. Sure, maintaining and cleaning the coop is not easy, but holding the hen's eggs is indescribable joy!! Today, they made my day!!

ところで、
うちの猫が、しょっちゅうトカゲや鳥を捕まえては、私たちに見せに来ます。
たいてい獲物は生きていて、
猫をたっぷり褒めた後は、獲物を逃がします。
By the way, our cat often catchs a small creature and comes to show it to us. Very often, those creatures are still alive, so first, we praise our cat and then release the creature. 

今日、小さな鳥を捕まえてきました。
頭に朱色が走っている、すごく小さくて可愛い鳥です。
Today, he caught a small bird. This bird has a vermillion color on its head and the body is really tiny, it is very cute.

手の上に乗せていると、少し反応が返ってくるようになってきたので、
生き返れるのではないかと期待して、
敵に襲われないシェルター(庭の空きゴミポリ容器)に置いて、一人にしておきました。
When we put the bird on our hands, his response came back a little bit. We expected that it could survive, so we put the bird in a deep container where he was totally safe from any enemy and left him alone in the backyard garden. 

しかし、今回の鳥は息絶えてしまいました。
But this time, he couldn't make it.

一方では、初めての卵を手にすることができて、
一方では、命果てる鳥を見、
生命の循環、その不思議さを目の当たりにしました。
On one hand, we got the first eggs in our hands, and on the other hand, we saw one bird dying. Today, before our eyes, we saw the circle of the Life, its wonder.

Ray

JUGEMテーマ:鳥が好き!

| 贈り物/Blessings | 13:40 | comments(6) | trackbacks(0) |
ひよこの成長記録1
ヒヨコが我が家に到着して、4週間弱経ちました。

注文したスターター・キットの中に入っていた
赤外線ランプを天井の梁からつるし、
段ボール素材で囲いを作り、
床にプラスチックシートを敷き、
その上に細かいカンナ屑のようなものを敷き詰めました。

スターター・キットの中には、
ヒヨコ用のオーガニック・フードも入っていて、
3週間ぐらいはこれを与えていました。

水は簡単にカンナ屑と彼らの糞で汚れてしまうため、頻繁に取り替える必要がありました。
飲み水の中に糞が混じると、鶏が病気になるからです。

しかし、思ったよりも手間もかからず、
鶏たちはどんどん日に日に成長し、
ガレージに設置した段ボールの囲いが
だんだん狭くなっていきます。

また赤外線ランプが24時間ついていると、
ガレージが温室かと思うぐらい暖かくなり過ぎて、
鶏にストレスがかかるようになりました。

外は夏。
明け方に気温が低くなるので、夜に赤外線ランプはあった方が良いのですが、
庭の鳥小屋には、まだ電気が引かれてないため、しばらく様子を見ていましたが、
さすがにそろそろ、もっと広いスペースへ移すべきだと判断し、
私たちは彼らを庭の鳥小屋へ移すことにしました。


一晩明けて・・・ 

結構大丈夫そうです!
ガレージしか知らなかった彼らが、
突然自然の中に置かれて、環境がガラッと変わってしまいましたが、
少しずつリラックスしていくことと思います。

そういえば、私の鶏恐怖症は、
ヒヨコに触れることで、すっかり解消しました。

ヒヨコのくちばしは柔らかいので、
恐れることなく、捕まえたり、抱くことができたのです。

他の生き物に赤ちゃんの頃から触れていたなら、
きっと恐怖や嫌悪感を拭うことができると思います。

他人種、他民族どうしでも、人間が赤ん坊のころのままで生きていくなら(宗教上の信念やナショナリズムなどを育まなければ)、
武装などいらないのです。


世の中が信頼と愛で成り立ちますように・・。






                                            禮

JUGEMテーマ:鳥が好き!

| 贈り物/Blessings | 04:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
Welcome Home : 引っ越ししました。
義父母とともに去年の1月にカリフォルニアに戻ってきて、新居を探していたのですが、
去年の暮れ、ついに購入できました。
そして、2月に引っ越しがありまして、毎度のことながら、大きなシフトを体験しています。

ジェームズと私二人の荷物は、言ってもそんなにないのですが、
義母が大変な物持ちで、大きくて重たい家具やこまごまとしたものを山ほど持っています。

前回の東海岸からの引っ越しでは、義母は「もう年をとって、私にはこれしかないから・・」と言って、
全部持っていきたいということで、取捨選択することなく、すべてパッキングしました!!

さすがにこの時は、オハイに着いて、身体が壊れそうでした。
それに比べたら、今回は初めから引っ越す予定で、必要最低限のものだけ箱から取り出して使っていたため、
楽なはず・・・・確かに楽ではあったんですが、新居ですべての荷物を解く必要があるため、
その量に改めて圧倒されています・・・。
(そういえば、日本では断捨離というのが流行っている(いた?)そうですね。もう大賛成です。
こちらはそれに比べ、全くかけ離れた世界です。)

新居があまり収納能力がないせいもあって、
今回は、特別重要でないと思われるものは、義母にたくさん手放してもらっています。
まだまだたくさん家の中の仕事があります。

新しい場所はとても明るくて、家族の異なったニーズに応えてくれ、機能性が高く、
家族全員が、この家に満足しています。

ここで野菜を育てたり、鶏を飼ったりする予定で、
現在も着々とプロジェクトを進めています!
ここがオフィス・ヒーリングセンターとしての役割も果たしていけるようにと計画しています。

・・・ということで、ブログを長らくお休みしていまして、申し訳ありませんでした。
                                           禮

Hello Everyone,

こんにちは、皆さん!


Today, there is so much beauty in Ojai, and our lovely new home is a great blessing.

今日、オハイには美が溢れています。そして、私たちの愛する新しい自宅は、大いなる祝福です。


Look around your home, inside and outside.

あなたの家、その中や外を見回してみて下さい。


City, town or wilderness, home beckons warmly, lovingly.

市、町、あるいは自然の中、住まいは暖かく愛情深く手招いています。


People say, "Home is where the heart is."

人は「心のあるところに家庭あり。」と言います。


I say, "Heart is where home is!"

私は、「家庭のあるところに心あり。」と言うでしょう。


Look now at the love you have for your home; the place, the setting, the surroundings, and the rooms…

今、あなたの自宅:場所・生活環境・あなたを取り囲むもの、そして部屋の数々に対する愛情を見て下さい。


Your heart feels settled in cozy, welcoming peace.

あなたの心は、くつろいだ、居心地のいい平和の中に住みついていると感じます。


Yes, there are many things to think of and do. All those responsibilities, and the deadlines…

はい。確かに、たくさん考えることややらなければならないことがあります。責任や締め切りといったすべてのことが・・・。


But home itself? It's like a dear old friend, a favorite dog, that feeling no other place can give,

しかし、我が家そのものはどうでしょう?

それは昔からの大親友、大好きな犬のようなもので、その気持ちは他の場所からは決して得られません。


Always loving, always there… or is it?

常に愛情溢れ、常にそこにあり・・・そうじゃないですか?


People also say, "You can't go home again."

人はこうも言います。「あなたは二度と故郷に戻れない。」


It's true, we can't. Things change, the moment in time is forever lost, and it's our responsibility to let it completely go.

それは本当です。私たちは戻れません。物事は変化します。

時間の中の瞬間は永遠に失われますし、また、それを完全に手放すことは私たちの責任でもあります。


The old house of your childhood can't last forever. If you don't live in it, someone else will, and they will make many changes.

あなたが子ども時代を過ごした古い家は、永久に存在することはできません。

あなたがそこに住まないのなら、誰かが住むでしょうし、その人はその家をいろいろ改装していくことでしょう。


The house was the shelter of your body, and the womb of all your days there, all your ideas and dreams...

家はあなたの身体を守る住処であり、あなたがそこで過ごした日々、あなたのアイディアや夢のすべてを温める子宮だったのです。


But is there a "home" that is your heart?

しかし、あなたの心そのものである『故郷』というのは、ありますか?


Just as your heart is always in Heaven, so Heaven is always in your heart.

ちょうどあなたの心がいつも天国にあるのと同じように、天国は常にあなたの心の中にあります。


Thus, the Heart of Heaven is Home.

そういうわけで、天国の心は故郷なのです。


We are all Home, as Home, oneself.

私たちは皆、故郷がそれ自身であるのと同じように、私たち自身が故郷なのです。


James


JUGEMテーマ:平和

| 贈り物/Blessings | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
Our Loving Friend, D-O-G:ドジ、ありがとう。
今日、我が家の老犬 D-O-G(ディーオージー:略してドジ)が、永遠の眠りに就きました。
高齢で、身体中に癌(腫瘍)があって、先月ガクンと身体状況が悪化しました。

アメリカでは、ペットが不治の病にかかって、その痛みが激しい時、生きていても苦しむだけの時、
愛犬を苦しませ続けるのが忍びない飼い主は、
獣医に安楽死の注射を打ってもらう選択をする傾向があります。

私の身近にいた日本の飼い主たちで、安楽死を選んだ人が一人もいなかったため、
初めはその考えに大変抵抗がありましたが、
最近はあまりに痛々しい姿のドジを見ていて、私にも安楽死を選択することが自然に理解できました。

私は、言葉を介することもなく、真っ直ぐに愛情を返してくれるドジが、ある意味心の支えのようになっていて、
彼が食べている限りは、一人で歩いている限りは、まだその時期ではないのではと考え、様子を見ていましたが、

月曜日に、乾燥肉のおやつにガブリついた時、ノドの腫瘍にそれが引っかかって、窒息しかけ、
崩れるように倒れて痙攣を起こし、失禁して、ひどい声で鳴きました。

私があわてて抱きかかえると、幸いそれはノドを通っていったようで、何とかまた元に戻りましたが、
後ろ足がヘナヘナになってしまいました。
義母は、心配して様子を見に来ていました。

義母もジェームズも、私がドジをとても大事にしているのを知っていて、
その直後に、安楽死について切り出すことはしないで、そっとしておいてくれましたが、

義母は心臓が悪く、これ以上ストレスをかけることは彼女の身体に良くないのと、
この後、しばらくジェームズが不在になるので、ドジに何かあったら、義母も私も対処できないこともあり、
結局、獣医さんを呼んで、安楽死の注射を打ってもらうことに決めました。


来て下さった獣医さんは、とても思いやりのある、本当に良い方でした。
(それは、私たちの悲しみやつらさを大いに軽減してくれます。)

身体をチェックして下さり、ドジの身体にある腫瘍について説明してくれました。

一つ、彼の左前足に大きなコブがあり、それは骨の癌で、
「気が狂いそうになるほど痛いんだ。」と教えてくれました。

それから、私が「まだ食欲があるんですけど・・・」と言ったら、
先生は、「犬は、足腰が立たなくなっても食べているよ。(それは、まだ死期ではないという判断にはならないんだ。)」と言いました。

注射は2本。最初に眠りにつかせ、完全に無意識にさせる薬を打ち、次に致死薬を投与します。
「どちらの注射を打っても、目は開けたままだけど、薬は完全に効いているよ。」とも説明してくれました。

そして、言われた通りになりました。

最初に注射した時、ドジが頭を起こしたため、一旦薬を注入するのを止め、
(無理矢理注射すると、ドジが痛みを感じてしまうため)
先生はゆっくりと時間を取って、ドジが痛くないようにしてくれました。

注射している間、私の頭をよぎったのは、
(彼の死を引き延ばして、ひどい激痛を長い間与え続けていたのではないか。)という申し訳ない気持ちでした。
自分がそういう思いを抱くとは思っていませんでした。

癌ですから、激痛があるのは知っていたはずだったのですが、
やはり彼が生きて目の前にいる時と、病状を説明されヒドく痛むと聞いた時、身体を離れていくのを見守った時、
自分の思いが変わります。

傍にいてほしい一心で、自分の必要性のために目が曇り、事態が冷静に見えていなかったのだなあと思いました。
それでもやはり、かといって時期を早めることもできなかったような気がします。
いわば、今がその時だったのだという気がします。

今も、過去の面影を引き出して、悲しみに暮れようと思えば、そうなりますが、
現在に在ることが、何よりも大事だという教えを実践し、
過去に戻ろうとする自分から、今を意識する自分、いろいろな状態をよく観察しています。

もちろん、彼が恋しいですし、今も大好きです。
ジェームズも、義母も、「ドジが恋しい。」と言っています。

でも、二人が「彼は今頃、痛みから解放されて、軽くなったことを喜んで、駆け回っていることだろう。
私たちの彼に対する愛は、これからも増していくし、
彼の私たちに対する愛も、これからも増していくことだろう。」と言っているのを聞いて、
二人の強さを感じました。
                                                禮





 

Our Loving Friend, D-O-G
私たちの愛する友、D-O-G

Eighteen years ago, in Northern California, I met D-O-G.
18年前、北カリフォルニアで、私はディーオージーに会いました。


A long, lonely country road was the place, and Christmas was the time...
長い、ひっそりとした田舎道がその舞台で、それはちょうどクリスマスの時期でした・・・


I was walking with my daughter, and by the side of the road sat a young,
healthy dog, watching us.
私は娘と一緒に散歩していて、その道の脇に、健康な若い犬が、座って私たちを見ていたのです。


We said hello, and went on to my parent's home, walking over two miles.
私たちは「ハロー!」と声をかけ、私の両親の家に向かって、2マイル以上も歩いていたところでした。


When we arrived, my daughter looked behind us, and saw the dog had followed
us home.
私たちが両親の家に到着すると、私の娘は後ろを振り返って、その犬が家まで、私たちに付いてきているのを見ました。


I took him back to the remote house I'd found him at, and knocked on the door.
私は、最初に彼を見つけた地点の遠く離れた家まで、彼を連れて戻りました。
そして、そこの家のドアをノックしました。


An older, grouchy woman appeared.
年いった無愛想な女性が、中から出てきました。


"I brought your dog back. He followed me home..."
「あなたの犬を連れ戻しに来ました。彼は私を追って、うちまで来てしまったものですから・・・」


"That's not my dog," she grumbled. "Get him out of here."
「それは私の犬じゃないわよ。ここからその犬を連れ出してちょうだい!」彼女は不服そうに言いました。


I spent the next two hours taking him to all the nearby houses, but no one 
claimed him.
私はそれから2時間もの間、彼を連れて、その辺りのご近所さんすべての家を回りました。
しかし誰一人として、彼の飼い主だと名乗る人はいませんでした。


Finally, he wandered off by himself. I thought, "OK, he knows where home is..."
結局、そのうち彼は勝手にどこかへ行ってしまいました。
私は、(オッケー!彼は自分の家がどこか、わかっているんだろう・・・)と考えました。


He did!
そうです、彼はわかっていました!


The next morning, he was back at my parent's home. 
翌朝、彼は私の両親の家に戻っていました。


He said, "Hey! Where's breakfast?"
そして私たちに、「ねえ、朝ご飯はどこ?」と言いました。


My mother took him in, fed him, and named him D-O-G.
私の母は、彼を家の中へ入れ、エサをやり、そして彼を ”ディーオージー” と名付けました。


For the next 18 years, he loved my parents, bringing them much joy and happiness.
それから18年間、彼は私の両親を愛し、二人に多くの喜びと幸福をもたらしました。


Last year, Reiko and I came to live with my parents, and care for them.
去年、禮子と私は、私の両親と住むために引っ越してきて、彼らを世話しています。


They are both aged, and need help. My step-father has Alzheimer's, for example,
and has home hospice care.
二人とも高齢で、助けが必要です。私の継父はアルツハイマーを患っており、
例えば、現在、在宅ホスピスケアを利用しています。


D-O-G was still here, and very happy to be with us. Reiko and he got very close.
ディーオージーは、今だここにいて、私たちと一緒にいられるのが、とても幸せそうでした。
禮子とディーオージーは、すごく親しくなりました。


But time is not good to old dogs, and D-O-G got cancer. Soon, he was in pain.
でも、年老いた犬にとって、時の経つのはつらいことです。
ディーオージーは癌を患いました。すぐに、彼は痛みに苦しむようになりました。


He limped and suffered, but still loved us to the end.
彼は足が不自由になり、苦しみましたが、それでも、私たちのことは最後まで愛していました。


Today, Reiko, my mother and I all were with him as he passed into the light.
今日、禮子と私の母、私の三人で、彼が光の中へと旅立っていくのを見送りました。


I know now, that meeting him was part of our destiny as a family.
私は今、彼との出会いは、家族としての私たちの運命の一部であったとわかります。
彼は、そんなにも私の家族を愛し、私たちに深く影響を与えました。


Such blessings are very rare.
そのような祝福は、大変珍しいことです。


Farewell, dear friend, there will never be another like you!
さらば、親愛なる友よ。あなたのような犬は、二匹といないことでしょう!


James


| 贈り物/Blessings | 11:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
ミラクル・ドッグ(ドジ)の教えてくれたこと
ちょっとしたことから、アメリカという国で、違う価値観の人たちと生きることを投げ出したくなります。
そうすると私の場合、『結婚』という決断をしたことが間違っていたのだ、というところまで、
戻って行ってしまいます。

この日私は、すでに何回も繰り返しているこの疑問へ再び戻ってしまい、自分の怒りを止められませんでした。
ジェームズに、「少し外の空気を吸って、気分転換してきなさい。」と言われ、
家の中にいるのも嫌だったので、そうしようと思いましたが、
一人では行きたくなかったので、(アメリカでは道を歩くことすら、安心できない感があります。)
私の唯一の友達である、我が家の老犬ドジを連れて行くことにしました。

彼は、何も知らずに付いてきてくれました。

私はなかなか気持ちを切り替えられず、彼がそんなに健康ではないとわかっていながら、
どんどん進んで行き、挙げ句の果てに、選んだ道が行き止まりだったため、
今来た道を引き返すはめになりました。

そうして、我が家にたどり着く頃には、彼の容態が怪しくなってしまったのです。

彼は激しく全身で呼吸し、ヨダレをだらだらと垂らし、水も飲めない状態になっていました。
私は、義母が彼を心の支えにしているので、ひどいことをしてしまったと思って、
余計に心配になりました。

30分ほどするとジェームズが来て、ドジの様子を見て、
水を浴びせて体温を下げようと言うので、ホースで水をかけました。
すると、少し落ち着いたようで、庭のお気に入りの場所へ座りに行くようになりました。

私は少しホッとして、二人で食料品を買いに出掛けました。

何時間か経ち、家に戻ると、義母が泣いた目をして、私を手招きしました。
そこには、タオルの上にドジが横たわっており、
「あなたたちが出掛けた後、ドジの様子がおかしいの。立つこともできないし、ひどい声で鳴くの。
ドジは、もう死ぬんだと思う。」と言いました。

私たちは驚いて、「さっきは、そんな風でもなかったけど?」と言っているうちに、
ドジが頭を上げました。
すると、一瞬頭を上げた後、まったく支えていられず、思い切り床に頭を打つような勢いで倒れ込み、
全身が硬直して、目は上の方へ行ってしまい、ひどく悲しげな不吉な長い叫び声をあげるのでした。


私は、彼の頭の方にいて、彼の身体を支えながら、
彼の魂が、身体から離れていくような感じがして、
「死んでいってる!!」と言いました。

完全に呼吸が止まり、
実質、仮死状態になり、

・・・・しばらくすると、また身体が呼吸を始めました。

この後、夜まで付き添っていましたが、
彼は、この死のプロセスを何回も繰り返しました。

私は、自分のせいで彼をこんな目に遭わせてしまったこと、
彼を失うこと、それから、皆が彼の死を悲しむことを考えると、気がおかしくなりそうでした。

何もかもが急変してしまい、あんなに愛していた存在が、もういなくなってしまうのだということに、
とても耐えられませんでした。
打ちのめされて、どんなに謝っても彼は死んでしまうのだと思うと、涙が止まりませんでした。
何回も何回も、彼の顔をなでて謝りました。それから、彼が今までしてくれたことに感謝しました。


夜が更けて、私たちは話し合い、彼を庭へ一人にすることにしました。
動物が死を迎える時、彼らは、自然の中で一人っきりになります。

もし、彼が翌朝も生きていて、同様に苦しんでいるのなら、獣医を呼んで、
苦しまなくてすむよう、安楽死の注射を打ってもらおうということになりました。

そうして、義母が寝室へ向かうため、去って行った時、
今まで頭を持ち上げられなかったのに、彼は持ち上げていられるようになりました。
そして、立ち上がろうとしていました。
そっと見守っていたら、立ち上がり、自分で庭へ出て行ったのです!

毎日の日課でしている通りに、庭に出て、おしっこをしました。
私たちはビックリし、喜んでいたら、やはり彼は、頭からひっくり返りました。

それで、庭で心地よくいられるように寝床を作り、水をそばに置いて、電気を消しました。

しばらくすると、水を入れた皿をドジがはじいた音がしたので、見に行ってみると、
彼の姿は寝床から消えていました。庭のどこかで、静かに死を迎えようとしているのです。

私は、その晩、彼がいなくなることを想像し、痛みと涙の中で浅い眠りを取りました。


翌朝・・・・

ジェームズが一番に庭へ出てみると、彼はどこかから出てきて、ジェームズへ向かって歩いてきたのです!!!
奇跡にも、あれだけ死に近いところにいながら、生還しました。
すごく弱っていましたが、でも峠は越したのだとわかりました。

もう18年近く生きていて、人間にしたら、100歳近いぐらいの犬です。
本当に奇跡でした。
ゆっくりと体調を回復して、今に至っています。





 








 (ゆっくりと回復に向かう
 奇跡の老犬、ドジ)




私は、以前にも、病気や何か大事があるたびに
自覚したことですが、
 
今触れているこの命も、
パートナーも、義母も、
 
何もかもが永遠にここに在るのではないのだと、
再度自覚しました。

「今・この時」

しか、確かなものはないのだ、
と改めて思うようになりました。

一瞬一瞬を精一杯大事にし、
目一杯愛を注ぎ、
感謝とともに、
後悔のない人生を生きたいと思います。
                                           禮

JUGEMテーマ:老犬♪

| 贈り物/Blessings | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
イルカとクジラのお話し
日本の和歌山県太地町では、イルカクジラ漁を『伝統』として続けています。
今年のアカデミー賞、ドキュメンタリーフィルム部門では、" The Cove (入り江)"が選ばれました。

そのフィルムの中でも出てきますが、
(右の写真は"The Cove" の1シーン、太地町の漁師が
イルカを舟に揚げているところです。)

大量にイルカを入り江に追いつめて殺戮している様子や、
海が、殺されたイルカの身体から出た血液で真っ赤なのを見たら、

心ある人なら、
誰でも気分が悪くなると思います。

ここで捕らわれ、殺されなかったイルカは、世界中へ輸出され、
水族館やドルフィンスイムをしているところへ売られて、
短い一生を終えることになります。
(イルカは高い知性を持っているため、野生でいられないことに耐えられないのです。)

動物は癒しの効果があると言われ、ドルフィンセラピーとして役目を果たす裏で、
日本人が野生のイルカを捕まえ、売り買いしていること、
捕らえられたイルカは、ショックで心臓マヒを起こしたり、
自殺したりするものもあるという事実を、多くの人は知りません。

これを指摘したのが、海外の活動家だったことから、
日本の多くの人が『当事国たたき』だと捉えており、反発します。
例えば、彼らは「欧米人たちだって、牛や豚を食用として殺しているではないか。」と言うのです。

確かに、食肉加工場で何が行われているかを見れば、
そこにも、悲惨な実体があり、まともに見てはいられません。

動物(食用肉)は、植物(野菜)より、育てるのに時間がかかります。
飼料がたくさん必要になる上に、糞尿を排泄します。
食用の動物の肉を生産するためにかかる、環境への負担は大変大きく、
アメリカの広大な国土は、この食用の牛や豚の糞尿処理のために、大変汚染されています。

しかし、そんなに育てるのに時間かかかり、土地を汚染しても、
例えば、牛一頭は、たった4、5人によって食べ尽くされてしまいます。
野菜は、どんなに人がお腹いっぱい食べたとしても、
肉食に比べると、圧倒的にたくさんの人たちを養うことができるのです。
そして野菜は、育てることが環境破壊になるほど、土地にダメージを与えません。

そういう意味で、私個人の意見としては、
これからも、『伝統』として肉食をする欧米人も含め、
多くの人が菜食に近づいていく方向へ向いていってほしいと、心から願っています。

ですが、日本人が、イルカ漁に対する海外の非難への反論として、
欧米人の肉食の習慣を取り上げるのは、説得力がないと思います。

イルカは、体内に大量の水銀を蓄積しており、特に妊婦は食べないように注意する必要があります。
(これは、人間の行為による海洋汚染が原因で、イルカに限らず、すべての海中生物は汚染されています。)
イルカの肉が、どんな動物性タンパク質よりも味覚的にも優れていて、
必ず食べなければならないわけでもありません。
(イルカを食す人は、実際、日本の人口の割合でも極わずかだと思います。
この話題が出た最近まで、私は日本人がイルカを食べていることを知りませんでした。)

イルカ漁を『伝統』とし、利益を得ているのは、数十軒の漁師たちだけだと思いますし、
税金によって支えられているクジラの調査結果が、日本人に特別恩恵をもたらすこともなく、
種が絶滅になる可能性を加速させるような殺戮を繰り返すことで、
利益を得るのは、癒着体質が抜けきらない、極わずかの権威主義者たちだけです。

『伝統』は、そこに時代を超える真実としての価値がない限り、
常に時代の流れによって、興っては廃れていきます。
時代がもう必要としていないのならば、私たちが出来ることは、
なるべく早くそれを察知して、自分たちの方向を転換することではないでしょうか?

誰でも、生まれた時からやってきたことを変えずに済むならば、それが最も簡単ですが、
今の時代は、何もかもが大変革の時代、今までの生き方、在り方を根本から見つめ直す時期なのです。
愛や慈悲心、思いやりや調和といったものだけが、最後には残るのです。

イルカ・クジラを食べる最も危険な要素は、彼らは哺乳類であり、ヒトに近い種です。
人間が、自分たちの種に近い生命体を食べることは、身体の健康の観点からすると、大変なリスクなのです。

ですから、イルカやクジラ、牛や豚より、鳥類・・・鳥類よりも魚類・・・魚類よりも植物と、
種が離れていくほど、私たちの身体への安全性が高まります。

そして、最も取り上げたいのは、イルカとクジラが備えている高い知能です。
彼らは、大変知的な生物です。

3月28日に、女性サーファー:ジョディ・ニールソン(34才)は、
太平洋沿岸の、カリフォルニア州カタリナ島から、大陸側のダナ・ポイントへ向けて、
40マイル(約65km)の距離をパドリング(サーフィンの上に乗り、オールを使って漕ぐスタイル)することにしました。

彼女のお母さんと叔母さんは、二人ともがんを克服したサバイバーです。
これをすることで、長いこと乳がんを治療し続け、疲れ果てている彼女の親友に、
インスピレーションを与え、闘い続けるよう勇気づけたいというのが、その動機でした。

また、二つのがん撲滅のためのチャリティーのため、
何百万人もの女性たちがすでに影響を受けている、がんという苦境についての意識を高める運動のためにも、
忍耐がいる9時間の試練に挑むことになりました。

海上でサポーターが、その挑戦中の彼女を撮影をしていたところ、突如クジラが現れたのです!!




このクジラはミンククジラで、体長が約9mほどあり、彼女の4.5mほどのサーフボードの脇で、
2時間も一緒に泳いだそうです。

ジョディは、親友とサポーターたちとともに、
「私たち全員にとって、決して忘れられない日となりました。」と言っています。

ミンククジラは通常、南カリフォルニアには現れず、またボートや人影を見ると逃げる傾向があります。
ですから、彼女はこんなに長くパドリングをした最初の女性となり、
このクジラがその彼女の冒険の一部になったことを、彼女は『サイン』と受け取りました。

「私にとって、これは完全な神の業です。

私たちは、午前4時に祈りを捧げ、
神が、その美しさと創造されたもの、自然界の本質を現されるだろう、
この長い旅を、私がやり終えられるようにして下さるだろうと思っていました。」

クジラは、彼女の近くに寄って泳ぐことはありませんでした。
繰り返すように何回も、彼女の周りを巡り、バブルを彼女のサーフボードの下へ飛ばしていたのです。

この話しは、CNN他、数社のメディアのみが興味を持ち、取り上げたいと言うことになりました。

アメリカン・クジラ目(モク)・ソサイエティーで、クジラの調査をするアリサ・シュルマン-ジャニガー氏は、
「クジラとの遭遇の質の中でも、このタイプは、極めて異例です。」と言っています。

ジョディは、このパドリングに出るまで、約6,000ドルの寄付を集めていましたが、
Keep a Breast 財団と、Boarding for Breast Cancer の二つのチャリティーのために、彼女が目指す目的の100,000ドルには、がっかりするほど足りなかったのです。
彼女の二三人のセレブの友人が、彼女を落ち込ませることもあったそうです。

しかし、この話しが国内中に広まって、
「私は、某氏は必要ないと思ったわ。」
はっきりと名前を公表するのを避けた彼女は、特定のセレブの人について、こう言いました。

「なぜなら、あのクジラが、100,000ドルの目標に達するよう、
私たちを助けるつもりだろうと、正直に感じたからよ。」

「がん患者の人たちがやり遂げようとすることに比べたら、私のやったことなんて比べることさえもできないわ。
でも私は、そのような危険で恐ろしい、圧倒されるような状況に、自分自身の身を置きたかったの。

とても大きくて、恐ろしい、がんと呼ばれるものとの闘いに勝つことができるのだということを、
人々に示したかっただけなの。

私は、自分も似たようなことを表現したいと思ったのと、
闘い続ける人々を励ましたかった、ただそれだけなのよ。」

<参考資料:英語版>

テレビのニュースで、私たちもこの話しを聞き、彼女のインタビューが放映されたのですが、
「クジラの吐く息が、私にかかって、それはすごい匂いだった。気分が悪くなったわ。」と言っていたのが、
すごくリアルでした。
そのぐらい近くにクジラが来て、一緒に海に浮かぶなんて、本当に夢のようですね〜〜!
                                           禮




Many years ago, I met Dr. John Lilly, who was working on a way to communicate with dolphins.
何年も前になりますが、私は、イルカとコミュニケーションを取る方法を研究している、ジョン・リリー博士に出会いました。

He was the first man to recognize dolphins were "souls" like we are.
彼はイルカを、私たちがそうであるように『魂たち』であると認識した、第一人者です。

He believed dolphins and whales were our best chance to understand ourselves.
彼はイルカやクジラのことを、私たち人間自身について理解するための、最高のきっかけになると信じていました。

Dr. Lilly told me how odd it was for human beings to be looking for aliens from space, when we already had intelligent beings here on Earth.
リリー博士は私に、この地球にすでに知的な生物が存在しているというのに、
宇宙から宇宙人を捜し出そうとすることは、人間にとって大変奇異なことだと語りました。

If we could learn to communicate with dolphins, we would know how to communicate with aliens.
もし、私たちがイルカとのコミュニケーションの取り方を学ぶことができたなら、
私たちは、宇宙人とコミュニケーションの取り方も知ることでしょう。

Dr. Lilly then shared with me why he believed in human-dolphin communication.
リリー博士は、なぜ彼が、人とイルカのコミュニケーションの存在を信じるようになったのかも、
私に打ち明けてくれました。

Dolphins and whales are self-aware and spontaneously inventive, just as human beings are.
イルカとクジラは全く人類と同じように、自意識を持ち、超自然的な創作力、発明力を持っているのです。(瞬間的に『遊び』を創造します。)

Like human beings, dolphins are mammals, not fish, and are much, much older as a species as we are.
人類のように、イルカは魚類ではなく、哺乳類です。
私たちがそうであるように、遥か昔の古代から生きている種なのです。

Dolphins have empathy and compassion for human beings. 
イルカは人間たちに対して、同情心、そして慈悲心を持っています。

We know this because they save people from shark attacks and drowning, sometimes putting themselves in danger to help us. 
なぜなら、サメからの攻撃を受けている人間や溺れている人間を、イルカが救うことがある、
というのを、私たちはたまに聞くことがあるからです。
私たちを救うために、イルカは自分自身を危険な目にさらすことがあるのです。

Their brains are much larger than human being's. 
イルカの頭脳は、人間のそれよりも遥かに大きいのです。

They process 10 times the amount of information per second than we do, at a rate 10 times faster than we can!
彼らは、一秒あたり、私たちがこなす量の10倍もの情報を、
私たちが可能である早さよりも10倍の速度で処理します!

A dolphin's world is bound to the sea, and demands their complete attention to it.
イルカの世界は、海中に限られています。そして、彼らの完全な注意をそこへ払うように求められています。

Even their breathing is a conscious action. They choose each breath, while we breathe automatically.
彼らの呼吸ですら、意識的な行動なのです。
私たちが自動的に呼吸する間も、彼らは毎回息を選んでいるのです。

In ancient Greece, if someone killed a dolphin, they would be killed, too.
古代のギリシャでは、もし誰かがイルカを殺したなら、彼らも殺されていました

For thousands of years, human beings lived in harmony with dolphins.
何千年もの間、人類はイルカと調和のうちに暮らしていたのです。

Even in places where whales were hunted, dolphins were protected.
たとえ、クジラが獲られていた地域でも、イルカは守られていました。

Only in the last 200 years, except in Japan, have humans hunted dolphins.
ここ最近200年の間(日本はそれよりも長く)、イルカを獲る人間が現れたのです。

Why?
なぜでしょう?

Because they ate the same fish as humans.
それは、彼ら(イルカ)が人間同様に、人間の食べる魚を食べたからです。

But perhaps, it is us who are eating what belonged to dolphins, long before our earliest ancestors walked on this planet.
でも、私たち人間の始祖である古代人が、この惑星の上を歩くようになったずっと以前(25,000,000年前)
から存在していたイルカたちの食べ物を食べているのは、
多分、私たちでしょう。

James



| 贈り物/Blessings | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
これも鏡です。

我が家の老犬 D-O-G(ディーオージー)は、
現在17年ほど生きていて、
人間で言うと、かなりのおじいちゃんです。

彼は、とても温和な犬で、
いつも私たちを愛し、
私たちも彼のことが大好きです。


しかし、獣医によると
体内に癌があるとのことで、
身体のいたるところが、
デコボコしています。

彼は痛みを訴えないので、
獣医も手術はしない方がいいということで、

このまま何もせず、
見守っています。


私は、動物もペットとして人間とともに生活することで、
私たちを映し出す鏡の一つだと思います。


家族がどれだけ直接愛を注いでいるか、
家族間に流れるものが、何に基づいているかを知りたいと思ったら、

自分たちが所有している物
(植物から動物まで、そして鉱石から家具や建物まで!)を見れば、
何か気づくことがあるのではないかと思います。


私はこちらの生活に馴染みがないため、
D-O-Gの存在にとても助けられており、

彼を見ると、顔やら身体やら、でこぼこしているところやら、
マッサージしたり、特別の食事を与えたり、ブラッシングしたりと、
マメに世話をしています。

それで、最近腫瘍が小さくなって来たようだと、家族が気づきました!

これからも、たくさんの愛情を注いで、ハンドパワーも加えて、
願わくば、彼と末長く一緒に暮らしていきたいです。

(額のシールは、二個買うと一個分の値段が無料になるよ!という
アメリカのスーパーで良く見かける割引シールです。)

禮子


Something happens, good or bad. I ask myself, "Am I other than this?"
良くも悪くも、何かが起こります。
私は自分にこう尋ねます。「私はこれとは違う何かだろうか?」

The Divinity you are is the same Divinity I am.
あなたの神聖さは、私の神聖さと変わりありません。

To believe in separateness, is to forget our unity.
私たちは切り離された別個の存在だと信じること、
分離の存在を信じることは、すなわち、私たちの統一性を忘れることです。

What we share in reality is so much greater than our differences.
現実の中で私たちが分かち合っていることは、
私たちの”違い”に比べたら、遥かに大きいのです。

What is compassion? It is knowing we are one, and understanding someone's suffering, like it was our own.
慈悲、思いやりの心とは何でしょう?
それは、私たちが一つであることを知っていること。
そして誰かの苦しみは、私たち自身が苦しんでいたのと同じであると
わかっていることです。

If I look at you with my heart, I will see myself reflected in a different form, but I can see through the appearance, to the essence we share.
もし、私が自分の心とともにあなたを見た時、
私は、あなたという別の形の中に反映された、私自身を見ることでしょう。
私は、その外見を通して、
私たちが分かち合っている本質を見ることができます。

So, if you accept that reality is unconditioned, then our reflection will be like two empty mirrors, facing each other, and floating in a clear sky.
ですから、もしあなたが現実は無条件であることを受け入れるのなら、
私たちの反映は、二つの空っぽの鏡のようになることでしょう。
それはお互いに向き合って、そしてピンと晴れた真っ青な空の中で浮かんでいるのです。

In essence, they will disappear, and the empty, perfect sky remains. Whatever appears before you, this is what is happening. This is true seeing.
本質的に、二つは消滅し、そして空っぽの完璧な空だけが残ります。
あなたの前に現れたものが何であれ、
これが起こっていることなのです。これが本当の観ることなのです。

You have always been one with everything you experience. 
あなたは常に、あなたの経験するすべてのことと一つでした。

It does not matter if you believe this or not. Reality never changes, and, reality is love.
あなたがこれを信じようと信じまいと、それは問題ではありません。
現実は決して変化せず、そして、現実は愛なのです。

James

JUGEMテーマ:愛犬のいる暮らし


| 贈り物/Blessings | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode