日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

モモ(ミヒャエル・エンデ)
先日、我が家の玄関先に、どこからやってきたのか、
一匹の亀が居座っていました。

確かにこの頃、こちらは雨模様だったり、
嵐が来たりして、
湿気は充分あったのですが、
それにしても、その日は晴れていましたし、

何しろ亀の脚からしたら、
家は、川からずっと離れたところに位置しているので、
本当に不思議でした。

この亀は野生で、
鮮やかで美しい赤い縞が身体に走っており、
甲羅も少し赤みを帯びていて、とても魅力的でした!!

まるで、エンデの物語『モモ』を彷彿とさせます。
(あ、モモに出てくる亀は、もっと大きな亀ですね!)

モモの中の亀カシオペアは、とてもゆっくりと進み、30分前のことだけ予言できます。
それ以上は、知ることができません。
背中にメッセージが光って浮き出てきます。

「ついてきて。」・・・亀にこう言われたら、思わず、付いていっちゃいますね!!ゾクゾクします!
                                           禮

JUGEMテーマ:児童文学

| 子ども/Children | 06:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
子どもに与える影響
あ〜、もう二月なんだー、節分だな〜と思い出して、
節分にちなんだことを、いろいろ考えていたら、

小学校4年生の時の劇で、
『泣いた赤鬼』を2クラス合同で演じたことを思い出しました。
(私の小学校は、学年が2クラスでした。)

『泣いた赤鬼』は、子どもの頃から、読む度に胸を打たれる物語で、
今でも、読んだら泣けるのではないかと思います

あんなに切ない、良い話しを書ける人はすごい!!と思って、
ウィキペディアで調べてみたら、
浜田廣介さんという童話作家の作品で、
彼は坪田譲治、小川未明(皆さん素晴らしい作家です。)らを含めて、
『児童文学界の三種の神器』と呼ばれていたとのこと。

う〜〜ん、納得。
そして、日本がそれだけ層の厚い精神文化を持っていたこと、
(過去形になっていますが・・
本当に有り難くて素晴らしいことだと思います。

そういえば、かれこれもうずっと前から、
私が生まれてきた時代、1960年代というのは、
子どもにとって、すごく恵まれていた時代だったなあと感じています。

子どもの頃というのは、本当に感受性が強く、環境に大変感化されます。
子どもは、本や漫画、テレビを通して触れる物語やアニメーション、
テレビの電波に乗って流される実写版のヒーローものやラジオなどすべてを、
全身全霊を込めて、真剣に見て、聞いて、吸収しています。

そして、私が子どもの頃は、大人達も、子どもに見せるための作品を
純粋に真剣に作っていたと思うのです。

そのおかげで、今の私の真心の一部分は形成されたのだと、
本当に思います。

私は、あの頃の大人達に声を大にして、感謝の気持ちを述べたい!!
「ありがとう〜〜!ありがとう〜〜〜!
あの当時、私たちはあなたたちに育ててもらっていたのです。」

私たち大人の純粋な善なる部分が、子どもたちの純粋さ、善なる部分をより引き出して、
良い社会を築いていく礎になっていくのです。

いつの時代も、私たちが純粋であるよう探求することが、
世界がより純粋であることにつながり、
それによって私たちの安全や平和が確保され、私たちの意志がそれを持続するのです。
                                         禮



Tonight you will dream of home. Home in the heart of love.
今晩、あなたは故郷の夢を見るでしょう。
それは、愛の心の中にある故郷です。

Tonight you will dream of beauty. Beauty beyond all words.
今晩、あなたは美しさにまつわる夢を見るでしょう。
それはすべての言葉を越えた美しさです。

Look closely in the mirror, and recognize yourself.
近づいて、鏡の中をよ〜くのぞいて見て下さい。そしてあなた自身を認識して下さい。

Tonight you will remember what you truly are. The mirror of perfection.
今晩、あなたは自分が本当は何であるのか思い出すことでしょう。
あなたは、完璧さを映し出す鏡です。

Tonight you will know that now is the time to take action, and to let nothing stop you, ever again.
今晩、あなたは今が行動を起こす時であるということを、
そして、あなたが行動を取ろうとすることを止めるものは
もはや何もないのだと知ることでしょう。


Tonight you will breathe my joy. The joy that is your heart.
今晩、あなたは私の喜びを呼吸するでしょう。
喜び、それはあなたの心です。

The joy that is everything.
喜び、それはありとあらゆるものです。

The joy that fills Cosmos, and sings my silent name, forever.
喜び、それは秩序ある宇宙を満たし、永遠に、私の静かなる名前を歌います。

When you hear it tonight, you will laugh, cry, and understand how all dreams must have an ending.
今晩、あなたがそれを聴いた時、あなたは笑い、泣き、そして
どのようにして、すべての夢は終わりを迎えなければならないかを理解することでしょう。

Finally, the light of all the gods and goddesses will fill your eyes.
最終的に、すべての神々や女神たちの光が、あなたの瞳を満たします。

Your heart expands, and Cosmos dances within you.
あなたの心は広がって、あなたの内で宇宙はダンスを踊ります。

Then, and only then, will you realize how everything in your life, up to this very moment, has been a preparation for your appearance in this world, Divine one.

そうして、そうなった時のみ、どのようにしてあなたの人生の中で、
初めから、まさにこの瞬間に至るまで、
すべては、この世界の中でのあなたの出現のためのお膳立てであったかということに、
あなたはきっと気がつくことでしょう。聖なる者よ。

James

JUGEMテーマ:スピリチュアル
| 子ども/Children | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LIKE US ON FACEBOOK!
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode