日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

Jackson Peterson's Dzogchen Retreat/ ジャクソン・ピーターソンのゾクチェン リトリート開催

 

Announcing

Jackson Peterson's Four-Day Dzogchen Retreat In Ojai, California!

 

JACKSON PETERSON will be in Ojai California, October 27-30, 2016.

$200/person for four days

Make Your Plans Now!

 

The retreat will focus on recognizing our already "enlightened mind" directly in experience.
All personal suffering and egoic meditation practices can finally come to an end.

 

The practice of the retreat is the "sudden enlightenment"

as transmitted in Zen and Tibetan Dzogchen.

He will also be teaching two other very powerful Dzogchen practices

known as "thogal" and "yang ti”.
Both bring about very profound insights and realizations.

 

Please contact James & Reiko Heartland at: info⭐︎awakenature.org

for more information!

(Please change ⭐︎mark to @ when you email us SMILY)

 

See you there!

 


 

ジャクソン・ピーターソンの四日間集中リトリート 開催!

 

ジャクソン・ピーターソン氏は、無宗派ゾクチェンを教えている、

世界でわずかに存在する西洋人教師です。

 

2016年10月27〜30日の四日間、

アメリカ、カリフォルニア州オーハイにあるアウェイク・ネイチャー・センターにて

ゾクチェンのリトリートが行われます。

参加費:200ドル/一名(4日分)

 

私たちの既に”覚醒している意識”を、

ダイレクトに経験の中で認識することに焦点を当てます。

 

このリトリートにおける実践は、

禅やチベットのゾクチェンへ伝播したのと同じ「一瞬で起こる悟り」です。

 

その他に「トガ」と「ヤン ティ」として知られる、

二つのとてもパワフルなゾクチェンの実践も教えられる予定で、

どちらもとても深遠な洞察と気づきをもたらします。

 

お申し込みは、右上お問い合わせのメールアドレスまでお願いします。

 

 


James & Reiko

 

JUGEMテーマ:瞑想

| イベント/Event | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Introduction to Crystal Pilgrimage 日本巡礼 with クリスタル(イントロダクション・ビデオ)

ビデオを作りました!日本語字幕、英語字幕、どちらもあります。

歯車のマークをクリックして、Japaneseを選択してください。

 

We made a video titled, "Introduction to Crystal Pilgrimage"!

It has English & Japanese subtitles. Enjoy!

 

 

 

 

ジェームズ&禮子

| 日本巡礼 Japan Pilgrimage | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
What is Dragon? ドラゴンとは何か?

I don't believe in Nature Spirits, I know they are real.

私は自然のスピリットたちの存在を信じているのではありません。彼らは現実に存在しています。

 

When we meet, we touch, see and feel each other. Belief is not needed.

私たちが出会い、触れ、見て、お互いを感じる時、信じることは必要ではないのです。

 

Just like people come and go, why not spirits?

人々が現れては消えるのと同じように、スピリットも現れては消えていきます。

 

Few people know Nature Spirits, fewer see them clearly. For me, belief is not an option.

ほとんどの人は自然のスピリットを知りませんし、さらにわずかな人がそれをはっきりと見ます。

私にとって、「信じること」は選択肢にはありません。

 

The same is true with the Nature Spirits, especially Dragon.

自然のスピリット、特にドラゴンにも同じことが言えます。

 

Like people, any Nature Spirit can be related to "personally", but that is only ego's approach.

私たち人間のように、あらゆる自然のスピリットは「個人的に」繋がることができますが、それはエゴ的アプローチです。

 

Don't relate to Spirit with your thinking mind, instead, use your heart's silence and stillness to see clearly.

スピリットと繋がる時には、あなたの心の中の静けさ、静止している状態で繋がってください。思考を使って繋がらないようにしてください。



On the mountain, local Spirits hang around flowing water.

山で、その土地のスピリットは水辺に漂っています。


Dragon ranges all across the mountain, one with all the local spirits, and much more.

ドラゴンは、山全体に横たわっており、そのエリアのスピリットたち、さらにもっと多くのスピリットたちと一つです。


Dragon appears all the time, but most people don't see him.

ドラゴンはどんな時にも現れますが、ほとんどの人は見ることがありません。


How many times have you seen Dragon in the clouds? Millions have seen him in the sky for thousands of years. Millions more have not.

あなたは雲の中にドラゴンを何回見たことがありますか?

何千年もの間、何百万もの人々は、空にドラゴンを見てきました。しかしそれよりも、何百万を越す数の人々は見ていません。


In Tibet, I was fortunate to sit closely with a number of advanced meditators. Later, over a nice meal of curry rice, they acted like you and me, laughing, chatting, eating with enjoyment...

チベットで、私は幸運にも瞑想の上級者たちとともに座る機会がありました。その後、カレー味のおいしい食事を挟んで、彼らはあなたや私のように、笑ったり、おしゃべりしたりして、楽しんで食事をしていたのです・・・

 

Looking out, over the rooftops of Lhasa, a monk saw Dragon in the clouds. We all glanced up, and saw a magnificent, quite clear white Dragon against a deep blue sky...

その時、窓の外、チベットの首都ラサの屋根瓦の向こうに、一人の僧が雲の中にドラゴンを見ました。

私たち全員が空を見上げると、深い青空に対照的に、くっきりと見事な白いドラゴンを見たのです。


"He was just there," said my translator. "When you see him like that, he's been there, and moved on. It's just the trace of his passing."

私の通訳が、「彼(ドラゴン)はちょうどそこにいました。」と言いました。

「彼をそのように見る時、彼はしばらくそこに留まり、そして次の場所へ向かいます。その時は、ちょうど彼が次に向かった足跡を見たのでした。」


As you see this image was taken from the balcony of my flat in Zushi, Japan, in 2007. In it, dragon certainly did appear.

この写真は2007年に、当時住んでいた日本の神奈川県逗子市の建物のバルコニーから私が撮影しました。

この写真の中で、ドラゴンは確実に現れています。

 

He comes and goes, like everything, but like many Nature Spirits, Dragon is bound by promise to help all life awaken, especially us humans!

ドラゴンは、あらゆるものと同様、やって来ては去ります。しかし多くの自然のスピリットたちと同じく、彼はすべての生命が目覚めるのを助けるという約束を結んでいます。


Let's call dragon now, shall we?

さあ、今、ドラゴンを呼んでみましょうか?!

 

First, we go into wilderness, to a mountain stream, as high on the mountain as we can climb, and there we call out three times.
"Spirit of place, spirit of place, spirit of place!"

初めに、自然の中、山に流れている渓流へ向かいます。標高はできるだけ高いところまで登って下さい。

そこで「土地のスピリット、土地のスピリット、土地のスピリット!」と3回、声をあげて呼びます。


And we wait.
Patiently.

そして、忍耐強く待ちます。


When Spirit comes, it can be a feeling, but it can also be something happening in from of you.

スピリットが訪れる時、それはフィーリングかもしれません。

もしくは、あなたの眼の前で何かが起こるかもしれません。


Animals appear close to you, without fear. A sudden wind where there was none before, and a great deal more...

例えば、動物が恐れることなく、あなたのそばへやってくるとか、何もなかったのに、突然風が吹くとか。もっとはっきりとしたことが起こることもあります・・・


And rarely, Dragon appears directly before your astonished eyes, and your relationship with him has forever left the world of beliefs, and entered a new reality.

そしてたまに、ドラゴンが直接、あなたの目の前に現れることもあります。するとドラゴンとの関係は、「信じる」世界を永遠に去り、新しい現実へと入っていくのです。

 

How many Dragons do you see in the picture?

あなたは右の写真の中に、何匹ドラゴンを見ますか?

 

 

MORE NEXT!:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

James (訳:禮子)

 

JUGEMテーマ:竜・龍・ドラゴン

 

 

| スピリチュアル/Spiritual | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
The Crystal & Nature Spirits クリスタルと自然のスピリット

Since November of 2014 to now, Reiko and I have placed over 500 Tibetan Crystals across Japan. From Okinawa to every corner of Hokkaido, a web of crystals is growing. In the next two years, all of Japan will be covered in crystals...


2014年11月以降から今まで、禮子と私は500個以上のチベット産クリスタルを日本に置いてきました。

沖縄から、四方に渡る北海道の半島の先々まで、クリスタルの網の目が張られていきます。

この先二年ほどで、日本全土がクリスタルで覆い尽くされることでしょう。


~ Gently exhale on your crystals every day, to empower their connection with you.


あなたと繋がっている、そのネットワークに力を与えるために、
あなたのクリスタルに、毎日優しく息を吹きかけてください。


We have met many wonderful people, many crystals and Nature Spirits, and all are in agreement... It is time now for the spirits of the living, the dead and Nature to consciously live together, as it was in the ancient days, before religion and ego caused so much trouble!


私たちはたくさんの素晴らしい人々や、クリスタルや自然のスピリットたちに会ってきましたが、それらはすべて、
宗教とエゴが多くの問題を生み出す以前の時代、古代の時と同じように、
生きている魂たち、亡くなった魂たち、そして自然のスピリットたちが、今、意識的に共に生きる時が来たことに同意
しています。


~ Send love from your heart to your crystals every day to empower their special energies. Like good friends, crystals always help you grow.


ネットワークで繋がっているクリスタルたちの特別なエネルギーに力を与えるため、あなたのクリスタルに毎日、心からの愛を送ってください。まるで良い友達のように、クリスタルは常にあなたが成長するのを助けます。


Crystals are living spirits who are here to help people awaken from the illusion of ego and separateness. There are no evil spirits anywhere. Only the insanity of hate, fear and ego causes suffering, and only human beings suffer from this insanity.


クリスタルは生きている魂で、人々がエゴと分離の幻想から目覚めるのを助けるために、ここにいます。悪霊というものは存在しません。嫌悪、恐れ、そしてエゴの狂気だけが苦しみを生み、また人間だけが、この狂気によって苦しんでいるのです。


~ When you get a new crystal, always put it in fresh water, in a clay or glass bowl for 24 hours. Take it from the water with your left hand, rinse it again, and put it in your right hand to program it.


あなたが新しいクリスタルを手に入れた時は、まず新鮮な水が入ったガラス製のボールか、陶器の中へ、24時間(一昼夜/できたら陽や月光が当たる屋外が望ましい。)入れておいてください。
その後、あなたの左手で水の中から取り出し、流水ですすぎます。その後で、右手に持ち替えて、プログラミングをします。


Nature Spirits see Crystals and human beings equally as spirits! This is important to understand!


自然のスピリットは、クリスタルも人間も対等にスピリットとして捉えます!

これを理解しておくことは、重要です!


~ Don't program a crystal with your ideas of what it should do. Let the crystal tell you why it's here! Then, when its purpose is clear to you, send that energy back to the crystal with love, and its programming is complete!


クリスタルのプログラミングは、あなたの「こうするべき」と言った考えで行ってはいけません。クリスタルに、なぜここにいるのか語らせましょう!

そして、クリスタルの目的があなたに明確になったところで、愛とともに、そのエネルギーをクリスタルに返します。

すると、プログラミングは完成です!


Crystals love human spirits, living and dead. The power to awaken from ego's illusions is equal in those with a body, and those without a body. Crystals see people as spirits, not as bodies.


クリスタルは、生きている者も死んだ者も含めて、人間のスピリットを愛しています。

エゴの幻想から覚醒する力は、身体を持つ者たちにも、身体を持たない者たちにも、平等に働きます。

クリスタルは人々のことを、身体ではなく、スピリットとして見ているのです。


Nature Spirits are here to help us, too. They show us miracles all the time, but people don't see them. If they do, people explain the miracle so its power is lost...


自然のスピリットたちもまた、私たちを助けるためにここにいます。彼らは絶えず私たちに奇跡を見せてくれますが、人々はそれに気づきません。もし気が付いたなら、人はその奇跡を説明しようとして、そのパワーを失ってしまうのです・・・


~ Crystals can never be used to harm someone or nature. If you bring hate or fear to a crystal, it will reflect that to you, and your suffering increases.


クリスタルは決して、人、あるいは自然を傷つけるために使われることはありません。

もしあなたが、クリスタルに嫌悪や恐れを吹き込むなら、それはあなたへと返っていき、あなたの苦しみが増します。


Crystals and Nature Spirits help us into our Natural State of pure awareness and unconditional goodness as one. There is no greater purpose than this.


クリスタルと自然のスピリットは、「一つ」という純粋な気づきと無条件の善である、私たちの本質の状態へと私たちを導きます。これ以上の偉大なる目的は存在しません。


Once we are awake, it's clear the best action in life is to help others awaken! This is how crystals and Nature Spirits create harmony in all things.


一度目覚めれば、最善の行動とは、他の人が目覚めるのを助けることであるということが明確になります。これが、クリスタルと自然のスピリットがすべてのものの中で調和を生み出すやり方なのです。

 

2016年6月17日朝、精進湖にて
At Lake Shoji, in the morning of June 17, 2016


 

 

 

 

 

 

NEXT: What Is The Dragon?

次回は、ドラゴンとは何か?について、お話しします。

 

JUGEMテーマ:私にとっての聖地巡礼

 

| 日本巡礼 Japan Pilgrimage | 05:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本巡礼 with クリスタル 第三弾
お茶会、クリスタル・リーディング、フィールド・トリップのお知らせ
 

2016年6月から7月にかけて、
日本巡礼withクリスタル第三弾を実施します。
    ☜写真左は、今回の巡礼で、日本のどこかに植えられるのを待っているクリスタルたち。
 
ジェームズからのメッセージ;
"Your ancestors, the Nature Spirits, and Crystals want to help you awaken!"
魂の成長に「これでいい」という終わりはありません。
亡くなった魂たち、自然のスピリットたち、
そしてクリスタルは、
あなたが今よりも少しでも目覚めていくのを助けたいと思っています!


 
1、お茶会(ヒーリング・エネルギー・サークル)

クリスタルが好き、介護をしている、代替医療に携わっている方、ヒーリングが必要な方など、
様々な状況にある人たちと、癒しと交流をかねたお茶会を催したいと思っております。
会の進行中にメッセージが届いて、リーディングが始まることもあります。お気軽にご参加ください。
日時:2016年6月11日(土)午後2〜4時
場所:JR根岸線 根岸駅近く Café Smile http://cafesmile2013.jimdo.com/  参加費:2,000円



2、クリスタル・リーディング

毎回恒例となっております、クリスタルを用いたリーディングです。どんなメッセージが届くかは、ジェームズも知りません。健康、人間関係、仕事や将来についてなど、ジャンルを問わず承ります。
*お一人様(一グループ:カップル、親子なども可。)につき、下記の中からご希望枠一つ、ご相談内容は一件とさせていただきます。
 
日(曜日) セッション時間 場所 予約状況
6月 4日(土) 11:00〜11:45 KKRホテル東京

東京都千代田区大手町1-4-1
03-3287-2921
東西線「竹橋駅」3b出口直結
済
12:00〜12:45 済
13:00〜13:45 済
14:00〜14:45 済
5日(日) 12:00〜12:45 飯田橋駅東口 小会議室

地下鉄飯田橋駅 c1出口から徒歩1分
東京都新宿区揚場町2-18
ブリエ飯田橋6階(株)IVOO内
済
13:00〜13:45 済
14:00〜14:45 済
15:00〜15:45 済
18日(土) 18:00〜18:45 品川プリンスホテル
JR品川駅から徒歩1分
済
19:00〜19:45 済

*セッション料はドネーションとさせていただいております。お志はありがたく受け取らせていただきますが、必須ではありません。
*予約状況の済は、予約済みです。


3、フィールド・トリップ

ジェームズと、土地のスピリットが呼ぶところへ赴く、日帰り、あるいは宿泊する小旅行です。現地で何が起こるかは、わかりません。自分が呼ばれている、一緒に行きたいと思われた方は、どうぞご参加ください。

*現地集合です。宿泊が必要な方は、各自で手配をお願いいたします。条件が合わない場合など、参加できる人数に限りがあります。以下の案内よりさらに詳しく知りたい方は、個別にお問い合わせください。

*これは亡くなった魂、生きている魂、自然の魂を統合する目的で巡礼する旅で、観光ではありませんので、ご承知おきください。

A) 日光:中禅寺湖、磐裂神社など(締め切りました。)

B) 箱根芦ノ湖:九頭龍神社

・13日の午前中に本宮で月次祭が行われるため、参拝します。(参拝の費用を各自負担、参加費無料)
http://hakonejinja.or.jp/02-contents/02-main/08-keigai-jinja/03-contents/03-kuzuryuu/pdf/22.08.13-osiras-pdf.pdf

日時と場所:(集合)6月13日(月)午前8時半 箱根神社の鳥居下 (解散)同日午後

C) 富士山麓:青木ヶ原と風穴、洞穴めぐり

・ジェームズが呼ばれるのは、多くの方が亡くなっている場所であることが多いのですが、ここもそのうちの一つです。
・自家用車でご参加ください。(参加費無料)

日時と場所:(集合)6月16日(木)午前10時 精進湖観光協会前(解散)同日午後5時 同場所


 
<申し込み方法>
どのアクティビティーに参加されたいか(お茶会/リーディング/トリップの場合はBかC)を明記の上、
下記の内容をEメール:info*awakenature.org(*を@に変えてください。)でお知らせください。
お問い合わせも、こちらへお願いします。

1、ご希望アクティビティー (リーディングは、第3希望までお書き下さい。)
2、お名前
3、ご住所
4、当日連絡がつく電話番号

 
| イベント/Event | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京 個人セッションのお知らせ
アウェイク・ネイチャーでは、今年も「日本巡礼 with クリスタル(第二弾)」といたしまして、

北海道と京都を訪れ、クリスタルを植えていく予定です。


東京滞在中に、ジェームズがクリスタルを用いてリーディングを行います。


リーディングの内容は、健康、人間関係、仕事や将来についてなど、

ジャンルを問わず、どんなことでも承ります。



お一人様(一グループ:カップル、親子など少人数のグループも可。)につき、

下記の中からご希望枠一つ、ご相談内容は一件とさせていただきます。


*予約状況 ⚫️=予約済

 
日(曜日) セッション開始時間 場所 予約状況
6月 4日(木) 18:00 アルカディア市谷

〒102-0073

東京都千代田区九段北4-2-25

03-3261-9921



交通アクセス

JR中央線(緩行)・東京メトロ有楽町線・南北線・都営新宿線 各「市ヶ谷駅」より徒歩約2分
⚫️
19:00 ⚫️
5日(金) 18:00 ⚫️
19:00 ⚫️
6日(土) 10:00 ⚫️
11:00 ⚫️
14:00 ⚫️
15:00 ⚫️
7日(日) 10:00 ⚫️
11:00 ⚫️
14:00 ⚫️
15:00 ⚫️
11日(木) 18:00 KKRホテル東京

東京都千代田区大手町1-4-1

03-3287-2921

東西線「竹橋駅」3b出口直結
⚫️
19:00 ⚫️
12日(金) 18:00 ⚫️
 
19:00 ⚫️
13日(土) 18:00 ロイヤルパークホテル・ザ・羽田

羽田空港国際線旅客ターミナル内
⚫️
19:00 ⚫️



1セッションは、45分です。セッションのご予約は、先着順とさせていただきます。

セッション料は、ドネーションとさせていただいております。

お志はありがたく受け取らせていただきますが、必須ではありません。



お申し込み方法


下記の内容をEメールで、info⭐︎awakenature.org (⭐︎を@に替えてください。)までお知らせください。

こちらから、追ってご予約確定のEメールを送らせていただきます。

1、名前 2、住所 3、当日連絡がつく電話番号 4、ご希望日時


*ネット環境の不備や移動中、その他の理由で、お返事に時間がかかる場合がございます。

また、こちらのウエブサイトに、予約状況を反映させるのが遅れる場合がございますが、

何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。


*申し込みの際にいただく個人情報は厳正に管理し、セッションが円滑に行われる目的にのみ使われます。


リーディングとヒーリング/ジェームズ・ハートランド

ソマティック心理学と独自のスピリチュアリティーをブレンドしたカウンセリング、ワークショップを、

アメリカで25年にわたり展開。

今に生きることの重要性を説く、ノン・デュアリティーNon-duality(非二元性)実践者。



通訳/菅野禮子

京都芸術短期大学卒業。介護福祉士、鍼灸マッサージ師を経て、

ジェームズのパートナーとして通訳を担当。




JUGEMテーマ:私にとっての聖地巡礼
| お知らせ/Announcement | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
巡礼1番 日光 / Pilgrimage #1 Nikko
アメリカにいる間から、日光の中禅寺湖へ行くように呼ばれていました。
自宅にいる間に、二人で地図を見て、だいたいの方向性はわかっていました。

While we were in the United States, Spirit called us
 to Cyuzenji Lake in Nikko. At home, we looked at the map and got a rough idea of the direction.

実際に現地へ向かうと、たいてい初めに、違う場所へ連れて行かれます。
中禅寺湖で、道が行き当たりの場所まで来てしまいました。

In reality, it was very likely that we might be guided to a wrong location.
In this case, we came to a dead end road. But there was still something to see...

目の前には、足尾銅山が広がっていました。
私が尊敬する田中正造先生が、天皇に直訴してまで足尾の自然破壊と公害の被害を訴えた、あの足尾銅山でした。

In front of our eyes, there was the Ashio Copper Mine. It has been known by Mr. Shozo Tanaka who I respect because he was the first man who appealed directly to the Meiji Emperor about the mine's destruction and its pollution.

ジェームズが「ここではない。」とはっきり言うので、
少し戻る形で、
先ほど通り過ぎた場所へ行くと、
中禅寺湖が見下ろせる駐車場があり、
そこが目的地でした。


そこから遊歩道にアクセスして、
山道へ入り、
ジェームズがここと言う場所で祈りを捧げ、
クリスタルを置きます。

James clearly said, "This is not the place." We went back to where we passed, there was a parking lot where we can look down the lake. That was the site.
We entered to the trail from there, he found the spot. He gave his prayer and a crystal.

その夜、宿泊先でジェームズが呼ばれました。
さっそく、その方向を地図で調べます。
この先は、ジェームズの記事に続きます。

That night, James was called by Spirit at the hotel. We immediately looked for the direction on the map.
I let James talk next...

Reiko 禮子

 

Nature Spirits of Nikko 日光の「自然のスピリット」

Nature Spirits, or “Spirit of Place” usually live in stream canyons and remote places, where people seldom go.
自然のスピリット、あるいは土地のスピリットは、
通常、めったに人が訪れないような渓流が流れている渓谷や人里離れた場所に住んでいます。

Their work in this world is very similar to the work Crystal People do.
この世界での彼らの仕事とは、クリスタルのスピリットがする仕事に、大変よく似ています。

To help human beings awaken from their unconsciousness and self-destructiveness.
それは、人間たちが無意識であったり、自己破壊するような状態から、目覚めるのを助けることです。

But since very few people ever see or talk with them, most Nature Spirits have no connection to the world of mankind.
しかしほとんどの人が、スピリットを見ることも、話しかけることもないため、
大抵の自然のスピリットたちは、人間界とのつながりを失っています。

Life was very different even a hundred years ago, when Spirit and Man lived happily together, helping and loving each other…
たった百年ほど前、スピリットと人が共に助け合い、愛し合って、幸せに暮らしていた時の生活は、全くちがうものでした。

______________________________________________________

When Reiko and I arrived in Nikko last November, it was cold, late at night, and we were tired.

去年の11月、禮子と私が日光に到着した時、気候は寒く、夜も遅かったので、私たちは疲れていました。

We got a room at a nice little hotel run by a family, and slept well... 
私たちは、家族が経営している小さくて心地よいホテルに部屋を取り、よく眠りました。

The next morning we set out for Chuzenji Lake, where we set the first crystal, and blessed the Lake and its Dragon with the world-changing crystal called the Light of Healing Wisdom.
翌朝、私たちが最初のクリスタルを置くことになった中禅寺湖へ向かい、
湖とそこのドラゴンを、
「癒しの智慧の光」と呼ばれる、世界を変えるクリスタルとともに祝福しました。

That evening, as we planned our next day, Reiko and I looked at a map of Nikko.
その日の晩、翌日の予定を組もうと、禮子と私は日光の地図を見ました。


I suddenly felt a strong spiritual “pull” to an area not far from the hotel.

私は突然、このホテルからそう遠くないところから、
強い霊的な引力を感じました。

We checked the map, and found a small shrine whose name was so old, its meaning is lost to time…
地図をチェックしてみると、小さな神社を見つけました。
その神社はあまりに古く、その名前の意味すらも、永劫の時の中に失われていたほどでした・・・

Still, Reiko researched the place, and discovered its unusual history.
禮子がその場所に関するさらなる調査をして、並ならぬ歴史を発見しました。

It is the residence of two Nature Spirits, Stone and Root, who have been known for hundreds of years…
そこには二つの自然のスピリット(「石」と「木の根」)が息づいていて、
何百年もの間に渡り、土着の神として知られているのです。

When we arrived at the shrine, I was immediately aware of the same strong energy I felt in the hotel.
私たちが神社に着くと、私は瞬間的に、ホテルで感じたのと同じ、強いエネルギーを感じました。


Clearly we had been called, but the spirits were not appearing, yet.

明らかに私たちは呼ばれたのです。
しかし、二つのスピリットはすぐには現れませんでした。

I followed my intuition into the woods, where among the trees, I came to a stop, and silently waited.
私は自分の直感に従って、森の中へ入って行き、
ある地点の木々の間で止まり、
静かに待ちました。

 

Finally, I asked Reiko, “ What is the word of ’stone’?”
しばらく待ち続けた後、ついに禮子に「ストーンは、日本語でなんと言うの?」と尋ねました。

“Ishi” she replied, so I called out, “Ishi!” and immediately Raven appeared very close to us and spoke the sacred number 3.
彼女は「石。」と答えたので、私は「いし!」と呼びました。
するとすぐさま、カラスが間近に現れ、聖なる番号(3)を知らせました。


Several Ravens joined us, and staying close, followed us around the grounds.

数羽のカラスが私たちに加わり、近くにとどまり、
私たちが移動するのに合わせ、その辺りでついてきました。


Reiko found Root nearby, and later I found an ancient paving stone with such incredible power, I was awe-struck for several minutes.

禮子が近くで木の根を見つけました。

私がその後に、古い時代からの敷石を見つけました。

その敷石は、驚くような力を持っていたので、
私はしばらくの間、畏敬の念に打たれたままの状態でした。


The moment I touched the stone, I heard a voice say, “It’s me!” Indeed, it was powerful proof of Spirit’s presence in Nature there…

私がその石に触れた途端、
「私だよ!」という声を聞いたのです。

実際それは、
自然の中のスピリットの存在がそこにあるという、
パワフルな証拠だったのです。


Finally we prayed to and for Spirit, and made our promise to bring friends to introduce people to the Spirits living there.

最終的に、
私たちはスピリットに向かって、
スピリットのために祈りました。
そして、そこに住むスピリットを人々に紹介するため、友人たちが訪れるようにすると約束しました。


But each time we tried to leave, something powerful kept us there, over and over. I’ve never felt so strongly guided.

そうして私たちが去ろうとする度に、
何かの力が私たちを何度も引き止めました。
私は今まで、こんなに強い導きを感じたことは、一度もありませんでした。

 

When we got to the car, I turned for a quick photo of the shrine with my cell phone.
私たちの車の置いてあるところまで戻ってきた時、
私はパッと振り返って、携帯電話でこの神社の全体写真を撮りました。

 

I glanced at the image just as i got into the car, and saw a very interesting trace across the picture.
そして車内で、たった今撮ったばかりの写真を見ると、写真の中に奇妙な線が写っているのを見ました。

Looking back at the shrine, there was nothing visible where the trace was...
振り返って、もう一回神社を見ましたが、写真に写っているような線や物体は、そこにありません・・・

If you look closely at the image below, you’ll see how the “line” weaves between the trees, behind and in front of the stair railings, and among the trees again.
下の写真をよく見ていただければ、神社の階段を上りきった台地に、
うっすらとした線が水平に走っているのが見えると思います。
その線は、手すりの後ろと前に走っていて、再び木々の間にも走っています。

Here was Spirit’s gift to us, that we could not deny.
これは否定することのできない、スピリットからの贈り物です。

It was the perfect start to our pilgrimage, and I hope that you too can one day visit Nikko with its lovely Spirit-Friends, Stone and Root!
私たちの巡礼の旅は、完璧なスタートを切りました。
願わくば、あなたもぜひ時間を見つけて、
日光と、この愛する友なる「石と木の根」のスピリットを訪ねていただきたいです。

 

James ジェームズ

 
***神社のご紹介***

磐裂神社(イワサク ジンジャ)
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027786

住所:栃木県日光市所野814(所野小学校の裏山がそれです。)
・日光駅から約2km。徒歩25分/車10分。
*For Your Information

Iwasaku Shrine (It's behind of Tokorono Elementary School.)

Address: 814 Tokorono, Nikko, Tochigi Prefecture, Japan
About 2km from Nikko Station. 25 min. by walk, 10 min. by car.

JUGEMテーマ:私にとっての聖地巡礼
| 旅/Traveling | 01:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode