日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

楽茶碗の作陶体験 結果報告 Making Japanese Raku Teacup!

今年の夏、ジェームズが楽茶碗を作ってみたいということで、

親しくさせていただいている先生の工房を訪れました。

This last summer, James wanted to create a Japanese Raku teacup, so we visited our two master's studio.

 

京都市内から車で1時間ほど、亀岡の静かな山間の中に二人の先生が窯を持っています。

隣には素晴らしい庭園のある伝統的な日本家屋もあります。

They live an hour from central Kyoto, in an area called Kameoka, where they have their studio among beautiful mountains. Next to the studio, they have a beautiful traditional house with Japanese garden.

 

写真右、

左手が三代目佐々木虚室先生

In this picture on the left, is the Third Sasaki Kyoshitsu. His studio is called 帰来窯 (Kirai-gama).

http://www.kiraigama.com/

 

右手はインターンのネシムさん

フランスで日本のお茶の文化を広めたいそうです。

On the right is an intern, Mr. Nessim Cohen who wants to spread Japanese tea culture in France.

 

四代目佐々木昭楽先生は不在でした。

The Fourth Sasaki Shoraku was not there. It was his cup James found in Kibune, that drew us to him.

昭楽窯 (Shoraku-gama)

http://shouraku.jp/

 

去年の秋にお会いして以来、しばらくぶりでしたので、ご挨拶と雑談をし、午後1時半からの手順を説明していただき、工房に向かいます。

Since last fall, we had not seen them a while. We greeted and chatted at the gallery. Then our master described the proceedure at 1:30 pm and took us into the studio.

 

 

そこでは、窓際に何人かお弟子さんがズラッと並ばれて、仕事されています!

同じ空間に机がセットされていて、私たち二人が座り、

目の前で、三代目佐々木虚室先生が直接指導してくださいます!!!

There, several disciples were working by the windows! In the same space, there was a table for us to sit down. The Third Sasaki Kyoshitsu sensei taught us in person!!!

 

ポンと土をいただいて、非常に気軽に教えてくださるのですが、言われるのとやるのは大違い。

瞬く間に自分たちの決断を後悔。冷や汗

(あー、これにこれだけのお金かけちゃうなら、先生の器を買った方がよっぽど良かったのでは…!)

He gave us a chunk of clay and very casually told us what to do. It's not easy as he says, of course! I immediately regreted our decision. Hmm, if we spend this much money on our cups, wouldn't it be better buy our mater's cups!?

 

しかし、時すでに遅し。ここまで来てしまったので、やるしかない!

1回目はひどい出来で、2回目に多少マシに作れました。

However, it's too late. All we can do is our best!

Our first trial cups were bad, and the second ones were a little better.

 

形を作った後に削る作業があるのですが、土を乾かすため、1時間ほど隣の日本家屋でお茶をいただきます。

フランスからインターンとしてお茶を学びに来られているというネシムさんが和装して、とても真剣にお茶を入れてくださいました。

First we formed the cup, then chiseled and scraped it, but we needed to dry it for an hour before sharpning. We moved to the Japanese house and were served matcha. Mr. Nessim wore a Japanese kimono-type clothing, and talked to us about tea culture, then he served matcha in a very serious way.

 

 

その後工房へ戻り、削りの作業に入ります。

削るのは、形を作る時より神経を使います。

ジェームズは削り過ぎてしまい、危うく形が崩れそうになり、先生に救っていただきました!

私は作業が進むにつれ、この器がとても気に入って、どんどん楽しくなりました。

Then we moved back to the studio and started sharpning our cups. Sharpning requires more attention than forming. James accidently oversharpened, so our sensei halped him re-form the cup. I enjoyed the process more and more as I proceeded and started loving my cup.

 

先生に何度かチェックしていただき、最終的なオーケーをいただいて、作業終了です。

再びギャラリーの方に戻り、お茶をいただいた時には、自分がどんなに緊張していたか実感しました。(笑)

Our sensei checked our cups several times and finally gave us the final okay. We were done! We went back to the gallery and had a cup of tea. I realized then how tense I was during the process!

 

作品は後ほど釉薬をかけていただき、焼かれ、アメリカの自宅まで送っていただきました。

Our cups were glazed, fired, and sent to our home in the United Sates.

 

早速荷を解くと、二つの黒茶碗が出てきて、あら〜〜素敵!

もちろん、先生のようなプロの方が作ったようにはいきませんが、

なぜかとても愛おしく感じます。

When we opened the package from Japan, two rich, black cups appeared! Wow, wonderful!

Of cource, these are not like our master's cup, but still, they are very lovely!

 

これでお茶を点てるのが、ものすごく楽しみになりました。

黒色の深さ、つや、実際に手に取ってみるとものすごく素敵で、

かけがえのない体験、かけがえのない一品となりました。

Now I'm very much looking forward to having matcha with this cup. The color and shininess of the black glaze is actually very attractive. It was a once in a lifetime experience, the only cups like these in the world.

 

京都で楽茶碗を作る窯が6つあるそうですが、楽茶碗を作らせていただけるのは、ここだけです。

私たちはそうとは知らずにここを訪れ、作陶できると知り、申し込んだのですが、

なんてラッキーなんだと思いました。

There are six Raku studio in Kyoto, but this one is the only studio which lets us come make our own Raku teacups.

We didn't know anything, but we found our master's studio and visited. Later, we knew that we can make cups with their guidence, and we did. How lucky we are!

 

ご興味のある方は、ぜひ体験されるといいと思います。素晴らしい時間を過ごせます。

If you are interested in this whole experience, please contact through the Shoraku-gama website. You will have a great time there.

 

 

左がジェームズ作、右が禮子作です。

On the left by James, on the right by Reiko

 

和文、英文ともに/禮子 筆

Written by Reiko

JUGEMテーマ:作陶

 

| 贈り物/Blessings | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
James' Book Published on Amazon! ジェームズの新刊のご紹介

A Bardo Dream Nootbook

 

Meru Shambha's

Complete Perfection

by James Heartland


Nondual teachings, even some called “shamanism”, “native” or “naturebased”,
point to a divine reality of wholeness and equality, where unconditional goodness is clearly seen as the nature of all that appears.
Nothing is ever outside your heart. The limitless space of awake goodness
is the true ground of what we call, “reality”.

 

非二元の教え、ある者はそれを「シャーマニズム」、「ネイティブ」、あるいは「先住民が持つ自然に基礎を置く宇宙観」とも呼び、そこでは無条件の善性が顕在するもの全ての本質としてはっきり認識され、全体性と平等性の神聖なるリアリティとして示される。

 

ありとあらゆるものは、あなたの心の中に在る。目覚めている善性の無限なるスペースは、「リアリティ(現実)」と呼ばれる真の基盤なのだ。

 

 


Reincarnation is being accepted more and more, especially with everincreasing
evidence of confirmed past lives. With wisdom and compassion, author James Heartland takes you to the mysterious realm between death and rebirth, revealing through his vivid recollections of the Bardo, the essential nature of every heart and mind.

 

近年、続出する証拠によって真実だと立証された数々の過去生により、輪廻転生の存在はますます受け入れられている。

著者ジェームズ・ハートランドは知恵と慈悲心とともに、彼の鮮明なバルドゥの記憶を通して明かす、心と思考の根本的な本質である死と再生の神秘的な領域にあなたを導く。

 

 


At age four, James had dreams with “Oriental men in orange and purple
robes,” that repeated every morning for over six weeks. At age seven, he
recognized His Holiness the Dalai Lama dressed in everyday clothes, in a film of his 1959 escape from Tibet. In his thirties, James realized the truth of his reincarnation in the after-death practices of Bon Dzogchen, Tibet’s native spirituality. Death is never the end.

 

ジェームズが4歳の時、毎朝『オレンジ色と紫色の袈裟を着た東洋人男性たち』の夢を6週間にわたって繰り返し見続けた。

1959年、7歳の時には、テレビに映る普段着を纏ったダライ・ラマ14世がチベットから亡命する場面を見て、彼が夢に出てきた男性の一人だと認識する。

30代に入って、ジェームズは自分がチベットの土着のスピリチュアリティーであるボン教ゾクチェンの『死後のトレーニング(After-Death Practice)』実践者の生まれ変わりであるという真実に気がつく。死は決して終わりではないのだ。

 

 


“My life is a curious, spiritual mystery-adventure that’s led to Tibet’s Mount Kailas, Hopi, Japan, Mount Shasta, Poland, and many other realms, discovering along the way the wonder and delight of Natural Spirituality, Shamanism, and Dzogchen. My work and prayer is the unconditional awakening of mankind.”

 

「私の人生はとても興味深い霊的な神秘的冒険で、それが私をチベットのカイラス山、アメリカ先住民ホピ族居留区、日本、カリフォルニア州のシャスタ山、ポーランドといった数多くの聖域に導き、私に本質的な霊性、シャーマニズム、そしてゾクチェンの不思議な体験と喜びをもたらしました。私のワークと祈りは、人類の完全な目覚めに捧げられています。」

 

 

 

For this work, James has taken Meru Shambha as his name and that of everyone’s natural state: the true and only teacher, the Sat Guru. Tibetan Bon and Buddhist lamas call this self-recognizing causeless awareness rigpa, empty awareness or primordial wisdom. Rigpa is unrecognized and unconsciously replaced by the mask ego-identification makes.

 

この本ではジェームズが自分の名前として「メル・シャンバ」と名乗っており、メル・シャンバとは、全ての人々の本質的な状態、すなわち真なる唯一の師(サットグル: Sat Guru)を意味している。

チベットのボン教と仏教の高僧は、この自己を認識する原因のない覚醒意識をリグパ(Rigpa)、空なる気づき、根本の知恵と呼ぶ。リグパは、エゴによる同一視によって簡単に無視され、無意識にその仮面と置き換えられる。

 

 


Complete Perfection is a Bardo Dream Notebook, inviting the reader to see through the dream of self, and know true freedom. It is an inner guidebook for those ready to realize direct nondual wisdom.

 

"Complete Perfection"(仮邦題「あなたはすでに完璧な本質」)はバルドゥという状態の中にいる夢に関するノートブックであり、読者に自身の夢を見通し、真の自由の境地を知るよう招いている。これは非二元の知恵に直に気づく準備の整った人に向けた、内なるガイドブックである。

 

 

 

Complete Perfection is useful for a committed, inspired inquiry into the way things actually are without ego-identity, free of conditioning, ever kind, wise and compassionate. Open to any page, and see for your “self”!

 

この本はまた、真摯でインスピレーションに溢れる問答の探求の際に、生い立ちの条件付けから解放され、エゴに邪魔されることなく実際に物事がありのままであれるよう、忍耐と知恵、そして思いやりを持つために有効である。どのページを開いても、真実を見つけるはずだ!

 

 

 

The Links;

 

Amazon.com

 

https://goo.gl/fVxEX8

 

 

Amazon.co.jp : 日本で購入される方は、こちらからどうぞ(英語版ペーパーバック)

 

https://goo.gl/UFFFLZ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:オススメの本

| お知らせ/Announcement | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年 7月と8月のセッションのご案内

今年の巡礼は前半で九州を周っています。

 

屋久島、指宿、桜島、霧島、宮崎県高千穂、阿蘇、湯布院を経て、

昨日は長崎にて、平和の祈りを捧げました。現在、長崎県の雲仙におります。

 

ドラゴンの洗礼を受け、地震や台風を体験していますが、無事に旅を続けています。

新潟や北陸に被害が出ているようですが、大きくなることのないようお祈りしております。

 

今月の末と来月の初旬に、クリスタル・リーディングを予定しております。

ご都合が合いますようでしたら、ぜひご予約ください。


クリスタル・リーディング

ジェームズがセッション中に受け取るビジョンやメッセージに基づいて進み、

 

ご質問の直接の答えではない、不思議なメッセージが届くことも多々あります。

 

当日は頭を白紙の状態にして、いらしてください。


お一人様(一グループ:カップル、親子など少人数のグループも可。)につき、

下記の中からご希望枠一つ、ご相談内容は一件とさせていただきます。

 


*予約状況 ⚫=予約済

日(曜日) セッション時間 場所 予約状況
7月 28日(金) 10:00 〜 10:45 東京都品川区 個人宅
 
京浜急行「北品川」駅
徒歩8分

 
 
 

 
11: 00 〜 11 : 45
13 : 00 〜 13 : 45
14 : 00 〜 14 : 45
16 : 00 〜 16 : 45
17 : 00 〜 17 : 45
19:00 〜 19 : 45
8月 1日(火) 10:00 〜 10 : 45 同上
 
 
 
 

 
11:00 〜 11 : 45
13 : 00 〜 13 : 45
14 : 00 〜 14 : 45
16:00 〜 16 : 45
17 : 00 〜 17 : 45
18 : 00 〜 18 : 45
19 : 00 〜 19 : 45
2日(水) 10:00 〜 10 : 45
11:00 〜 11 : 45
13:00 〜 13 : 45
14:00 〜 14 : 45


*1セッションは45分です。セッションのご予約は先着順とさせていただきます。

 

*一日の中で、できるだけ早い時間(午前中など)のご予約をお勧めします。

*セッション料は、ドネーションとさせていただいております。

お志はありがたく受け取らせていただきますが、必須ではありません。

 

*場所の詳細については、ご予約を頂いた後にEメールにてご案内致します。

 

 

<お知らせ> バルドゥについてのお話会 (東京と鎌倉)

 

「チベット死者の書」でも出てきますバルドゥ(中有)の状態について、

 

バルドゥとは何かを記憶しているジェームズが語ります。

 

4歳の時に何週間にもわたって見続けた夢は何を意味していたのか、

 

今を永遠に生きるための知恵についてのお話しをさせていただきます。

 

前回来ていただいた方にも、毎回新たな学びがあるお話し会になっております。

 

どうぞご参加ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

開催日時: 2017年7月29日(土) 午前11時〜午後2時

 

開催場所: 東京都港区芝公園内  宝珠院 

                  営団地下鉄  大江戸線 「赤羽橋」駅から徒歩4分

 

参加費:お一人様三千円

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

開催日時: 2017年7月30日(日)午前10時〜午後1時

 

開催場所: 鎌倉  古民家  燕カフェ

 

参加費: お一人様三千二百円(オーガニック・ランチ付)

 

*鎌倉のお話し会は、満席となり、受付を締め切りました。

*燕カフェでの個人セッションは、受付を締め切りました。

 


セッションのお申し込み方法

 

下記を明記の上、info⭐awakenature.org まで。←お手数ですがメルアドの中の⭐を@に替えてください。

 

1、名前 2、住所 3、当日連絡がつく電話番号 4、ご希望日時

 

セッションご希望の方には、ご予約の確定と場所の詳細を後ほど送らせていただきます。


*ネット環境の不備などの理由で、お返事に時間がかかる場合がございます。

また、こちらに予約状況を反映させるのが遅れる場合がございますが、

何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

*申し込みの際にいただく個人情報は厳正に管理し、

 

セッションが円滑に行われる目的にのみ使われます。
 

 

* * *



リーディングとお話会のメインスピーカー/ジェームズ・ハートランド

ソマティック心理学と独自のスピリチュアリティーをブレンドした

 

カウンセリングやワークショップを、アメリカで30年にわたり展開。

今に生きることの重要性を説く、

 

ノン・デュアリティーNon-duality(非二元性)実践者。

 

著作:"Meru Shambha's Complete Perfection" (バルドゥ・ドリーム・ノートブック)

Meru Shambha's Complete Perfection (A Bardo Dream Notebook)


通訳/菅野禮子

京都芸術短期大学卒業。介護福祉士、鍼灸マッサージ師を経て、

ジェームズのパートナーとして通訳を担当。

 

 

協力/フィトアロマ研究所

 

オーガニック&希少精油を販売、またアロマセラピストへ向けた様々な講座を開催している。

 

定期的に更新されるブログやメルマガには、学術的な医療研究の原文が取り上げられ、翻訳されている。

 

医療従業者のみでなく、様々な人々のニーズに応えるオンライン精油ショップ。

 

http://aromahonjin.way-nifty.com/ 

 

 

JUGEMテーマ:私にとっての聖地巡礼 

 

| イベント/Event | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
I Love You, Japan: The First Awakening 日本よ、愛してます: 最初の目覚め

 

On June 21, 2017, at the very moment of Summer Solstice, at Dragon God Falls on Yakushima, I sent the Light of Awakening to every crystal we have placed in Japan.

2017年6月21日の夏至の瞬間に屋久島の龍神の滝で、

私たちが何年かかけて日本に置いてきた全てのクリスタルに、目覚めの光を送りました。

 

Did something spiritual happen to you that day? 

その日、あなたに何かスピリチュアルなことが起こりませんでしたか?

 

Awakening is not achieved by effort, when you are already the limitless space of awakened presence.

あなたがすでに目覚めている存在の無限のスペースである時、目覚めは努力で成し遂げられるものではありません。

 

Now, here we are on Kirishima Volcano in Kyushu, enjoying the endless rain, and reaching out to your heart.

今、私たちは九州の霧島にいて、止むことのない雨を楽しみながら、あなたの心に触れようとしています。

 

Wisdom is never found in thoughts, experiences or emotions.

知恵は考えや経験、感情の中で見つけられることはありません。

 

Yet, the love you are now is the greatest wisdom possible!

しかし、あなたが今愛そのものであることが、最も可能な偉大なる知恵です!

 

If you were at our gathering in Yokohama, I asked you to rest as space.

かながわ県民センターで行われた私たちのお話し会に来られた方には、

スペースとして休むよう、お願いします。

 

Awareness and space are not two, and resting does not involve a someone doing anything!

アウエアネスとスペースは二つのものではありません。

そして「休むこと」とは、そうしている「誰か」が存在せず、行為そのものなのです!

 

Resting as space, it becomes very clear that your life, the bardo, even worlds and universes come and go like clouds in the space of awareness.

スペースとして休むこと。あなたの人生、バルドゥ、そして世界や宇宙までも、アウエアネスのスペースの中の雲のように、やって来ては去って行きます。

 

To rest, simply means releasing your belief in being the thinking mind.

休むこととはシンプルに、あなたが思考であるという思い込みを手放すことです。

 

Please join us for our next meeting on July 29, to discover the truth you've always been!

どうぞ7月29日に東京都の芝公園内にある宝珠院で行われるお話し会にいらして、

あなたが常に真実であることを見つけて下さい。

 

ジェームズ (翻訳:禮子)

 

 

 

| イベント/Event | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月のイベントのお知らせ(7月29、30日)

**************************************

バルドゥについてのお話し会@宝珠院(7月29日 東京都港区芝公園内)

**************************************

 

「チベット死者の書」で書かれている輪廻転生の科学、

チベットの人々が古代から研究している死後の世界は、私たちにも通じる知恵の世界です。

 

ジェームズが4歳の時、何週間にもわたって、連続して続くある夢を見ました。

その夢の意味がわかったのは、彼が大人になってからでしたが、

その時見たビジョンは、決して彼を放っておきませんでした。

 

バルドゥとは、人が「死」という形で肉体を離れた後の状態を指します。

この時期に体験することが、後の人生に影響を与えます。

 

長年にわたるゾクチェンの研究と実践を通して得られた知恵の結集を、

この度「Meru Shambha's Complete Perfection」と題し、出版することができました。

(現時点では、英語版のみ)

Meru Shambha's Complete Perfection

 

このお話し会は、その出版記念と日本語版出版へ向けてのダイジェストとなり、

死後の世界だけでなく、今生での生き方について深く考える機会となることでしょう。

皆様のご参加をお待ちしています。

 

7月29日(土)11〜14時

 

場所:東京都港区芝公園 4丁目8-55 宝珠院

宝珠院 (東京都港区芝公園内)

都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅から徒歩4分

 

参加費:3千円

 

 

**************************************

バルドゥについての短いお話し会とオーガニックランチ @燕カフェ(7月30日 鎌倉)

**************************************

 

バルドゥについての短いイントロダクションとなるようなお話しと、

鎌倉の古民家「燕カフェ」で美味しいオーガニックランチを食べるイベントです。

美味しくてヘルシーなデザートもあります!鎌倉でワイワイしませんか?

 

この後、ご希望の方には燕カフェの二階で、ジェームズのクリスタル・リーディングも行います!

(こちらでのリーディングは、後ほどご案内するリーディングのお申し込みが、別途必要です。)

 

7月30日(日)10〜13時

 

場所:神奈川県鎌倉市小町3丁目2-27 燕カフェ

鎌倉の古民家オーガニックカフェ「燕カフェ」

 

参加費:3200円(2000円+別途で食事1200円  *均一メニュー)

 

 

お問い合わせとお申し込み

 

以下の項目をご記入の上、info@awakenature.org   (←⭐を@に変えて下さい。)まで。

m

1、お名前  2、当日の連絡先  3、ご希望のイベント(東京、鎌倉)

 

※鎌倉イベントの参加お申し込みは、7月23日を締め切りとさせていただき、

人数が15人に満たなかった場合は、申し訳ありませんが、イベントはキャンセルとなります。

 

 

| イベント/Event | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
リーディングセッションとお話会のご案内 2017年6月分

アウェイク・ネイチャーは、日本巡礼 with クリスタル(第五弾)を実施します。

今年は九州(長崎、熊本、鹿児島、大分、宮崎)、屋久島、山陽(広島、岡山)、

 

四国(愛媛、高知)、京都、北海道を訪れ、クリスタルを植えていく予定です。


1、クリスタル・リーディング

ジェームズがセッション中に受け取るビジョンやメッセージに基づいて進み、

 

ご質問の直接の答えではない、不思議なメッセージが届くことも多々あります。

 

当日は頭を白紙の状態にして、いらしてください。


お一人様(一グループ:カップル、親子など少人数のグループも可。)につき、

下記の中からご希望枠一つ、ご相談内容は一件とさせていただきます。

 


2017年6月分のセッション・スケジュール

(7月と8月のスケジュールは追ってご案内いたします。)


*予約状況 ⚫️=予約済

日(曜日) セッション時間 場所 予約状況
6月 15日(木) 09 : 00 〜 09 : 45

飯田橋東口 小会議室

 

都営、営団地下鉄「飯田橋」駅

c1出口から徒歩1分


東京都新宿区揚場町2-18
ブリエ飯田橋6階(株)IVOO内

10 : 00 〜 10 : 45
11 : 00 〜 11 : 45
13 : 00 〜 13 : 45
14 : 00 〜 14 : 45
18:00 〜 18 : 45
19:00 〜 19 : 45
16日(金) 10:00 〜 10 : 45

神奈川県藤沢市内 個人宅

 

JR東海道線「藤沢」駅

徒歩15分

 

 

11:00 〜 11 : 45
13 : 00 〜 13 : 45
14 : 00 〜 14 : 45
16:00 〜 16 : 45
17 : 00 〜 17 : 45
18 : 00 〜 18 : 45
19 : 00 〜 19 : 45
17日(土) 10:00 〜 10 : 45
11:00 〜 11 : 45
13:00 〜 13 : 45
14:00 〜 14 : 45


1セッションは45分です。セッションのご予約は先着順とさせていただきます。

 

*一日の中で、できるだけ早い時間(午前中など)のご予約をお勧めします。

セッション料は、ドネーションとさせていただいております。

お志はありがたく受け取らせていただきますが、必須ではありません。

 

*場所の詳細については、ご予約を頂いた後にEメールにてご案内致します。

 

 

2、バルドゥについてのお話会

 

「チベット死者の書」でも出てきますバルドゥ(中有)の状態について、

 

バルドゥとは何かを記憶しているジェームズが語ります。

 

生きているうちに私たちにできることはあるのか、

 

あるとしたら、果たしてそれはどんなことなのか、

 

今を永遠に生きるための知恵についてのお話しをさせていただきます。

 

開催日時: 2017年6月17日(土) 午後6時〜午後9時

 

開催場所: かながわ県民センター 601会議室

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html

 

参加費:お一人様三千円

 

*お話会はお申し込みは不要です。当日、直接会場にお越しください。

 





セッションのお申し込み方法

 

下記を明記の上、info⭐︎awakenature.org まで。←メルアドの中の⭐︎を@に替えてください。

 

1、名前 2、住所 3、当日連絡がつく電話番号 4、ご希望日時

 

セッションご希望の方には、ご予約の確定と場所の詳細を後ほど送らせていただきます。


*ネット環境の不備などの理由で、お返事に時間がかかる場合がございます。

また、こちらに予約状況を反映させるのが遅れる場合がございますが、

何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。


*申し込みの際にいただく個人情報は厳正に管理し、

 

セッションが円滑に行われる目的にのみ使われます。
 

 

* * *



リーディングとお話会のメインスピーカー/ジェームズ・ハートランド

ソマティック心理学と独自のスピリチュアリティーをブレンドした

 

カウンセリングやワークショップを、アメリカで30年にわたり展開。

今に生きることの重要性を説く、

 

ノン・デュアリティーNon-duality(非二元性)実践者。



通訳/菅野禮子

京都芸術短期大学卒業。介護福祉士、鍼灸マッサージ師を経て、

ジェームズのパートナーとして通訳を担当。

 

 

 

協力/フィトアロマ研究所

 

オーガニック&希少精油を販売、またアロマセラピストへ向けた様々な講座を開催している。

 

定期的に更新されるブログやメルマガには、学術的な医療研究の原文が取り上げられ、翻訳もついている。

 

医療従業者のみでなく、様々な人々のニーズに応えるオンライン精油ショップ。

 

http://aromahonjin.way-nifty.com/


 

 

| イベント/Event | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本巡礼 with クリスタル 第5弾 イベント告知1

今年もまた

日本各地をクリスタルとともに巡る予定です。

様々な企画を立てていますので、

お時間が合う方はぜひご参加下さい!

 

 

千利休が生んだ樂茶碗

作陶体験のお誘い

 

 

ジェームズは、京都の貴船、鞍馬エリアのエネルギーに強く魅かれていて、

日本を訪れる際には必ず訪れます。

 

去年、貴船の石を使って作られた

黒い樂茶碗を見たことがきっかけで、

千利休が生んだ樂茶碗を代々作られている、

成雲軒 昭楽窯の 四代目 佐々木昭楽先生とご縁をいただきました。

 

今年の夏に京都を訪れる際に、この窯で樂茶碗の作陶体験をしようと企画しています。

 

事前の予約が必要で、

私たちと一緒に茶道のお茶碗をご自分で作ってみたいと思われる方は、ぜひアウェイク・ネイチャーまでご連絡ください。

一グループとして、まとめて申し込みいたします。

(受付可能人数:3名様とさせていただきます。)

 

作陶体験の詳細は、下記のリンクをご参照ください。

http://shouraku.jp/ja/tour-tegone-kezuri/

 

 

写真上:秋の昭楽窯(玄関)

 

写真左:千利休が生きていた頃から続く

炭を使った焼成方法で

今も一つずつ焼成される
 

日程: 2017年7月11日(火曜日)

 

午前11時頃に京都市役所前に集合→車で昭楽窯へ移動→午後1時に現地到着→午後5時作陶終了→京都市役所前で解散

 

参加費用:

 

〆酘体験費 一人当たり  32,400円(作品の送料、税込)

交通費    一人当たり 約1,500円(当日、車+ガソリン代実費を割り勘にします。)

 

*京都での宿泊先、集合場所までの交通費などは、各自でご用意ください。

*作品は焼成された後、ご希望の住所へ郵送されることになっています。

 

 

 

写真右:

地元の高校生たちの作った楽茶碗が

目の前で窯から取り出されたところ

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。お申し込み先はこちらまで↓(メルアドの中の⭐︎を@に替えてください。

 

アウェイク・ネイチャー:info⭐︎awakenature.org

参加人数分のお名前、当日のご連絡先(携帯電話番号)をご記入願います。

 

 

日本庭園を備えた茶室玄関前にて。2016年夏

写真左から:元田みどりさん(ヴォイスフローコーチ)、ジェームズ、四代目佐々木昭楽先生、盆傾畤イ気鵝淵▲蹈泪札薀團好函法≪校

 

 

JUGEMテーマ:ご当地イベント

| イベント/Event | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
Jackson's Retreat Successfully Closed! ワークショップの御礼

 

 

 

Thank you very much for coming to Jackson's retreat!

ジャクソン氏のワークショップに来ていただきまして、ありがとうございました。

 

 

We had a quite creative time with everyone.

We hope to see you again soon....

 

集まったすべての人たちが温かく交流でき、有意義な時間を過ごしました。

またお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

Organaizer: James & Reiko

 

 

 

 

| ワークショップ/Workshop | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
Jackson Peterson's Dzogchen Retreat/ ジャクソン・ピーターソンのゾクチェン リトリート開催

 

Announcing

Jackson Peterson's Four-Day Dzogchen Retreat In Ojai, California!

 

JACKSON PETERSON will be in Ojai California, October 27-30, 2016.

Make Your Plans Now!

 

The retreat will focus on recognizing our already "enlightened mind" directly in experience.
All personal suffering and egoic meditation practices can finally come to an end.

 

The practice of the retreat is the "sudden enlightenment"

as transmitted in Zen and Tibetan Dzogchen.

He will also be teaching two other very powerful Dzogchen practices

known as "thogal" and "yang ti”.
Both bring about very profound insights and realizations.

 

Please contact James & Reiko Heartland at: info⭐︎awakenature.org

for more information!

(Please change ⭐︎mark to @ when you email us SMILY)

 

See you there!

 


 

ジャクソン・ピーターソンの四日間集中リトリート 開催!

 

ジャクソン・ピーターソン氏は、無宗派ゾクチェンを教えている、

世界でわずかに存在する西洋人教師です。

 

2016年10月27〜30日の四日間、

アメリカ、カリフォルニア州オーハイにあるアウェイク・ネイチャー・センターにて

ゾクチェンのリトリートが行われます。

参加費:200ドル/一名(4日分)

 

私たちの既に”覚醒している意識”を、

ダイレクトに経験の中で認識することに焦点を当てます。

 

このリトリートにおける実践は、

禅やチベットのゾクチェンへ伝播したのと同じ「一瞬で起こる悟り」です。

 

その他に「トガ」と「ヤン ティ」として知られる、

二つのとてもパワフルなゾクチェンの実践も教えられる予定で、

どちらもとても深遠な洞察と気づきをもたらします。

 

お申し込みは、右上お問い合わせのメールアドレスまでお願いします。

 

 


James & Reiko

 

JUGEMテーマ:瞑想

| イベント/Event | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Introduction to Crystal Pilgrimage 日本巡礼 with クリスタル(イントロダクション・ビデオ)

ビデオを作りました!日本語字幕、英語字幕、どちらもあります。

歯車のマークをクリックして、Japaneseを選択してください。

 

We made a video titled, "Introduction to Crystal Pilgrimage"!

It has English & Japanese subtitles. Enjoy!

 

 

 

 

ジェームズ&禮子

| 日本巡礼 Japan Pilgrimage | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
オンライン書店より販売中!
お知らせ
映画『100,000年後の安全』
現在までの訪問者数(2011.12.30~)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    禮 (02/13)
  • Rooster Incident/ ルースター事件
    aoyuka (02/13)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    禮 (12/10)
  • Chicken Project 3 (Chicken Run) / 鶏小屋プロジェクト3(チキン・ラン)
    aiken (12/09)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/03)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/02)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aiken (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    禮 (12/01)
  • Chicken Project 2 (About the eggs) / 鶏小屋プロジェクト2(タマゴについて)
    aoyuka (11/30)
LINKS
モバイル
qrcode